中国と米国間の決済は依然として米ドル建てが主流

SWIFT

2016/7/1 08:50

中国と米国間の決済は依然として米ドル建てが主流

AsiaNet 64936

米国と中国・香港の決済総額に占める人民元建て決済額がわずか2.4%であることがSWIFT RMB Trackerで明らかに。

東京、2016年7月1日 /PRNewswire/ -- 最近のSWIFTデータによると、米国における人民元建て決済の活用はほぼ横ばいに推移しています。米国の人民元建て決済は2014年5月比で10.3%増となりましたが、昨年2015年5月比では1.6%減とわずかに減少しています。

Logo - http://photos.prnasia.com/prnh/20160127/8521600559Logo

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20160628/8521604226-c

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20160628/8521604226-d

2016年5月に米国は全オフショア人民元決済総額のうちの10.5%を担い、中国・香港を除くランキングでは世界4位となっています。1位は23.6%を占める英国であり、シンガポール(19.8 %)、台湾(11.6%)が続きます。中国・香港は全人民元建て決済の74.9%を担い、引き続き単独首位となっています。

SWIFTビジネス・インテリジェンス・ソリューショズ責任者のAstrid Thorsenは次のように述べています。「最近『米国の人民元取引・決済ワーキング・グループ』が設置されたことから、今後米国が人民元活用の領域で徐々に地位を高めることになると私たちは想定しています。このワーキング・グループの主たる目的は、米国における人民元の取引・清算・決済サービスを開発し拡大していく機会を、特定・評価・提案することです。ニューヨークが人民元取引の拠点になれば、同市にとっては大きな進展となります。この進展によって、現在はトロントのオフショア人民元決済センターがカバーしている北アメリカにおいて人民元活用が一層活性化するでしょう」

2016年5月時点で、人民元は国際決済に利用される通貨として引き続き第6位に安定しています。国際決済総額に占める割合は1.90%となり、2016年4月の1.82%から微増しました。なお、2016年4月比で人民元建て決済額は2.85%増加する一方で、全通貨の決済額は1.50%減少しました。

SWIFTと人民元の国際化について

2010年以降、SWIFTは様々な出版物や報告書を通じて人民元の国際化に関してお客様や金融界を積極的に後押ししてきました。SWIFTではBusiness Intelligence SolutionsチームよりRMB Trackerの重要な導入統計データ、人民元国際化の影響についての洞察、人民元決済およびオフショア決済のガイドラインについての展望を公開している他、銀行の人民元建て金融商品の導入支援、徹底的な分析およびビジネス・インテリジェンスの提供も行っています。さらにオフショア決済センターや中国の金融界とも連携して、人民元のさらなる国際化のサポートも行っています。

SWIFTネットワークはグローバルな人民元建て取引を全面的にサポートしており、SWIFTのメッセージングサービスではFINの標準中国語コード(CCC)やMX(ISO20022標準メッセージ)の中国語文字を用いて文字転送も可能となっています。また、SWIFTは人民元に特化したビジネス・インテリジェンスに関する一連の商品・サービスを提供して金融機関や企業をサポートしている他、『オフショア・クロスボーダー人民元ベストプラクティス・ガイドライン』の発行に向けて業界と協力し、人民元関連のバックオフィス業務の標準化を進めております。

RMB の国際化について詳しくはこちらかをクリックしていただくか、当社の新しいLinkedIn グループ「Business Intelligence Transaction Banking」にご参加ください。

詳しくはSWIFTのサイトwww.swift.comをご参照ください。

SWIFTについて

SWIFTはメンバーによって保有されたグローバルな協同組合であり、安全な金融メッセージング・サービスを提供するリーディングプロバイダーです。

SWIFTは金融コミュニティに対し、通信に必要なメッセージングおよびその標準化を支えるプラットフォームのほか、決済ネットワークへのアクセスやシステムの統合・連携、金融犯罪コンプライアンス等にかかる製品およびサービスを提供しています。

SWIFTは200を超える国と地域における、11,000以上の銀行、証券会社、市場インフラ、事業法人等をつなぐ通信プラットフォーム、および各種製品・サービスを提供しています。SWIFTを活用することで、標準化された安全、かつ確実な金融メッセージングの実現が可能です。

SWIFTは信頼できるサービスプロバイダーとして、国内外の円滑な金融取引を促進し、グローバルな商取引をサポートし、コスト削減、リスク軽減、業務効率化の実現のため手法、最高品質の業務を絶え間なく追求しています。

SWIFTはベルギーに本部を置き、国際的なガバナンスと監督を通じて、組合体制の中立的かつグローバルな特性を発揮します。また、グローバルなネットワークを通じて、すべての主要な金融センターで積極的に活動を展開しています。

詳しくはwww.swift.comをご覧いただくか、Twitter:@swiftcommunityおよびLinkedIn:SWIFTをフォローしてください。

お問い合わせ

Cognito

swift@cognitomedia.com  

+44 (0)20 7426 9400

免責事項

SWIFTは、RMB Trackerの内容について目的への適合性、完全性、正確性を保証しません。また過去のRMB Trackerのデータを修正する権利を留保します。なおRMB Trackerの情報提供のみを目的として実態に即して配信しています。あくまでも参考情報を提供するための出版物であり、推奨事項や助言を提供することを意図していません。RMB Trackerの利用者は、全面的または部分的に関わらずRMB Trackerデータに基づく判断に対して全責任を負うものとします。SWIFTは、各人によるRMB Trackerの利用に関して一切の責任を負いません。RMB TrackerはSWIFT出版物です。SWIFT (C) 2016 禁無断転載

(日本語リリース:クライアント提供)

US Dollar Remains Widely Used for Payments between China and US

PR64936

HONG KONG, June 28, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

SWIFT's RMB Tracker shows that only 2.4% of all payments by value between the

United States and mainland China/Hong Kong are exchanged in RMB.

Recent SWIFT data shows that RMB adoption by the United States remains

relatively flat. Compared to May 2014, the United States experienced a 10.3%

increase in RMB payments, but compared to last year, May 2015, the figures

showed a minor decline of 1.6%.

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20160628/8521604226-a

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20160628/8521604226-b

Logo - http://photos.prnasia.com/prnh/20160127/8521600559Logo

In May 2016, the United States represented 10.5% of all offshore RMB payments

by value, making the United States number four in the world, excluding mainland

China and Hong Kong. The United Kingdom stays in the top position with 23.6%,

followed by Singapore (19.8%) and Taiwan (11.6%). mainland China and Hong Kong

still handled 74.9% of all RMB payments.

"Over time, we expect the United States to further strengthen its position on

the RMB with the recent creation of 'the U.S. RMB Trading and Clearing Working

Group," says Astrid Thorsen, Head of Business Intelligence Solutions, SWIFT.

"The main objective of this working group is to identify, evaluate, and

recommend opportunities to develop and expand the trading, clearing, and

settlement of RMB in the United States. The establishment of New York as a RMB

trading center would represent a significant development for the city, which

would also reinforce North America's position currently covered by the RMB

offshore centre located in Toronto."

In May 2016, the RMB held its position as the sixth ranked global payments

currency by value with a share of 1.90%, a slight increase from 1.82% in April

2016. Overall, RMB payments value increased by 2.85% compared to April 2016,

whilst in general all payments currencies decreased by 1.50%.

About SWIFT and RMB Internationalisation

Since 2010, SWIFT has actively supported its customers and the financial

industry regarding RMB internationalisation through various publications and

reports. Through its Business Intelligence Solutions team, SWIFT publishes key

adoption statistics in the RMB Tracker, insights on the implications of RMB

internationalisation, perspectives on RMB clearing and offshore clearing

guidelines, supports bank's commercial RMB product launches and provides

in-depth analysis and business intelligence, as well as engaging with offshore

clearing centres and the Chinese financial community to support the further

internationalisation of the RMB.

The SWIFT network fully supports global RMB transactions, and its messaging

services enable Chinese character transportation via Chinese Commercial Code

(CCC) in FIN or via Chinese characters in MX (ISO 20022 messages). It offers a

suite of dedicated RMB business intelligence products and services to support

financial institutions and corporates. In addition, SWIFT collaborates with the

community to publish the Offshore and Cross-Border RMB Best Practice

Guidelines, which facilitate standardised RMB back office operations.

Please click here (http://www.swift.com/products/renminbi/overview) for more

information about RMB Internationalisation or join our new 'Business

Intelligence Transaction Banking' LinkedIn group.

For more information, please refer to our website www.swift.com.

About SWIFT

SWIFT is a global member-owned cooperative and the world's leading provider of

secure financial messaging services.

We provide our community with a platform for messaging and standards for

communicating, and we offer products and services to facilitate access and

integration, identification, analysis and financial crime compliance.

Our messaging platform, products and services connect more than 11,000 banking

and securities organisations, market infrastructures and corporate customers in

more than 200 countries and territories, enabling them to communicate securely

and exchange standardised financial messages in a reliable way. As their

trusted provider, we facilitate global and local financial flows, support trade

and commerce all around the world; we relentlessly pursue operational

excellence and continually seek ways to lower costs, reduce risks and eliminate

operational inefficiencies.

Headquartered in Belgium, SWIFT's international governance and oversight

reinforces the neutral, global character of its cooperative structure. SWIFT's

global office network ensures an active presence in all the major financial

centres.

For more information, visit www.swift.com or follow us on Twitter:

@swiftcommunity (https://twitter.com/swiftcommunity) and LinkedIn: SWIFT

(http://www.linkedin.com/company/swift)

Contacts:

Cognito

swift@cognitomedia.com

+44 (0)20 7426 9400

Disclaimer

SWIFT does not guarantee the fitness for purpose, completeness, or accuracy of

the RMB Tracker, and reserves the right to rectify past RMB Tracker data. SWIFT

provides the RMB Tracker on an 'as is' basis, and for information purposes

only. As a mere informative publication, the RMB Tracker is not meant to

provide any recommendation or advice. Any person consulting the RMB Tracker

remains solely and fully responsible for all decisions based, in full or in

part, on RMB Tracker data. SWIFT disclaims all liability regarding a person's

use of the RMB Tracker. The RMB Tracker is a SWIFT publication. SWIFT (C) 2016.

All rights reserved.

SOURCE  SWIFT

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中