新たなインデックスが世界規模のデジタル開発に真の光を投げかける:業績ではるかに他をしのぐ米国・英国に中南米諸国が加わる

テレフォニカ

2016/7/19 10:14

新たなインデックスが世界規模のデジタル開発に真の光を投げかける:業績ではるかに他をしのぐ米国・英国に中南米諸国が加わる

AsiaNet 65104

ロンドン(英国)、2016年7月18日/PRニュースワイヤー/ --

テレフォニカ(Telefonica)は、世界34か国のデジタル開発を評価する、これまででもっとも広範囲なデジタルインデックスを発表しました。米国が総合点(96.3/100)でトップに立つ一方、一人当たりの国内総生産の割に業績が高いのはカナダ、英国、コロンビア、オーストラリア、チリです。

    (写真:http://photos.prnewswire.com/prnh/20160714/389598

「テレフォニカ・デジタルライフ・インデックス」(Telefonica Index on Digital Life)で、デジタルライフの強みは世界中で極めて多様であることが明らかになりました。組み合わせればある特定の経済においてデジタルライフを確立するさまざまな社会経済的要素をより全体的な視点でとらえることで、現在の未発達なデジタル経済の評価方法に疑問を投げかけます。包括的インデックスでは、世界中のデジタルライフに関する50種類の既存の公共データから得られる3つの要素を独自に考慮しています。

1.開示性:ある経済における情報の流れやすさ(技術、システムへのオープンアクセス)

2.信頼性:ユーザーが関与し、デジタル世界を信頼する範囲(教育とプライバシーを含む)

3.起業家精神:デジタル環境下で経済活動がいかに成功するか(革新の自由)

インデックスは、グローバル環境下では障害があり、そのためある国々では国民のためのデジタル・エコシステムが達成できません。テレフォニカは、障害を改善しインデックスにより表面化した強みを利用するようにとの、政府および政策当局に向けた提言を公表しました。政策提言では、以下を強調しています。

1.市場構造、開かれた革新、顧客選択に影響する規制条件

2.顧客体験、表現の自由、プライバシー、セキュリティーを促す法律

3.革新、デジタルスキル、文化的姿勢、スタートアップ・エコシステムを支援する政策

テレフォニカ会長のホセ・マリア・アルヴァレス=パレット・ロペスは、インデックスの発表について次のように述べました。「デジタル経済の最大の可能性を解き放つためには、先見の明、より公正な公共政策、そして官民の全ステークホルダー間の一層の協力が必要です。これらなくしては情報格差の危険にさらされ、経済発展のみならず世界中の市民生活をも脅かすことにもなり得るのです」

「最近の報告では、経済のデジタル化が10%進めば、一人当たりの国内総生産成長率が40%伸びると推定しています。デジタル世界が社会の利益に及ぼす最大の可能性を実現する制度、政府、組合、企業、政策当局、市民が必要です」

報告書全文のダウンロードは、こちらからどうぞ:http://indexdigitallife.telefonica.com/

情報源:テレフォニカ

(日本語リリース:クライアント提供)

New Index Sheds True Light on Global Digital Development: Latin American Countries Join the US and UK Amongst the Highest Outperformers

PR65104

LONDON, July 18 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

     Telefonica has released the most comprehensive digital index ever

developed, which assesses 34 countries worldwide on the extent of their digital

development. Whilst the USA tops the Index with a total score (96.3/100), it is

Canada, the UK, Colombia, Australia and Chile that lead in outperformance

relative to their GDP Per Capita.

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160714/389598-INFO )

    The 'Telefonica Index on Digital Life' has revealed that the strength of

digital life varies strongly across the world. It challenges the rudimentary

way the digital economy is currently measured by taking a more holistic view of

the different socio-economic components that combine to establish digital life

within a particular economy. The comprehensive Index formula uniquely takes

into account three components, informed by 50 different pre-existing sets of

public data relating to digital life across the world:

    1. OPENNESS: The ease of information flow within a particular economy

       (open access to technology and systems)

    2. CONFIDENCE: The extent to which users engage with and trust the digital

       world (Incl. education and privacy)

    3. ENTREPRENEURSHIP: How economic activities prosper in the digital

       environment (the freedom to innovate)

    The Index suggests that bottlenecks exist in the global landscape,

obstructing certain countries' ability to achieve a successful digital

ecosystem on behalf of citizens. Telefonica has also published recommendations

for governments and policy makers to improve bottlenecks and leverage strengths

surfaced by the Index. The policy recommendations emphasise:

    1. Regulatory conditions that affect market structure, open innovation and

       customer choice.

    2. Legislation to encourage customer experience, freedom of expression,

       privacy and security.

    3. Policies to support innovation, e-skills, cultural attitudes and the

       start-up ecosystem.

    Jose Maria Alvarez-Pallete Lopez, Executive Chairman of Telefonica, said of

the Index launch: "To unleash the full potential of the digital economy, we

need forward-looking, fairer public policies and a better cooperation between

all stakeholders, public and private. Without this, we risk a digital divide,

which could not only threaten economic progress, but also the lives of citizens

globally.

    "Recent reports estimate that a 10% increase in digitalisation of the

economy could increase GDP per capita growth rates by 40%. We need

institutions, governments, unions, enterprises, policy makers and citizens to

realise the full potential of the digital world for the benefit of society."

    To download the full report, please visit:

http://indexdigitallife.telefonica.com

    SOURCE: Telefonica

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中