ルノー・日産アライアンス、累計35万台の電気自動車を販売

ルノー・日産アライアンス

2016/9/14 10:48

AsiaNet 65711

ルノー・日産アライアンス、累計35万台の電気自動車を販売

EVのグローバルリーダーの地位を維持

・アライアンスは直近1年で10万台のEVを販売、8月に累計販売35万台を記録

・「日産リーフ」は累計23万台を販売する世界最量販EV

・ルノーはノルウェーで10万台目のEVを納車

・アライアンスEVは引き続き航続距離を伸ばし、更なるイノベーションを提供

ゼロ・エミッションモビリティのグローバルリーダーであるルノー・日産アライアンスは、2010年12月に「日産リーフ」を発売以来、累計35万台のEV販売を記録しました。

http://photos.prnewswire.com/prnh/20140130/666713-a

アライアンスは8月にこの歴史的なマイルストーンを達成するとともに、直近1年で10万台のEVを販売するという業界記録を打ち出しました。

アライアンスのEVは、世界で販売されたEVの半数を占めています。「日産リーフ」はグローバルで累計23万台以上を販売する業界最量販EVであり、ルノーは欧州で最も販売されているEVブランドとなっています。

「この歴史的なマイルストーンは、お客さまがルノーおよび日産のEVの利点を認めていることを証明しています。EVのフルラインアップを手頃な価格で提供し、ゼロ・エミッション社会の実現を目指す取り組みにより、ルノー・日産アライアンスは、EV技術における圧倒的なリーダーになっています」と、ルノー・日産アライアンス会長兼CEOのカルロス ゴーンはコメントしました。

ルノー・日産EVの歴史的マイルストーン

ルノー・日産アライアンスは、個人の使用からビジネスユースまで幅広いゼロ・エミッション車のラインアップを持つ世界唯一の自動車グループです。日産は、「日産リーフ」に加え、小型商用バン「e-NV200」を2014年から主に欧州および日本で販売しています。ルノーは、「ゾエ」の他に、バンの「カングーZ.E.」、セダンの「SM3 Z.E.」、市街地用2人乗り「トゥイジー」を販売しています。

日産は、現在までに世界48ヶ国・地域で累計25万台以上のEVを販売しています。「日産リーフ」の走行距離は27億キロメートル(17億マイル)を超え、約455,249,190 トン*1のCO2排出を削減したことになります。25万台のうち、米国、日本、欧州の3地域の合計で全体の90%を占めており、米国が97,000台と最も多く、次いで日本(68,000台)、欧州(61,000台)と続きます。

ルノーは、2011年10月に初のEV「カングーZ.E.」を発売以降、世界で累計10万台のEVを販売しました。このマイルストーンを記念しノルウェーで行われた式典では、欧州で最も売れているEVである「ゾエ」がお客さまに納車されました。今年上半期の販売台数は対前年比で32%増加し、ルノーは欧州で最も勢いのあるEVブランドとなっています。欧州の道路を走る電気自動車の4台に1台がルノー車です。

航続距離の延長と技術革新

アライアンスは、お客さまの期待やニーズに応えるべくEVの機能や航続距離を改良し続けており、ゼロ・エミッション技術の可能性を拡大しています。

日産は、航続距離250*2キロメートルの改良型の「日産リーフ」を、米国と日本では2015年11月に、欧州では今年初めに発売しました。

ルノーは、昨年、「ゾエ」に改良を施し、航続距離を30キロメートル伸ばし、充電時間を10%短縮しました。また、電気制御を最適化することでモーターの効率も向上させました。

アライアンスは、EVの専門知識と他の先進技術の研究開発を組み合わせることで今後も革新を続けます。アライアンスは、今年1月に、2020年までに自動運転技術を10モデル以上に採用する計画を発表しました。自動運転技術は今後、主要な量産車に手頃な価格で搭載され、アライアンスが目指す「ゼロ・エミッション」、「ゼロ・フェイタリティ」の実現に向けたコミットメントを確固たるものにしていきます。

以上

*1  日産のグローバルデータセンター(GDC)で集計された2016年8月現在のデータに基づく。走行距離とCO2の排出量は、テレマティクスシステムに登録された「日産リーフ」(グローバル累計販売台数の約53%)の走行データを集計したのもの。

*2 新欧州ドライビングサイクル(NEDC)に基づく。日本の「JC08モード」では280km。

お問い合わせ先:

日産自動車株式会社 グローバルコミュニケーション本部

Tel:045-523-5521(企業)/5553(商品)/5520(IR)

https://newsroom.nissan-global.com (プレス情報)

www.nissan-global.com/JP/IR/ (IR情報)

読者からのお問い合わせ・ご相談は「お客さま相談室」

0120-315-232 (携帯・PHS対応) 

9:00-17:00(年末年始を除く)

お問い合わせ・ご相談内容につきましては、お客さま

対応や品質向上のために記録し活用させて頂きます。

(日本語リリース:クライアント提供)

Renault-Nissan Alliance Hits Milestone of 350,000 Electric Vehicles Sold, Maintains Position as Global EV Leader

PR65711

PARIS and YOKOHAMA, Sep. 13 /PRNewswire=KYODO JBN/ -

    - Alliance reaches historic EV milestone in August with 100,000 EVs sold in

one year

    - Nissan LEAF remains world's most popular electric vehicle with more than

230,000 units sold

    - Renault delivers its 100,000th EV to a customer in Norway

    - Alliance's EV offering continues to improve with extended range of

batteries and more innovations

    The Renault-Nissan Alliance, the world's leader in zero-emissions mobility,

has sold its 350,000th electric vehicle since December 2010, when the Nissan

LEAF went on sale.

     Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140130/666713-a

     The Alliance achieved the historic milestone in August, while also setting

an industry record of 100,000 EVs sold in a single year.

    The Alliance today accounts for half of the EVs sold worldwide. The Nissan

LEAF remains the industry's best-selling EV ever, with more than 230,000 units

sold globally. Renault is the best-performing EV brand in Europe.

    "This historic milestone confirms our customers' recognition of the

benefits of Renault and Nissan electric vehicles," Alliance Chairman and CEO

Carlos Ghosn said. "Our commitment to contribute toward a zero-emissions world

by bringing to the market a full range of affordable EVs makes Renault-Nissan

the indisputable leader in EV technology."

    Historic milestones for Nissan and Renault

    The Renault-Nissan Alliance is the only global car group with a wide range

of zero-emission vehicles for personal and business use. In addition to the

LEAF, Nissan also sells the e-NV200, a light commercial vehicle sold mainly in

Europe and Japan since 2014. Along with the ZOE, Renault also sells the Renault

Kangoo Z.E van, the SM3 Z.E. sedan and the Twizy, a two-seat, urban commuter

vehicle.

    To date, Nissan has sold more than 250,000 EVs in 48 markets globally. The

Nissan LEAF has driven more than 2.7 billion kilometers (1.7 billion miles),

helping prevent an estimated 455,249,190 tons of CO2 from entering the

atmosphere(1). The United States, Japan and Europe accounted for 90 percent of

LEAF sales, with the U.S. leading the way with about 97,000 sales, followed by

Japan (68,000) and Europe (61,000).

    Renault reached the 100,000 EV milestone worldwide since its first model,

the Kangoo Z.E., went on sale in October 2011. The milestone was marked with a

ceremony in Norway, where a customer took delivery of a Renault ZOE. ZOE is the

best-selling EV in Europe, and,  with sales increasing 32 percent during this

first six months of this year, Renault is the best-performing EV brand in

Europe: One of four electric vehicles on European roads are Renault.

    Driving range increase and technology innovations

    The Alliance keeps improving the range and features of its EV fleet,

pushing the boundaries of what is possible with zero-emissions technology to

meet customer expectations and needs.

    Nissan launched the updated Nissan LEAF with 250 kilometers of range(2) in

the United States and Japan in late 2015, and in Europe earlier this year.

    Renault last year improved the ZOE's range by 30 kilometers with 10 percent

faster charging times. Renault's engineers improved the motor's efficiency by

optimizing its electronic management system.

    The Alliance continues to innovate by combining its EV expertise with the

research and development of other advanced technologies. In January, the

Alliance announced plans to launch more than 10 vehicles with autonomous drive

technology by 2020. The technology will be installed on mainstream, mass-market

cars at affordable prices, confirming the Alliance's commitment to achieve its

twin goals of zero-emissions and zero-fatalities.

    ABOUT THE RENAULT-NISSAN ALLIANCE

    The Renault-Nissan Alliance is a strategic partnership between Paris-based

Renault and Yokohama, Japan-based Nissan, which together sell one in 10 cars

worldwide. The companies, which have been strategic partners since 1999, sold

8.5 million cars in nearly 200 countries in 2015. The Alliance also operates

strategic collaborations with other automakers, including Germany's Daimler,

China's Dongfeng, and Japan's Mitsubishi Motors. The Alliance has a majority

stake in the joint venture that owns Russia's top automaker, AVTOVAZ.

    blog.alliance-renault-nissan.com

    http://www.media.renault.com

    http://www.nissan-newsroom.com

    (1) Total figures based on Nissan's Global Data Center (GDC) as of August

2016. The distance and the amount of CO2 are only collected from those Nissan

LEAF EVs registered in the telematics system],[ which account for approximately

53% of total global sales (average projection.

    (2) New European Driving Cycle (NEDC) value.

    Contacts:

    Aline Henry

    Renault-Nissan Alliance

    +33(0)6-03-09-54-97

    aline.henry@renault-nissan.com

    Celine Farissier

    Renault SAS

    +33(0)6-35-14-22-75

    Celine.farissier@renault.com

    Akihiro Nakanishi

    Nissan Motor Co., Ltd

    +81(0)45-523-5549

    akihiro-nakanishi@mail.nissan.co.jp

    SOURCE: Renault-Nissan Alliance

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中