【リサーチフロントアワード】日本がリードする先端研究領域と、その領域で活躍する研究者を発表

クラリベイト

2016/7/7 14:00

トムソン・ロイターが、卓越した先端研究領域において活躍・貢献が認められる研究者を「第4回リサーチフロントアワード」に選出。 本賞では、全世界 12,188の先端研究領域(リサーチフロント)から、日本の貢献が高いと認められるフロント8つと、その中で顕著な功績が認められる日本の研究機関所属の研究者12名を発表。

2016年7月7日

トムソン・ロイター

トムソン・ロイター:日本がリードする先端研究領域と、その領域で活躍する研究者を発表

~ 4度目の「リサーチフロントアワード」において、8領域12 名を選出、表彰~

世界的な情報サービス企業であるトムソン・ロイター(本社:米国ニューヨーク、日本オフィス:東京都港区)は本日、卓越した先端研究領域において活躍・貢献が認められる研究者を「第4回リサーチフロントアワード」に選出いたしました。

2004年、2007年、2012年に続き4度目の発表となる本賞では、全世界 12,188の先端研究領域(リサーチフロント)から、日本の貢献が高いと認められるフロント8つと、その中で顕著な功績が認められる日本の研究機関所属の研究者12名を発表いたします。

引用分析の要素となる「被引用数」はその研究の影響力を、「共引用」はその論文群がなんらかの研究領域を形作っている(もしくは形成しつつある)ことを意味します。つまり、これらの観点から論文情報を分析することにより、強い影響力をもち科学の発展に先導的役割を果たしている、もしくは果たしつつある先端研究領域と、そのコアとなる研究者を特定することが可能になります。

このリサーチフロントの基本手法は、2004年より科学技術・学術政策研究所(NISTEP)が発行する研究領域の動向調査(サイエンスマップ)に用いられています。

リサーチフロントアワードの選出は、毎年9月に「トムソン・ロイター引用栄誉賞(ノーベル賞受賞者予測)」の分析を手掛ける弊社アナリスト、David Pendlebury(デービッド・ペンドルベリー)が担当いたしました。授賞式は、10月21日に東京・赤坂のトムソン・ロイターオフィスで行われる予定です。

【選出理由および使用データベース】

トムソン・ロイターの論文データベースWeb of Science(R) Core Collectionの2010-2015 年データの引用分析に基づ

いています。

詳しい分析手法は http://ip-science.thomsonreuters.jp/press/release/2016/rf2016/about_rf/ をご参照ください。

【受賞者のコメントおよび過去のリサーチフロントアワード】

詳しくは添付pdfもしくはhttp://ip-science.thomsonreuters.jp/press/release/2016/rf2016/をご参照ください。

=======

受賞者一覧

=======

■材料科学/Materials Science

■グラフェン-六方晶窒化ホウ素の電子的および光学的特性

・物質・材料研究機構 機能性材料研究拠点 電気・電子分野 電子セラミックスグループ 主席研究員 

渡邊 賢司 氏

・物質・材料研究機構 機能性材料研究拠点 機能探索分野超高圧グループ グループリーダー 谷口 尚 氏

■材料科学/Materials Science

■蛍光OLED

・九州大学工学研究院 応用化学部門 主幹教授/最先端有機光エレクトロニクス研究センター センター長 

安達 千波矢 氏

■物理学/Physics

■確率的な熱力学とゆらぎの定理

・東京大学大学院 工学系研究科 准教授 沙川 貴大 氏

■工学/Engineering

■流動力学のモデリング

・早稲田大学理工学術院 准教授 滝沢 研二 氏

■化学/Chemistry

■コバルト触媒とC-H結合活性型反応

・東京大学大学院 薬学系研究科 教授 金井 求 氏

・北海道大学大学院 薬学研究院 教授 松永 茂樹 氏

・北海道大学大学院 薬学研究院 助教 吉野 達彦 氏

■神経科学/Neuroscience

■報酬シグナルとして働くドーパミンニューロン

・東北大学大学院 生命科学研究科 教授 谷本 拓 氏

■神経科学/Neuroscience

■硫化水素によるシグナル伝達

・国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 神経薬理研究部長 木村 英雄 氏

■化学/Chemistry

■エーテルの触媒的クロスカップリング反応

・大阪大学大学院 工学研究科 教授 茶谷 直人 氏

・大阪大学大学院 工学研究科附属アトミックデザイン研究センター 准教授 鳶巣 守 氏

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

Thomson Reuters

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このリリースを配信した企業・団体

  • 名称 クラリベイト・アナリティクス
  • 所在地 東京都
  • 業種 その他情報・通信業
  • URL http://www.clarivate.jp

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中

過去のリリース