自動車部品サプライヤーがArenaへの依存を高める

Arena Solutions

2016/8/4 10:13

自動車部品サプライヤーがArenaへの依存を高める

AsiaNet 65304(0954)

【フォレスターシティー(米カリフォルニア州)2016年8月3日PR Newswire=共同通信JBN】

*IoT志向を深める自動車部品市場で、サプライヤーは容易にコラボレートし、拡張し、製品化までの時間を加速する手ごろな価格の単一PLMとQMSソリューションを必要としている

クラウドベースの統合製品ライフサイクル管理(PLM)および品質管理システム(QMS)アプリケーションのパイオニアArena Solutionsは3日、自動車部品サプライヤー業界への参入に関する要点を発表した。自動車はスマートフォンと同じくらい、急速に複雑かつ、双方向になっている。深化した無線機器統合からドライバーなしの自動車、ソフトウエア定義自動車など、工場から出荷された自動車はほんの数年前の自動車に比べ何倍も複雑になっており、インターネット・オブ・シングス(IoT)がその中核を担っている。数百社のIoT企業がその分野の顧客に既に参入しているが、Arenaは激烈な市場セグメントでうらやましがられるほどの牽引力を誇っている。

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20151117/288645LOGO

競争圧力と迅速なイノベーションの必要性を受け、若い企業が多数を占める自動車部品サプライヤーは全く新しいモジュールとサブコンポーネントを迅速に製造する必要性に迫られている。さらに困難なことに、これらの企業は多品種で変更が多発する生産工程でこれを実現すると同時に、市場で一番を目指して急ぐ場合でもすべての発売で品質および機能性を向上させなければならない。

消費家電および医療機器メーカーと同様に、自動車部品サプライヤーおよびサブサプライヤーはますますArenaに依存するようになっている。なぜなら、Arenaだけが、業界トップのサプライチェーン・ソリューションを組み込んだPLMおよびQMSの独自組み合わせを提供できるからである。Arenaはサードパーティーの分離したソリューションと結合するフラストレーションを回避する、より高度な相互運用性を保証する。実際、自動車部品市場がIoT技術をますます取り込み、自動車がコネクテッドで複雑さを増すに伴い、どの競争企業も匹敵できない数の250以上のIoT顧客を擁するArenaに業界が目を向けるのは全く当然なことである。

Arenaによって、自動車部品メーカーは以下が可能となる。

*クラウドのQMSを利用する柔軟性と容易さを提供

*可視性を高めるためにサプライチェーン全体を製品記録に結び付ける

*すべての関係者を品質プロセスに参加することを可能にする

*追加のハードウエアおよびソフトウエアのメンテナンスに関連する費用を回避-Arena PLMおよびQMSは標準ウェブブラウザーを必要とするだけである

*高度にセキュアでマルチテナント・クラウドベース・アーキテクチャーおよび専用のセキュリティーチームによって製品データを保護する

*製造コストを削減する

米カリフォルニア州バーリングゲームを本拠とするAperia Technologies(http://www.aperiatech.com/ )は2013年からArena PLMの使用を開始した。同社が2010年に創設され、2015年に最初の製品をリリースした。同社のデバイスHalo Tire Inflatorはトラック業界向けにタイヤ空気圧を監視し、空気圧が低下するとタイヤに自動的に空気を入れる。

Aperiaの主任エンジニアであるロゲット・ラッチフォード氏は「Arenaは当社の記録のマスター保管庫である。Arenaが提供する最大のメリットの1つは、あいまいさをゼロにすることである。地上、オフィス、機中、通話中など、どこにいようが、常に正しい回答を得ることができる。当期収益、部品情報が必要ならば、Arenaに聞けばよい。Arenaはその他のデータベースすべてが稼働するためのピボットである」と語った。

またAperiaはArena Qualityを広範に活用している。ラッチフォード氏は「Arena Qualityによって、われわれはコートのボールを持っているのは誰か、何をしなければならないか、いつそれを達成したかを知ることができる。これはとてつもなく有益である。品質問題は迷うこともなければ、無視されることもない。なぜならば、すべての情報は製品記録の中にあり、誰もが見ることが可能である」と語った。

Starline(http://www.alarmstarline.com/about/ )はロシアのサンクトペテルグルクを本拠とする次世代自動車テレマティック・セキュリティーシステムおよび自動車メーカー向けサービスのサプライヤーであり、EMEAのメーカーが製品設計およびサプライチェーンの問題を解決するためにArenaへの依存を高めている理由を知る好例を提供している。

Starlineの研究開発責任者であるアレックス・ボリゾフ氏は「われわれは約5年前にロシアで高水準のハードウエア開発に乗り出した。われわれは部品表(BOM)を管理するためにスプレッドシート・アプリケーションを使用したが、管理するのが大変難しかった。その理由はさまざまな製品で同じ部品を多数使用しているからである」と語った。

しかし、Starlineはその2年後、PLMソフトウエアを導入してBOMを管理する必要があることを認識し、エレクトロニクス製品設計にとってArenaが最適であるためArenaを採用した。クラウドベース・ソリューションであるArenaは、従来のオンプレミスPLMソフトウエアと比較して、導入が容易であり、サプライヤーとつながるにも容易である。

Arenaのスティーブ・チャルグレン執行副社長(製品管理担当)兼最高戦略責任者は「自動車産業は技術変革の真っただ中にある。新興および既存のサプライヤーは極めて複雑かつ革新的な部品を開発している。サプライヤーは、メカニックにフォーカスした従来のオンプレミスPLMソリューションが電気、ファームウエア、ソフトウエア開発チームが必要とするエレクトロニクス・ハイテクPLMおよびQMS機能を提供することができないことに気づいた。その結果、サプライヤーはArenaのソリューションへの依存をますます高めている」と語った。

▽Arena Solutionsについて

ArenaはクラウドPLMを発明した。PLM、サプライチェーン、QMSソリューションの全体スイートによって、複雑なエレクトロニクスを備える革新的なOEMは部品表(NOM)を管理し、エンジニアリング変更発注を容易にし、プロトタイプ製造を早めることで、利益を向上させるとともに製品化までの時間を大幅短縮する。Arenaはトップ10のPLMプロバイダーにランク付けされ、2016年に待望のDesign News Golden Mousetrap Awardを受賞した。詳細はウェブサイトhttp://www.arenasolutions.com を参照。

Arena Solutionsの詳細は以下を参照。

Arena Solutionsウェブサイト(http://www.arenasolutions.com/ )。

製品設計、開発、製造に関してはArenaブログ(http://www.arenasolutions.com/blog/ )を閲覧。

Twitterで@arenasolutions(https://twitter.com/arenasolutions )をフォロー。

LinkedIn(https://www.linkedin.com/company/arena-solutions/ )をフォロー。

ArenaとArena Solutionsは、米国特許商標庁登録済みのArena Solutions, Inc.の商標である。無断転載禁止。その他の製品および企業名はそれぞれの所有者の財産である。

ソース:Arena Solutions

▽問い合わせ先

Jeff Miller

LEWIS

+1.541.207.3461

arena@teamlewis.com

Automotive Component Suppliers Moving To Arena And The Cloud For All-In-One PLM & QMS

PR65304

FOSTER CITY, Calif., Aug. 3, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-- In the Increasingly IoT Intensive Automotive Component Market, Suppliers

Need an Affordable, Single PLM & QMS Solution to Easily Collaborate, Scale and

Accelerate Time to Market

Arena Solutions, a pioneer in cloud-based, unified product lifecycle management

(PLM) and quality management system (QMS) solutions, today released highlights

of its success in penetrating the automotive component supplier industry.

Automobiles are rapidly becoming at least as intricate and interactive as a

smartphone. From deep wireless device integration to driverless automobiles and

the software defined car, vehicles rolling out of the factory are many times

more complex than they were just a few short years ago, and IoT (Internet of

Things) plays a central role. With hundreds of IoT companies already in its

stable of customers, Arena is enjoying enviable traction in this white hot

market segment.

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20151117/288645LOGO

Competitive pressures and the need for rapid innovation are requiring auto

component suppliers, many of them very young companies, to rapidly produce

completely new modules and subcomponents. Even more challenging, they must do

so in high mix and high rate-of-change production runs while simultaneously

improving quality and functionality with every release as they sprint to be

first to market.

Similar to consumer electronics and medical device manufacturers, automotive

suppliers and sub-suppliers are increasingly turning to Arena because only it

can deliver a unique combination of PLM and QMS that also incorporates industry

leading supply chain solutions. Arena assures a higher degree of

interoperability to avoid the frustration of linking together third party

dissociated solutions. Indeed, as the automotive component market increasingly

incorporates IoT technologies, and vehicles become more connected and complex,

it's only natural the industry would look to Arena, which has more than 250 IoT

customers, a number that few competitors can match.

With Arena, automotive component manufacturers can:

    -- Provide flexibility and ease of use for QMS in the cloud

    -- Connect the entire supply chain to the product record for heightened

       visibility

    -- Enable all stakeholders to participate in the quality process

    -- Scale as needed to meet the needs of fast growing companies

    -- Avoid the costs associated with the maintenance of additional hardware

       and software - Arena PLM and QMS require only a standard web browser

    -- Secure their product data, thanks to a highly secure, multi-tenant

       cloud-based architecture and dedicated security team

    -- Reduce manufacturing costs

Aperia Technologies ( http://www.aperiatech.com/ ), based in Burlingame,

Calif., began using Arena PLM in 2013. The company was founded in 2010 and

released its first product in mid-2015. Their device, the Halo Tire Inflator,

monitors tire pressure for the trucking industry and, when it becomes low,

automatically inflates the tire.

"Arena is our master repository of record," said Roget Ratchford, principal

engineer at Aperia. "One of the greatest benefits of Arena is it reduces

ambiguity down to zero. You can always get the right answer no matter where you

are, on the ground, in the office, in the air, on the phone. If you need

current rev, information on parts, go to Arena. It's the pivot on which all of

our other databases run."

Aperia also extensively takes advantage of Arena Quality. "With Arena Quality,

we know who's got the ball in their court, what needs to be done, and when was

it achieved," Ratchford added. "It's enormously helpful. Quality issues don't

get lost or overlooked, because all the information is right there in the

product record where everyone can see it."

Starline ( http://www.alarmstarline.com/about/ ), a St. Petersburg,

Russia-based supplier of next generation automotive telematic security systems

and services to automakers, provides a good example of why manufacturers in

EMEA are increasingly turning to Arena to solve their product design and supply

chain challenges.

"We started high-level hardware development in Russia about five years ago,"

said Alex Borisov, head of research and development at Starline. "We used a

spreadsheet application to manage our bill of materials, and it was very hard

to control, especially because we use many of the same parts across different

products."

After two years, however, Starline recognized that the company needed to deploy

PLM software to manage their BOM, and they selected Arena because it was best

suited for electronic products design and, as a cloud-based solution, it was

simpler to deploy, easier to connect to suppliers with and cost much less than

traditional, on-premises PLM software.

"The automotive industry is in the midst of a technological transformation,"

said Steve Chalgren, EVP of product management & chief strategy officer at

Arena. "Both new startups and established suppliers are creating highly

complex, innovative components. They're recognizing that traditional,

mechanical focused on-premise PLM solutions can't deliver the electronic high

tech PLM and QMS capabilities that are required by the electrical, firmware,

and software development teams. As a result, they're increasingly turning to

Arena Solutions."

About Arena Solutions

Arena invented cloud PLM. Its holistic suite of PLM, supply chain and QMS

solutions enables innovative OEMs with complex electronics to manage their bill

of materials, facilitate engineering change orders and speed prototyping to

improve margins and collapse time to market. Arena has been ranked a Top 10 PLM

provider and won the coveted Design News Golden Mousetrap Award in 2016. For

more information, please visit http://www.arenasolutions.com.

To learn more about Arena Solutions:

Visit the Arena Solutions website ( http://www.arenasolutions.com/ ).

Read the Arena blog ( http://www.arenasolutions.com/blog ) on product design,

development and manufacturing.

Follow @arenasolutions on Twitter.

Follow Arena on LinkedIn ( http://www.linkedin.com/company/arena-solutions/ ).

Arena and Arena Solutions are trademarks of Arena Solutions, Inc., Reg. U.S.

Pat. & Tm. Off. All rights reserved. Other product and company names are the

property of their respective holders.

SOURCE: Arena Solutions

CONTACT: Jeff Miller, LEWIS, +1.541.207.3461, arena@teamlewis.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中