Inneos の光エクステンダーがUHDの常識を変えました

Inneos

2016/10/4 17:25

Inneos の光エクステンダーがUHDの常識を変えました

AsiaNet 66008

コンシューマー機器対応の SH51-03A HDMI(TM) エクステンダーによる
伝送画像は他の追随を許しません

2016年10月4日 東京発:光ファイバーによるビデオ伝送機器メーカーの業界リーダー、Inneos, LLCは、本日CEATECにてSH51-03A を発表致します。この新製品は、コンシューマー機器対応の光エクステンダーで、HDRやその他の先端機能をサポートし、1本の光ファイバーでHDMI(TM) 4K60、4:4:4 カラー画像を300メートル以上の距離下でも画質の劣化なく伝送する能力を備えています。

この製品は、今日の4K画像品質のデータを犠牲にすることなくシステムに組込みたいインストーラ企業のお客様にプラグアンドプレイ (PnP) でのソリューションを提供します。

「お客様は、4K画像品質を保つために多額の出費をするのですから、何らの品質劣化もなくすべての画像情報が再現できるべきですよ」と、Inneos のマーケティング部長であるマーティン・スミスは語ります。「ソースからそれなりに距離が離れた場所で画像を受信するわけで、お客様はそのために高度の画像システムに投資をされているわけですから、圧縮やクロマサブサンプリングを使用することで画像データの半分も犠牲にせねばならないとなるとさぞがっかりされることでしょう」とスミスは続ける。さらに「弊社は、HDMI(TM)で本来定義されている品質で見る実感を味わっていただけるソリューションを提供できることを誇りに思います。帯域幅はInneosは画像業界の中で最高度の標準を達成しています。」

画像伝送のソリューションを光ファイバーで提供する他の製造メーカーは、4Kの帯域幅の条件達成で苦労しており、その問題解決のために複数の光ファイバーにしたり、クロマサブサンプリング、あるいは圧縮を使用してコストをかけてシステムを複雑化しています。一方、Inneosの製品は、特許のCWDM技術に基づくもので、4K、8K、それ以上の解像度に対し、増加の一途をたどるスループットを1本の光ファイバーでソリューションを提供するものです。


###
Inneos社について
 最先端のオプトエレクトロニクス技術をもち、1990年代よりCWDM (Coarse Wave Division               Multiplexing = 波長分割多重技術) によって一本の光ファイバー (マルチモードファイバー) で画
像圧縮することなく長距離伝送を行う製品を提供し続けている業界のリーダー。


日本でのお問合せ先:
 大阪工機株式会社 光システム営業部 東京光システム営業課
 担当 岡本 篤 Email:okamotoa@osk-k.co.jp 
 住所:〒142-0051 東京都品川区平塚2-5-2 アドバンテック品川ビル  
 TEL:81+3-3788-3969 / FAX: 81+3-3788-3944
 URL:www.osk-k.co.jp

(日本語リリース:クライアント提供)


Inneos Transforms the UHD Experience with Optical Extender

PR66008

TOKYO, Oct. 4, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --
              Consumer-ready SH51-03A HDMI(TM) Extender Delivers
                           What Other Solutions Can't


Inneos, LLC, the industry leader in Video over Fiber transport, today at the
CEATEC tradeshow, introduced the SH51-03A.  The new product is a consumer-ready
optical extender capable of delivering HDMI(TM) 4K60, 4:4:4 color with support
for HDR and other advanced features on a single fiber, over 300 meters without
using compression.

Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20161004/414863
Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20150615/223130LOGO

The device offers a plug-and-play solution for installers who don't want to
sacrifice data within today's 4K systems.

"You paid a lot of money for that 4K video, so you should be able to watch ALL
of it," says Martin Smith, Inneos' Director of Marketing.  "Our customers who
invest in advanced video systems are disappointed when they have to throw away
half the video data through compression or chroma-subsampling  to see their
video a meaningful distance from the source," says Smith.  "We are proud to
offer a solution that allows users to experience HDMI(TM) the way it was meant
to be viewed.  When it comes to bandwidth, Inneos achieves the highest standard
in the video industry."  

While other manufacturers of video fiber solutions are struggling with the
bandwidth requirements of 4K, adding the cost and complexity of multiple
fibers, or compromising by using chroma subsampling or even compression to
solve the problem, Inneos products, based on patented CWDM technology, are well
positioned to offer ever-increasing throughput on a single fiber for 4K, 8K and
beyond.

About inneos
Leaders in Coarse Wave Division Multiplexing technology for sending
uncompressed video great distances over a single, MultiMode Fiber, inneos has
been engineering advanced optoelectronic designs since the 1990's.


SOURCE Inneos

CONTACT:  Atsunori Okamoto, e-mail: okamotoa@osk-k.co.jp, OSAKA KOHKI CO., LTD,
Optical system sales department, ADD: 142-0051 2-5-2 Advantec Shinagawa bldg,
2-5-2, Hiratsuka, Shinagawa-ku, Tokyo 142-0051 Japan, TEL
/FAX: 81+3-3788-3969/81+3-3788-3944, URL: http://www.osk-k.co.jp/

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中