ウィーンにおける部屋賃貸の新法制:ウェブ・プラットフォームにも届出義務

Vienna Tourist Board

2016/10/4 11:18

ウィーンにおける部屋賃貸の新法制:ウェブ・プラットフォームにも届出義務

AsiaNet 65996

ツーリズムにおけるフェアプレー:ウィーンでは法改正により、ホテル営業かプライベートかを問わず、旅行者のための部屋あるいはアパートメント賃貸の場合、届出が義務付けられています。賃貸者は、部屋賃貸に関する全てのデータを、納税義務点検のため提出しなければなりません。これは、ウェブサイトにおける部屋仲介プラットフォームにも適用されます。

ウィーン観光事業促進法令は、宿泊税徴収を中心とする観光事業の諸条件を規定しています。ウィーンにおける宿泊税は、宿泊料からの純収益の3.2%と定められ、ホテル営業かプライベートかを問わず、実際に宿泊した旅行者から支払われます。9月30日のウィーン州議会で決議された法改正では、次のように定められています。宿泊施設提供者は、旅行者に賃貸する全ての宿泊施設の所在地を、2週間以内に市に届け出ねばなりません。これによって市は、正しく納税されているかをコントロールします。同様にウェブサイトの部屋仲介プラットフォームも、提供者の個人情報とアドレスを公表することが義務付けられています。納税を怠った部屋賃貸者への罰金は2100ユーロへと引き上げられました。これに伴ってウィーン市は情報キャンペーンを行っています。

ウィーン市観光局ノルベルト・ケットナー局長は、法改正について次のように語っています。「シェアリングエコノミーに関するウィーンの信条は『妨げるのではなくフェアプレイ』ということです。明快な法制によってウィーンは、透明で公正な市場競争の基盤を確立するとともに、これまでグレーゾーンに存在していた部屋賃貸者にも法的安全性を提供しています。ウィーンはツーリズム部門のオファー多様化を支持すると同時に、全ての部屋賃貸者に同等の法制を提供しなければなりません。それはツーリズム市場への全参入者に同等の法制と同等の税額を保証するものであり、宿泊税は観光事業促進への資金となります」。

お問合せ先:

Vienna Tourist Board

ウィーン市観光局

Isabella Rauter

イザベラ・ラウター

Tel. +43 /1/211 14-301

E-Mail: media.rel@vienna.info

(日本語リリース:クライアント提供)

Room Rentals: Vienna to Make Reporting Compulsory for Web Platforms

PR65996

VIENNA, Oct. 3, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

      Fair play in the tourism industry: Vienna has issued an amendment making

reporting compulsory for anybody renting out accommodations to visitors - no

matter whether commercially or privately. With immediate effect, landlords will

be obliged to provide all data necessary to establish any tax liability.

Compulsory reporting will also apply to room rental platforms on the internet.

    The provincial government of Vienna regulates conditions for the tourist

industry - including a local accommodation tax - by the Vienna Tourism

Promotion Act. This tax amounts to 3.2% of the net cost of accommodation, is

paid by the guest, and applies to both commercial and private accommodations.

The amendment passed on September 30 now stipulates that landlords must provide

the city with the addresses of all accommodations used by tourists within two

weeks so that the latter can ensure that the tax is paid correctly. Room rental

platforms will also be obliged to provide data identifying providers as well as

the addresses of their rented accommodations. The penalty for landlords failing

to meet their tax liabilities has been increased to 2,100 euros. At the same

time, Vienna has also launched a wide-ranging information campaign.

    "Vienna's credo when it comes to sharing economy is: fair play rather than

prevention. Thanks to this legal clarification, Vienna has now created the

basis for transparent competition as well as legal certainty for accommodation

providers previously operating in a grey area. Vienna is committed to the

diversification of its tourism offerings, but the same rules must also apply to

all market players: the same rules, and the same taxes for all those benefiting

from the tourism advertising financed by the local accommodation tax," Vienna's

Director of Tourism Norbert Kettner welcomes the amendment.

Enquiries:     

Vienna Tourist Board     

Isabella Rauter     

Tel.:+43-1-21114-301     

media.rel@vienna.info

SOURCE: Vienna Tourist Board

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中