Seegeneがin silicoベースのマルチプレックス・リアルタイムPCR法の開発自動化を導入

Seegene

2016/8/3 10:08

Seegeneがin silicoベースのマルチプレックス・リアルタイムPCR法の開発自動化を導入

AsiaNet 65256(0937)

【ソウル(韓国)2016年8月3日PR Newswire=共同通信JBN】

*開発時間とコストを劇的に削減するカスタマイズされた検査設計

*分子診断における潜在的な地元の戦略的パートナーを模索

マルチプレックス・リアルタイムPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)技術のリーディング・デベロッパーであるSeegene, Inc.(シージーン)(096530.KQ)は、in-silico(コンピューター内)ベースのマルチプレックス・リアルタイムPCR法の世界で初めての開発自動化を導入したと発表した。

リアルタイムPCRは分子診断の最良の方法だが、その開発プロセスは長い開発期間と高コストのために複雑である。Seegeneはin-silicoベースのデベロップメント・ソリューションであるSGsilicoにより、リアルタイムPCR法開発のプロセスを極めて簡略化し、その分子診断への活用を拡大することを目指している。

この自動化ソリューションは、PCR法の開発期間を通常の3-12カ月間から1週間弱に短縮することができる。その上、開発プロセスのコストは従来の10分の1にまで縮減することが可能だ。顧客が検査対象を提供した場合、顧客はオリゴヌクレオチド、最適酵素およびマルチプレックス・リアルタイムPCR条件を含む即時使用可能な完全にカスタム化された検査キットを提供されることになる。あり得る全ての要因をコンピューターで算出し、与えられた検査対象のためのオリゴヌクレオチドの最適なセットを設計することにより、開発の失敗率は極めて低い。これは、顧客がその研究に複雑な開発プロセスなしにSeegeneのカスタマイズされた検査分析を採用することを可能にする。

Seegeneは、所有権(特許)を有する同社のリアルタイムPCR技術をデジタル化し、一般的なオリゴヌクレオチドを用いて検査を簡素化し、これらはin-silicoベースの開発ソリューションに組み込まれた。この結果、Seegeneの自動化されたリアルタイムPCR検査法開発であるSGsilicoが誕生した。

SGsilicoは、最高クラスの所有権を持つテクノロジーであるDPO(TM)、TOCE(TM)およびMuDT(TM)を提供している。これらは複数の検査対象について、特異性、感度、複写性を犠牲にすることなく同時的な増幅と量的な検出を行うためのものである。これらは極めて多様かつ多量な情報を確保するため、現在入手可能な唯一のリアルタイムPCRテクノロジーである。Seegeneはこれらの技術をデジタル化し、これらの技術は様々なPCR機器とともに有効に機能している。

さらにSeegeneは新しい汎用の蛍光標識のオリゴヌクレオチド・システムであるSGoligoを開発した。これは検査対象のタイプにかかわらず、様々な対象に共通に適用できるものであり、コストの大幅削減をもたらすとみられている。

これにより、Seegeneはカスタムでin-silicoベースのシングルまたはマルチプレックス・リアルタイムPCR法開発が可能となった。さらに現在の診断市場に加え、Seegeneはそのターゲット市場を研究や応用市場にまで徐々に拡大していくことを計画している。

Seegeneの創設者で最高経営責任者(CEO)のジョンユーン・チュン氏は「SGsilicoは検査開発における簡便性、時間節約、コスト効率の観点から極めて最善のソリューションである。このソリューションは感染症、がん、その他の遺伝子障害などの複数の研究分野で利用が可能だ。Seegeneのテクノロジーはまた、食品の安全性、動物、植物など人間以外の診断分野にも適用が可能である」と述べるとともに、さらに「これは現行のリアルタイムPCRテクノロジーに取って代わる標準テクノロジーとなるだろう」と付け加えた。

Seegeneは米国、カナダ、イタリア、中東に子会社、ドイツに支店、メキシコに合弁会社(JV)をそれぞれ保有している。Seegeneは地方および全国的なネットワークを持つ潜在的なジョイントベンチャーとの戦略的な提携関係を模索している。

▽問い合わせ情報

詳しい情報はwww.seegene.com を参照、またはJason Bae(jasonbae@seegene.com 、Tel: 82-2-2240-4081)に問い合わせを。

ソース:Seegene

Seegene to Introduce Automated Development of in silico-based Multiplex Real-time PCR Assays

PR65256

SEOUL, South Korea, Aug. 3, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-- Customized assay design that dramatically reduces development time and cost

-- Looking for potential local strategic partners in molecular diagnostics

Seegene, Inc. (096530.KQ), a leading developer of multiplex real-time PCR

technologies announced that it has introduced the world's first automated

development of in silico-based multiplex real-time PCR assays.

Real-time PCR is the best method for molecular diagnostics but its development

process is complicated due to extensive development period and high cost. With

an in silico-based development solution, SGsilico, Seegene has greatly

simplified the process of real-time PCR assay development and is looking to

expand its use in molecular diagnostics.

This automated solution can reduce the assay development time significantly

from a typical 3-12 months down to less than a week. Furthermore, the cost of

development process can be reduced to as low as one tenth of the conventional

development. Once the customer provides the detection targets, the customer

will be provided with ready-to-use, fully configured custom assay kit including

oligo nucleotides, optimal enzyme and multiplex real-time PCR condition. By

computing all possible factors to design the best optimal sets of oligos for

the given targets, development failure rate is extremely low. This enables

customer to immediately apply Seegene's customized assay in their research

without a complicated development process.

Seegene digitalized its proprietary real-time PCR technologies, simplified

assay with its universal oligo, and these were incorporated with

in-silico-based development solution. This gave birth to SGsilico, Seegene's

automated real-time PCR assay development.

Seegene offers best-in-class proprietary technologies, DPO(TM), TOCE(TM), and

MuDT(TM), for simultaneous amplification and quantitative detection of multiple

targets without sacrificing specificity, sensitivity and reproducibility. These

are the only real-time PCR technologies currently available that ensure high

multiplex and quantitative information. Seegene carried out digitalization of

these technologies that successfully work with various PCR instruments.

Additionally, Seegene has developed a new universal fluorescent-labeled oligo

system, SGoligo, which can be universally applied to different targets

regardless of target types and is anticipated to result in tremendous cost

reduction.

This made it possible for Seegene to develop a full line-up of products

including custom, in silico-based single to multiplex real-time PCR assay

development. In addition to its current diagnostic market, Seegene plans to

progressively expand its target market into research and other applied markets.

According to Dr. Jong-Yoon Chun, Founder and CEO of Seegene, "SGsilico is by

far the best solution in regards to its simplicity, time savings, and cost

effectiveness in assay development. This solution can be used in research areas

such as infectious diseases, cancers, and other genetic disorders. Seegene's

technology can also be implemented in various non-human diagnosis areas such as

food safety, animal, and plant." Dr. Chun added "This will be the technology

standard that will replace current real-time PCR technologies."

Seegene has subsidiaries in United States, Canada, Italy, and the Middle-East,

a branch office in Germany, and a Joint Venture (JV) in Mexico. Seegene is

looking for strategic partnerships with potential joint ventures who have local

and nationwide business network.

Contact Information

For more information, visit: www.seegene.com or

Contact: Jason Bae

         jasonbae@seegene.com

         Tel: +82-2-2240-4081

SOURCE:  Seegene

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中