常州国家ハイテク産業開発区が無人ヘリコプター・プロジェクトの拠点に選ばれる

The Public Promotion Department of Changzhou Xinbei District Commission of CCP

2016/9/7 11:57

常州国家ハイテク産業開発区が無人ヘリコプター・プロジェクトの拠点に選ばれる

AsiaNet 65621(1093)

【常州(中国)2016年9月6日PR Newswire=共同通信JBN】Jiangsu Tianyu Aviation Technology Co., Ltd.と中国人民解放軍参謀本部第60研究機関(第60研究機関)はこのほど、無人ヘリコプター・プロジェクトにおける協力に調印した。常州国家ハイテク産業開発区・新北区(Changzhou National Hi-Tech District(Xinbei District))にある20万平方メートルの施設が10億元(約1億5000万米ドル)プロジェクトのための拠点に選ばれ、ここで大型および中型の無人ヘリコプターとその関連コンポーネント、中間レベルおよび高レベルの固定翼、特殊ステルス材料、農業機械、UAVシステム、プラットフォーム・ミッション・ペイロード、極めて正確な情報収集プロセッシング・システムなど、さまざまな製品の研究開発、製造、販売に専念する。

無人ヘリコプター・プロジェクトは第60研究機関の主要な研究開発プロジェクトの1つであり、Jiangsu Tianyuにとって重要な協力協定である。優れた研究開発能力で認められている研究組織の第60研究機関によって開発された無人ヘリコプターの性能結果は、他の機関や生産者が開発した同様のUAV運搬手段と比較するとモデル、航続距離、積載量、市場への応用において秀でていた。

常州政府は、同地域における10の主要産業の1つとして航空産業を指定し、Beijing General Aviation、China Aviation Supplies Holding Company、New United Group、Aero Atなど同セクターの多数の有力企業が常州国家ハイテク産業開発区を事業拠点に選択した。

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20160906/0861609118-a

写真キャプション:Jiangsu Tianyu Aviation Technology Co., Ltd.と中国人民解放軍参謀本部第60研究機関が8月18日、協力協定に調印

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20160906/0861609118-b

写真キャプション:今年3月18日、常州国家ハイテク産業開発区に製造および事業施設を開設するために登録したJiangsu Tianyu Aviation Technology Co., Ltd.

ソース:The Public Promotion Department of Changzhou Xinbei District Commission of CCP

Changzhou National Hi-Tech District Selected as Home for New Unmanned Helicopter Project

PR65621

CHANGZHOU, China, Sept. 6, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Jiangsu Tianyu Aviation Technology Co., Ltd. and the 60th Research Institute of

the General Staff Department of the Chinese People's Liberation Army (60th

Research Institute) held a signing ceremony for cooperation on an unmanned

helicopter project recently. A 200,000 square meter facility in Changzhou

National Hi-Tech District (Xinbei District) has been selected as the location

for the 1 billion yuan (approx. US$150 million) project, which will focus on

the research and development, production and sales of several products

including large- and medium-sized unmanned helicopters and related components,

mid- and high-level fixed wings, specialty stealth materials, agricultural

machinery, UAV systems, platform mission payload and highly precise information

acquisition processing systems.

The unmanned helicopter project is a key research and development project of

the 60th Research Institute, and an important cooperative project for Jiangsu

Tianyu. The performance results for the unmanned helicopters developed by the

60th Research Institute, a research organization recognized for its superior

R&D capabilities, excelled in terms of model, range, load capacity and market

applications when compared to similar UAV vehicles developed by other

institutes and producers.

The Changzhou government has named the aviation industry as one of the 10 key

industry chains in the region, and a number of leading companies in the sector

have chosen Changzhou National Hi-Tech District as the location for their

operations, including Beijing General Aviation, China Aviation Supplies Holding

Company, New United Group, and Aero At.

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20160906/0861609118-a  

Jiangsu Tianyu Aviation Technology Co., Ltd. and the 60th Research Institute of

the General Staff Department of the Chinese People's Liberation Army inked a

cooperation agreement on August 18

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20160906/0861609118-b

Jiangsu Tianyu Aviation Technology Co., Ltd. registered on March 18th of this

year to set up a manufacturing and operations facility in Changzhou National

Hi-Tech District.

Source: Changzhou National Hi-Tech District Selected as Home for New Unmanned Helicopter Project

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中