最新の国連調査は政府および企業がデジタル経済を構築する10の具体策を提示

ベター・ザン・キャッシュ・アライアンス

2016/9/23 14:10

最新の国連調査は政府および企業がデジタル経済を構築する10の具体策を提示

AsiaNet 65835(1197)

【ニューヨーク2016年9月22日PR Newswire=共同通信JBN】

*25カ国から収集した証拠は政府および企業が現金離れする方策を初めて提示するとともに、マッキンゼー・グローバル・インスティテュートはGDPを37兆ドル押し上げる可能性があると明らかにした

国連組織のベター・ザン・キャッシュ・アライアンス(Better Than Cash Alliance)の最新リポート(https://www.betterthancash.org/tools-research/reports/accelerators-to-an-inclusive-digital-payments-ecosystem )は、現金支配の経済に見切りをつけ、決済のデジタル化を取り入れるために政府および企業が採用することができる10の具体策を提示した。

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20120919/CG77018LOGO

マッキンゼー・グローバル・インスティテュートはデジタルファイナンスが2025年にはGDPを37兆ドル押し上げ、9500万人の新規雇用を創設し、新興諸国で年間1100億ドルの漏損を節約できるとの予測を発表した同じときに、この最新リポート(http://www.mckinsey.com/global-themes/employment-and-growth/how-digital-finance-could-boost-growth-in-emerging-economies )も公開された。

現金からデジタル決済に移行するメリットを裏付ける多数の証拠があるが、その実行は政府だけで行うには困難である。その理由の1つは、デジタル決済が幅広く利用可能な経済の構築に成功するには、公共および民間セクターにおける多数のプレーヤー間の協力が必要だからである。

ベター・ザン・キャッシュ・アライアンスの調査はインド、ナイジェリア、タンザニア、ガーナ、ブラジル、メキシコをはじめとする25カ国を対象にした。調査で明らかになったことは、デジタル決済が広く利用できる経済の構築を推進する際に大きな影響を与えると常に実証された10の「アクセラレーター」ないしは行動である。

ベター・ザン・キャッシュ・アライアンスのマネジングディレクターであるルース・グッドウィン・グローン博士は「万人向けのデジタルファイナンスに関する最新のマッキンゼー・グローバル・インスティテュートの調査は、新興諸国の指導者がデジタル決済が広く利用可能になる経済を構築するためすぐに行動を起こす気にさせる。われわれもこの日、政府および企業が現金を迅速に放棄する方法を示す調査をリリースした。デジタル経済を構築することは極めて大掛かりな取り組みとなるが、新しいデータが示すように、それは完全に達成可能であり、インククルーシブな成長を推進し、人々が貧困から脱出することに役立つ」と語った。

このリポートはデジタル決済への移行がますます重要になっていることも強調している。リポートで集められたデータはデジタル決済がもたらすメリットの根拠を以下のように指摘している。

*インドは燃料補助金をデジタル化し決済漏損を削減することで20億米ドルを毎年節約している。

*タンザニアでは、港湾事業から政府への支払いのデジタル化で年間収益漏損を1億7500万米ドル削減し、GDPを最大18億米ドル押し上げる可能性がある

*ブラジルは政府から国民への支払いにおいて、取引費用を30%以上削減した。

*2万台のポイントオブセール(POS)機器を設置した結果、メキシコは2014年から2015年の間にこの種の取引で17%の成長率を体験した。

この証拠を分析することによって、その他の諸国がお金を節約し、税収入を高め、さらに市民の生活向上の機会を高めるイニシアチブを促進する方法に関して10の行動が見つかった。

その10のアクセラレーターは以下の通り。

1.極小、小規模、中規模の企業の小売の支払い受取インフラストラクチャーを進展させ、消費者と大型支払者の利用を深める

2.既存のネットワークないしはプラットフォームを活用し、デジタル決済製品とサービスを提供し、デジタル決済サービスをより迅速かつコストを低減する方法で拡大する

3.プレーヤーのための共通のデジタル・インフラストラクチャーを構築し、参入障壁を削減し、公共および民間の両機関でイノベーションを推進する

4.相互運用性を確立して、デジタル取引を単一の決済プラットフォームに限定する障壁を削減し、導入および決済受け入れを高める

5.公共および民間セクターのプレーヤーの双方が身元確認のために利用できる独自の身分証明プログラムを開発し、デジタル決済とフィナンシャル・インクルージョン(金融包摂)を推進できる。消費者保護のフレームワークは、適切なプライバシー、セキュリティー、データコントロールを保証するためには不可欠である

6.個人が取引に頻繁に利用する使用例をデジタル化することは、デジタル決済の快適さを向上させるとともに取引量も増加させる

7.政府決済をデジタル化して、取引費用を節約し決済への国民の利用を増進することによってデジタル決済エコシステムを推進する

8.政府収入をデジタル化して、個人および企業のデジタル決済に関する快適さを促進し、結果として漏損を軽減して、収益を押し上げる。民間セクターとの協力がカギとなる

9.既存の規則のギャップと障壁を理解し、すべての関係者を取り込むことによってイノベーションおよび責任ある慣習を奨励する規則を制定する

10.デジタル決済を奨励し、その便利さを向上させる政策を履行し、デジタル決済をより速く推進し、広範なアクセスおよび導入を推進する

これらのアクセラレーターを理解することは、政府が適切な市場における知見を最適な形で応用するためにカスタム化したアプローチを開発することに役立つ。このリポートはツールキットが付属しており、政策立案者および主要関係者がこのプログラムを開発する際に特に役立つ。

ベター・ザン・キャッシュ・アライアンスは政府、企業、国際組織の連合体であり、貧困を減らし、インクルーシブな成長を推進するため、現金からデジタル決済への移行を加速させている。国連資本開発基金(UNCDF)は事務局を務めている。

詳細はウェブサイトhttp://www.betterthancash.org を参照、または@BetterThan_Cash(https://twitter.com/BetterThan_Cash )でフォローを。

ソース:Better Than Cash Alliance

▽問い合わせ先

Angela Corbalan

Head of Communications

angela.corbalan@uncdf.org

(+1) 917 224 9109

New United Nations Study Maps Top 10 Ways Governments and Companies Can Create Digital Economies

PR65835

NEW YORK, Sept. 22, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

--For the first time, new evidence from 25 countries shows how governments and

companies can move away from cash, as McKinsey Global Institute reveals a

potential $3.7 trillion GDP boost

A new report (

https://www.betterthancash.org/tools-research/reports/accelerators-to-an-inclusive-digital-payments-ecosystem

) from the United Nations-based Better Than Cash Alliance unveils ten tangible

steps governments and companies can take to leave behind a cash-dominant

economy and embrace digitization of payments.

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20120919/CG77018LOGO

The new report comes just as McKinsey Global Institute released projections (

http://www.mckinsey.com/global-themes/employment-and-growth/how-digital-finance-could-boost-growth-in-emerging-economies

) that digital finance could lead to a $3.7 trillion GDP boost by 2025, create

95 million new jobs across all sectors, and save $110 billion annually in

leakages in emerging countries.

There is a large amount of evidence supporting the benefits of transitioning

from cash to digital payments, but implementation is often difficult for

governments to do on their own. This is in part because successfully creating

an economy where digital payments are widely available requires a collaborative

approach between many players in the public and private sectors.

The Better Than Cash Alliance research studied 25 countries, including India,

Nigeria, Tanzania, Ghana, Brazil, and Mexico, among others. What emerged were

ten 'accelerators' or actions that regularly proved to make a strong impact in

advancing the creation of economies where digital payments are widely

available.

"The new McKinsey Global Institute study on digital finance for all should

inspire emerging countries' leadership to move quickly on creating economies

where digital payments are widely available," said Dr. Ruth Goodwin-Groen,

Managing Director of the Better Than Cash Alliance. "We also released a study

today that shows how governments and companies can rapidly shift away from

cash. Building a digital economy can take significant work, but as the new data

shows, it is completely achievable and will drive inclusive growth, helping

people lift themselves out of poverty."

This report also highlights the ever increasing importance of transitioning to

digital payments. The data compiled in the report provides evidence of the

benefits that digital payments bring, including:

    --India saves US $2 billion every year by digitizing fuel subsidies also

      reducing payment leakages.

    --In Tanzania, the digitization of port business-to-government payments

      trimmed US $175 million in annual revenue leakages and has the potential

      to boost GDP by up to US $1.8 billion.

    --Brazil saved over 30 percent in transaction costs in government to

      people disbursements.

    --As of result of installing 20,000 point-of-sale devices, Mexico

      experienced a 17 percent growth rate in this type of transactions

      between 2014 and 2015.

The analysis of the evidence has led to identifying 10 actions on how other

countries can accelerate their initiatives to save money, raise tax revenue,

and increase opportunities for their citizens to lead better lives.

The 10 accelerators are:

    1. Promote merchant acceptance infrastructure across micro, small, and

       medium enterprises to deepen usage among consumers and larger payers

       alike.

    2. Leverage existing networks or platforms to deliver digital payment

       products and services to extend digital payment services more quickly

       and in a way that lowers the cost.

    3. Establish a shared digital infrastructure for players to reduce

       barriers to entry and promote innovation, both in public and private

      institutions.

    4. Establish interoperability to reduce barriers that confine digital

       transaction to a single payment platform to increase adoption and

       payments acceptance.

    5. Develop a unique identification program that both public and private

       sector players can access to verify identities can drive digital

       payments and financial inclusion. Consumer protection frameworks are

       essential to ensure adequate privacy, security, and data control.

    6. Digitize routine use cases that individuals frequently use for

       transactions can increase comfort with digital payments and increase

       digital transaction volumes.

    7. Digitize government payments to advance a digital payments ecosystem by

       saving transaction costs and increasing civilian access to payments.

    8. Digitize government receipts to promote comfort with digital payments

       among individuals and businesses, and ultimately reduces leakages and

       boosts revenues. Collaboration with private sector is key.

    9. Establish regulation that promotes innovation and responsible

       practices, by understanding the gaps and barriers of existing

       regulation, and engaging all stakeholders.

    10.Implement policies that incentivize and improve the convenience of

       digital payments to drive faster and more widespread access and

       adoption of digital payments.

Understanding these accelerators will help governments develop tailored

approaches to best apply this knowledge in their appropriate markets. The

report is accompanied with a toolkit to specifically help policymakers and

important stakeholders to develop such programs.

The Better Than Cash Alliance is a global partnership of governments,

companies, and international organizations that accelerate the transition from

cash to digital payments in order to reduce poverty and drive inclusive growth.

The United Nations Capital Development Fund serves as the secretariat.

To learn more, visit www.betterthancash.org, follow @BetterThan_Cash

(https://twitter.com/BetterThan_Cash ).

SOURCE: Better Than Cash Alliance

CONTACT:  Angela Corbalan, Head of Communications, angela.corbalan@uncdf.org,

(+1) 917 224 9109

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中