光州ビエンナーレ・アート・フェスティバルが今週開幕

Gwangju Biennale Foundation(光州ビエンナーレ財団)

2016/8/29 14:02

光州ビエンナーレ・アート・フェスティバルが今週開幕

AsiaNet 65495(1041)

【光州(韓国)2016年8月29日PR Newswire=共同通信JBN】アジアで最も歴史のある現代美術のビエンナーレである2016年光州ビエンナーレ(2016 Gwangju Biennale)の開幕式は今週、韓国の光州市で行われる。同フェスティバルの財団が26日、明らかにした。

▽今週開幕する光州ビエンナーレ・アート・フェスティバル
9月1日午後6時40分に光州ビエンナーレ展示館(Gwangju Biennale Exhibition Halo)前の広場で始まる式典で、Gwangju Biennale Foundation(光州ビエンナーレ財団)の朴良雨・代表理事は、美術の威厳と機能の探究に専念する9月2日-11月6日の展覧会の開幕を宣言する。

尹壮鉉・光州市長と金鍾徳・文化体育観光相はそれぞれ歓迎のあいさつと祝辞を述べることになっている。同財団はまた、俳優のヒョンビン(Hyun Bin)氏の同イベントの広報大使への任命を記念する式典も開催する。

開会式に続き、芸術の発展に寄与した著名芸術家と前途有望な若手芸術家に対するNoon Awardsの授与が行われる。賞金はそれぞれ1万米ドルと5000米ドル。

同イベントのクライマックスには、光州市民がイベントの成功を願ってLEDの風船を空に放つ。

式典には、英国のチャールズ・ヘイ駐韓国大使、ソウルにあるBritish Cultural Centerの代表のマーティン・フライヤー氏、ソウルにあるFrench Cultural Centerの代表のアンソニー・ショムゾ氏が参加する。

66日間のイベントの期間中、この韓国の都市を訪問する芸術分野の世界的な主要人物には、米国のキュレーターのキャロライン・クリストフバカルギエフ氏、Liverpool Biennial(リバプール・ビエンナーレ)のディレクターのサリー・タラント氏、国立現代美術館のバートミュー・マリ館長、ハーシュホーン博物館のメリッサ・チウ館長、2012年の光州ビエンナーレの共同ディレクターを務めた森美術館チーフ・キュレーターの片岡真実氏が含まれる。

同イベントの開幕が近づくにつれ、参加アーティストの作品が取り付けられつつある。

アムステルダムを本拠としている著名なグラフィックデザイン・チーム、Metahavenによる幅29メートル、長さ16メートルの「Information Skies」(情報の空)の作品は、展示ホールの外壁に掛けられている。

ソウルとニューヨークで活動している韓国のアーティスト、イ・ジュヨとチョン・ジヒョンの両氏による共同作品「Dawn Breaks」は同市内に設置された。この作品は、見知らぬ人々が個々のバラバラのストーリーを共有できるようにするために引き合わせるパフォーマンス・デバイスとして利用される。

第11回光州ビエンナーレは37カ国からアーティスト120人を結集し「アートは何をするのか」という議題に焦点を合わせる。

同ビエンナーレは、もともとは1980年の光州での民主化運動の蜂起を記念して1995年に創設され、同市にとって韓国からアジアの他の地域だけでなく、世界の他の地域への文化のパイプとなっている。

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20160826/8521605402

ソース:Gwangju Biennale Foundation


Gwangju Biennale Art Festival to Open Next Week

PR65495

GWANGJU, South Korea, Aug. 29, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

The opening ceremony of the 2016 Gwangju Biennale, Asia's oldest contemporary
art biennale, is set to begin in the South Korean city of Gwangju next week,
the festival's foundation said Friday.

Gwangju Biennale art festival to open next week
During the ceremony, set to start at the plaza in front of the Gwangju Biennale
Exhibition Halo at 6:40 p.m. Thursday, Park Yang-woo, chief of the Gwangju
Biennale Foundation, is scheduled to open the Sept. 2-Nov. 6 exhibition that is
dedicated to the exploration of the state and function of art.

Gwangju Mayor Yoon Jang-hyun and Culture, Sports and Tourism Minister Kim
Jong-deok are to give a welcoming address and a congratulatory address,
respectively. The foundation will also hold a ceremony to mark the appointment
of actor Hyun Bin as a promotional ambassador for the event.

The opening ceremony will be followed by the awarding of the Noon Awards to an
established artist who has contributed to the development of art and a
promising young artist, with a prize of US$10,000 and $5,000, respectively.

The festivities will culminate when Gwangju citizens release LED balloons into
the sky in a gesture to wish the event success.

Among the participants in the ceremony will be British Ambassador to South
Korea Charles Hay; Martin Fryer, head of the British Cultural Center in Seoul;
and Anthony Chaumuzeau, chief of the French Cultural Center in Seoul.

Leading figures from the global art field who will visit the South Korean city
during the 66-day event include American curator Carolyn Christov-Bakargiev;
Liverpool Biennial director Sally Tallant; Bartomeu Mari, director of the
National Museum of Contemporary Art; Hirshhorn Museum director Melissa Chiu;
and Mori Art Museum chief director Mami Kataoka, who served as a co-director of
the 2012 Gwangju Biennale.

As the event's opening gets near, works by participating artists are being
installed.

The 29-meter wide and 16-meter-long "Information Skies" work by Metahaven, a
renowned graphic design team based in Amsterdam hangs on an exterior wall of
the exhibition hall.

"Dawn Breaks," a collaborative work by South Korean artists Lee Joo-yo and Jung
Ji-hyun, who have been active in Seoul and New York, has been installed in the
city. The work will be utilized as a performance device that brings strangers
together to share their separate and scattered stories.

The 11th Gwangju Biennale will bring together 120 artists from 37 countries
with its focus around the question, "What does art do?"

Originally founded in 1995 in memory of the 1980 pro-democracy uprising in
Gwangju, the biennale has become a cultural conduit for the city not only from
South Korea to the rest of Asia but also to the rest of the world.

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20160826/8521605402

Source: Gwangju Biennale Foundation


本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中