Merckは国際ワクチン研究所と共同で次世代精製法を開発

メルク

2016/6/29 10:05

Merckは国際ワクチン研究所と共同で次世代精製法を開発

AsiaNet 64892

--  会社は清澄化および精製の専門技術を提供

--  共同作業において製造工程を改善してより大きな生産量を供給し、より高い回復率を可能にした高純度のワクチンを提供する

2016年 6月 28日 - 、ドイツ、ダルムシュタッド発 -サイエンスとテクノロジーの分野における世界有数の企業であるMerck(以下メルク)(http://www.merckgroup.com/en/index.html ) は、韓国、ソウルの国際ワクチン研究所 (http://www.ivi.int/web/www/home  )(IVI)とより健全で拡張可能なワクチン製造工程を開発するため研究契約を締結しました。メルクは、資金および清澄化と精製分野での専門技術を提供します。

写真: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160622/382575

IVIは、世界の公衆衛生のため安全で有効かつ手頃なワクチンの発見、開発および創出に尽力する非営利国際組織です。メルクとIVIの間の新しい協調動作は、製造工程を改善してより大きな生産量を供給し、より高い回復率と高純度のワクチンの提供を目標としています。米国および西ヨーロッパのワクチンメーカーは、高い生産コストに直面しており、このパートナーシップによりこれらの課題に取り組むことを目標としています。

「資源の乏しい国々では、複雑な製造過程に伴うワクチンの低い生産量と回復率の結果は、簡単に乗り越えられるものではありません」、とメルクの執行理事会メンバー、ライフサイエンスのCEOであるウティット・バテラ氏は述べています。「IVIとのパートナーシップにより、弊社ではより近代的で拡張可能である強固な製造工程を作る助けを行い、それは開発途上国における救命ワクチンへの利用を増やす支援となると思っています。」

IVI事務局長であるジェローム・キム医師によると、IVI は、新しく改良されたワクチンの活用により開発途上国の子供達の健康が劇的に改善されるという信念のもとに設立されました。「私たちはメルクとの共同作業により、満たされていない医療ニーズを持った多くの集団の人々に重要な分配をもたらすことができると期待しています」、とキム氏は述べています。「このパートナーシップは、低から中間所得層の国々のワクチンに対するニーズにより取り組むことを可能にし、私たちの使命を最終的に達成してくれるでしょう。」

最初に、プロジェクトでは腸チフス用のワクチンにフォーカスし、研究結果を肺炎球菌、髄膜炎菌、ヘモフィルス、鎖球菌B、および他の複合糖質ワクチンに適用することを目標としています。

複合糖質ワクチンの急速に拡大しているパイプラインにおいて、世界的な製薬業界は、高品質で手頃な価格のワクチンを確実にする清澄化と精製のための次世代プロセスを必要としています。IVIとのパートナーシップを通じ、メルクはこの課題に対して業界トップの技術と専門性を駆使して他のワクチン製造工程を最適化を支援します。

このイニシアチブは、高品質のヘルスケアの利用を特に低から中間の収入のある諸国で拡大することに焦点を合わせるメルクの企業責任プログラムの一環です。このイニシアチブの一部として、メルクは専門性と優れたパートナーとの共同作業を活用し、これらの地域にいる患者のためのソリューションを開発します。

すべてのメルクのニュースリリースは、メルク・ウェブサイトで閲覧可能になると同時にeメールで配信されます。オンラインでの登録、このサービスの変更の選択または中止をご希望の場合はをwww.merckgroup.com/subscribeをご覧ください。

メルクについて

Merck(メルク)はヘルスケア、ライフサイエンス、パフォーマンスマテリアルズの分野における世界有数のサイエンスとテクノロジーの企業です。がんや多発性硬化症を治療するためのバイオ医薬品療法から、科学研究と生産に関する最先端システム、スマートフォンや液晶テレビ向けの液晶材料にいたるまで、約 5 万人の従業員が人々の暮らしをより良くする技術の一層の進歩を目指しています。2015 年、メルクは 66 カ国で 128 億ユーロの売上高を計上しました。

メルクは 1668 年に創業された世界で最も歴史の長い医薬・化学品会社で、 創業家が今でも、上場企業が率いるグループの株式の過半数を所有しています。メルクの名称およひブランドのグローバルな権利は、メルクが保有しています。唯一の例外は米国とカナダで、両国では EMD セローノ、ミリポアシグマ、EMD パフォーマンスマテリアルズとして事業を行っています。

あなたの連絡先を挿入:  Karen Tiano, +1 978 495 0093

(日本語リリース:クライアント提供)

Merck to Develop Next-Generation Purification Processes with International Vaccine Institute

PR64892

DARMSTADT, Germany, June 28, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-- Company to provide expertise on clarification and purification

-- Collaboration will improve manufacturing processes to deliver greater yield,

allowing higher recovery and providing higher purity vaccines

Merck (http://www.merckgroup.com/en/index.html ), a leading science and

technology company, has entered a research agreement with the International

Vaccine Institute (IVI) (http://www.ivi.int/web/www/home ) of Seoul, South

Korea to help develop more robust, scalable vaccine manufacturing processes.

Merck will provide funding and expertise in the areas of clarification and

purification.

Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20160622/382575

The IVI is a nonprofit international organization committed to the discovery,

development and delivery of safe, effective and affordable vaccines for global

public health. The new collaboration between Merck and IVI is aimed at

improving the manufacturing process to deliver greater yield, allowing higher

recovery and purer vaccines. Many vaccine manufacturers in the United States

and Western Europe face high manufacturing costs, and the partnership aims to

address these challenges.

"Complex manufacturing processes along with poor yield and recovery result in

vaccines that are not easily affordable by resource-challenged countries," said

Udit Batra, Member of the Merck Executive Board and CEO, Life Science

(http://www.emdgroup.com/emd/products/life_science/life_science.html ).

"Through our partnership with IVI, we will help create a more modern, scalable

and robust manufacturing process, which in turn will help increase access to

life-saving vaccines in developing countries."

IVI was founded on the belief that the health of children in developing

countries can be dramatically improved through access to new and improved

vaccines, according to Jerome Kim, M.D., Director General of IVI. "We expect

that our collaboration with Merck will result in important dividends to a large

population of people with unmet medical needs," said Kim. "This partnership

will help us better address the vaccine needs of low- and middle-income

countries and ultimately contribute to our mission."

Initially, the project will focus on a vaccine for typhoid, with the goal of

applying findings to the processes for pneumococcal, meningococcal,

haemophilus, staphylococcus, streptococcus B and other conjugated

polysaccharide vaccines.

With a rapidly expanding pipeline of conjugated polysaccharide vaccines, the

global pharmaceutical industry needs next-generation processes for

clarification and purification to ensure high-quality, affordable vaccines.

Through this partnership with IVI, Merck will apply its industry-leading

technologies and expertise to this challenge, which in turn will help optimize

other vaccine manufacturing processes.

This initiative is part of Merck's corporate responsibility program which

focuses on expanding access to high-quality healthcare, especially in low- and

middle-income countries. As part of this initiative, Merck leverages its

expertise and collaborates with strong partners to develop solutions for

patients in these geographies.

All Merck news releases are distributed by email at the same time they become

available on the Merck website. Please go to www.merckgroup.com/subscribe to

register online, change your selection or discontinue this service.

About Merck

Merck is a leading science and technology company in healthcare, life science

and performance materials. Around 50,000 employees work to further develop

technologies that improve and enhance life - from biopharmaceutical therapies

to treat cancer or multiple sclerosis, cutting-edge systems for scientific

research and production, to liquid crystals for smartphones and LCD

televisions. In 2015, Merck generated sales of 12.85 billion EUR in 66

countries.

Founded in 1668, Merck is the world's oldest pharmaceutical and chemical

company. The founding family remains the majority owner of the publicly listed

corporate group. The company holds the global rights to the Merck name and

brand. The only exceptions are the United States and Canada, where the company

operates as EMD Serono, MilliporeSigma and EMD Performance Materials.

SOURCE:  Merck

CONTACT: Karen Tiano, +1 978 495 0093

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中