Teir1モバイルオペレーターとAccedianが初めて完全仮想化性能保証を展開

Accedian Networks Inc.

2016/6/29 14:08

Teir1モバイルオペレーターとAccedianが初めて完全仮想化性能保証を展開

AsiaNet 64878 (0774)

【ロンドン2016年6月29日PR Newswire=共同通信JBN】

*モバイルオペレーターは「品質戦争」を激化させ、「まあまあの性能」のネットワークから加入者を獲得するためにパフォーマンスを利用

エンドツーエンドのネットワーク・パフォーマンスのエキスパートであるAccedian(http://www.accedian.com/ )は29日、同社の完全仮想化モバイル・ネットワーク監視プラットフォームがLTEネットワークを保証するため、初めて展開されたと発表した。アジア最大のTeir1マルチプル・オペレーターはこれで、単一の集中システムからリアルタイムでネットワークのサービス品質(QoS)とユーザー体験を完全に一覧することが可能となった。この展開は品質を最優先するネットワークの基盤となり、「最低価格で、まあまあ」なパフォーマンスを使って加入者を獲得してきた「既成」モデルを崩壊させている。

オペレーターはユーザー体験を最適化するためにAccedianのソリューションを利用し、数十万のネットワーク・ノードから刻々と集められた広範なパフォーマンス測定データを監視する。これによって得られたネットワーク状態に関するリアルタイムの一覧結果はビッグデータ解析プラットフォームに直接組み込まれ、音声、ビデオ、モバイルアプリケーション、ブロードバンドのパフォーマンスに対する優れた手掛かりを提供する。

Accedianのソリューションは、世界の主要なモバイル・ネットワークを監視するために使用されている。こうした最近のLTE配備は、AccedianのSkyLIGHT Performance Platformの完全仮想化ソリューションを初めて使用している。SkyLIGHT VCXの仮想環境プローブは、各プローブが数十万のセッションを監視しネットワーク全体領域を保証する能力を備えており、わずか数分のうちに商用オフザシェルフ(COTS)サーバー上で動作することができる。特許取得済みの方法による一方向での重要なネットワークのメトリクス値は、従来のソリューションよりもマイクロ秒レベルの精度で数百倍正確に測定可能である

これらの展開において、オペレーターはSkyLIGHTを使用して、複合サービス優先権についてモバイル・ネットワークのバックホール・パフォーマンスを監視し、VoLTEの音質、アプリケーションのレイテンシー、ストリーミング・メディアのパフォーマンスの体験品質(QoE)を直接一覧する。主要パフォーマンス評価指標(KPI)は通話切断をはじめ、接続性、ローミング、携帯電話間の干渉問題軽減のために使用することができる。

この規模の展開には、各基地局とセルサイトのルーターの監視が含まれる。ネットワークには、25万以上のエンドポイントがある。Accedianの専門的なサービスチームはモバイルオペレーターと緊密に協力し、8週間足らずで全ての全国的なネットワークに計装した。1か所での統合で、SkyLIGHTのプラットフォームは現在、1日当たり200億以上の測定をオペレーターのビッグデータ解析システムに送信している。配備は近く拡張され、輸送と基幹ネットワーク、ならびにエンドユーザーの接続性とアプリケーション体験を監視する。

仮想化による計装は、モバイル・ネットワークオペレーターにとって変革の恩恵がある。70%を上回る可能性がある莫大なコスト節減に加え、全ての全国的なネットワークは数カ月ではなく数週間で計装可能で、その粒度と密度は物理的なハードウエアによるプローブでは通常不可能な水準に達する。LTEネットワークはトラフィック・レベル、アプリケーション利用、ネットワーク密度において急成長に直面しており、新しいプローブが要求に応じて出現する可能性がある。仮想マシンのCPU、メモリー、ストレージの容量も、必要とされるときに追加の容量を提供するため、増設することができる。

AccedianのClaude Robitaille最高技術責任者(CTO)は「12年にわたり、Accedianは最も粒度が細かく、高精度かつ拡張性のある監視ソリューションを開発し、世界の大規模なネットワーク・オペレーターにリアルタイムの実用的な洞察力を提供してきた。これらのソリューションのキャリアグレード・完全仮想化ソリューションの導入は、オペレーターのネットワーク・パフォーマンスを劇的に高め、ユーザー体験を新たなレベルに引き上げ、極度に競争の激しい市場で自らを差別化するための全く新しい機会を生み出す。仮想化による計装は、常に最適化された体験を提供できるインテリジェント・アナリティクスドリブンのネットワークを構築するというこれらのオペレーターの戦略の基本的な要素である」と説明した。

▽Accedianについて

Accedianは、最高のユーザー体験のコントロールのため、エンドツーエンドのネットワーク・パフォーマンスの非常に優れた可視性を提供する。Accedianはネットワークのヘルス状態についての最も完全な現在の見解を提供し、最高の信頼性とサービス品質(QoS)のために必要な実用的な洞察力によって、可視性を劇的に向上させる。Accedianは、ますます複雑化するネットワークのコントロールを可能にし、アジリティーを向上させ、コストを軽減する。最も重要なのは、完全に最適化され、パフォーマンスを保証されたネットワークを通じ、Accedianが最大限の動作可能時間、そして最高のユーザー体感品質(QoE)をプロアクティブに確保することである。

Accedianは2005年以来、世界で数十万のネットワークとサービスを保証し、パフォーマンスを重要な競争力のある差別化要因に変えてきた。https://accedian.com/ 。Twitter: @Accedian (https://twitter.com/accedian

ソース:Accedian Networks Inc.

▽問い合わせ先

For further information Accedian media contact:

Paul Nolan or Alex Sowden, CCgroup

T: +44 (0)203 824 9200

E: Accedian@ccgrouppr.com or PR@Accedian.com

Tier-1 Mobile Operators and Accedian First to Deploy Fully Virtualized Performance Assurance

PR64878

LONDON, June 29, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-- Mobile operators heat up 'Quality Wars', using performance to win over

subscribers from 'good enough' networks.

   Accedian (http://www.accedian.com/ ), the end-to-end network performance

experts, announced today that its fully virtualized mobile network monitoring

platform is the first to have been deployed to assure LTE networks. Multiple

Tier-1 Asian operators-amongst the largest in the region-now have complete

visibility into network quality of service (QoS) and user experience in

real-time from a single, centralized system. The deployments form the

foundation for quality-first networks that are disrupting the 'de facto' model

of competing for subscribers with 'lowest price, good enough' performance.

   With the goal of optimizing user experience, operators use the Accedian

solution to monitor a wide range of performance metrics, collected from

hundreds of thousands of network nodes every second. This real-time view of a

network's health is directly integrated into big data analytics platforms,

providing unique insight into voice, video, mobile application, and broadband

performance.

   Accedian solutions are used to monitor leading mobile networks worldwide.

These recent LTE deployments are the first to use a fully virtualized version

of Accedian's SkyLIGHT Performance Platform. SkyLIGHT VCX virtual probes, each

capable of monitoring tens of thousands of sessions to assure entire network

regions, can be 'spun up' on commercial off the shelf servers (COTS) servers in

a matter of minutes. Patented methods allow critical one-way network metrics to

be measured to microsecond-level precision-hundreds of times more accurately

than any solution to date.

   In these deployments, the operators are using the SkyLIGHT platform to

monitor mobile network backhaul performance over multiple service priorities,

and to give direct quality of experience (QoE) visibility into VoLTE voice

quality, application latency, and streaming media performance. Key performance

indicators (KPIs) can also be used to reduce call drops, as well as

connectivity, roaming, and inter-cell handoff issues.

   Deployments of this scale include monitoring every base station and cell

site router-more than a quarter million endpoints in any given network.

Accedian professional services teams worked closely with the mobile operators

to instrument their complete national networks in as little as eight weeks. In

one integration, the SkyLIGHT platform now streams over 20 billion measurements

a day to the operator's big data analytics system. Deployments will soon extend

to monitor transport and core networks, as well as end user connectivity and

application experience.

   The benefits of virtualized instrumentation are transformative for mobile

network operators. Beyond disruptive cost savings that can exceed 70%, complete

national networks can be instrumented in weeks instead of months, and to a

level of granularity and density that would normally be impossible with

physical hardware probes. As LTE networks face rapid growth in traffic levels,

application usage, and network density, new probes can be turned up on-demand.

Virtual machines' CPU, memory, and storage capacity can also be scaled up to

provide extra capacity when needed.

   "Over the course of 12 years, Accedian has pioneered the most granular,

precise, scalable monitoring solutions available, providing real-time,

actionable insight to large scale network operators globally," explained Claude

Robitaille, Accedian CTO. "Our introduction of carrier-grade, fully virtualized

versions of these solutions opens entirely new opportunities for operators to

dramatically increase network performance, take user experience to a new level,

and differentiate themselves in ultra-competitive markets. Virtual

instrumentation is a fundamental component of these operators' strategies to

build the intelligent analytics-driven networks that can deliver an always

optimized experience."

   About Accedian

   Accedian delivers exceptional end-to-end network performance visibility, for

control over the best possible user experience. Providing the most complete,

current view of network health, Accedian dramatically improves visibility with

actionable insights for peak reliability and quality of service (QoS). Accedian

enables control over increasingly complex networks to increase agility, and

reduce cost. Most importantly, through a fully optimized and performance

assured network, Accedian proactively ensures maximum uptime and for peak

quality of experience (QoE).

   Since 2005, Accedian has assured hundreds of thousands of networks and

services globally, turning performance into a key competitive differentiator.

https://accedian.com/. Twitter: @Accedian (https://twitter.com/accedian )

    SOURCE:  Accedian Networks Inc.

   CONTACT: For further information Accedian media contact:

            Paul Nolan or Alex Sowden,

            CCgroup,

            T: +44-(0)203-824-9200,

            E: Accedian@ccgrouppr.com or PR@Accedian.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中