Multisorbがインド製薬会社支援のためハイデラバードに新製造施設建設を発表

Multisorb Technologies

2016/10/5 14:13

Multisorbがインド製薬会社支援のためハイデラバードに新製造施設建設を発表

AsiaNet 66018 (1259)

【バッファロー(米ニューヨーク州)、ハイデラバード(インド)2016年10月5日PR Newswire=共同通信JBN】活性包装技術の世界リーダーであるMultisorb Technologies (http://www.multisorb.com )は5日、インド・テランガーナ州ハイデラバードに新しい製造施設を建設すると発表した。

 Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20161004/415060

新たな施設は外国からの直接投資を通じて建設され、ハイデラバード中心部から約25キロ南方のラジブ・ガンジー国際空港にあるGMR Aerospace Parkに設置される。

施設は約4000平方メートルの広さで、クリーンルーム環境にMultisorbの最先端製造処理施設が入居する。同施設は、Multisorbのすべての製造サイトと同様に、米食品医薬品局(FDA)のCGMP(医薬品適性製造基準)基準(連邦規制基準第21章第210-211条)に準拠している。

Multisorb Technologiesのエリック・アーメナート最高経営責任者(CEO)は「インドにおける当社の投資は、インドの製薬メーカーに対する当社の継続的コミットメントを反映している。われわれはインド国内で製造し、『Make in India(インドで製造する)』プログラムに参加することを通じて、顧客との関係を次の段階に持っていくことを非常に喜んでいる」と語った。

Multisorb Technologies India Pvt. Ltd.のゼネラルマネジャーであるラクシュミカント・カイタン氏が、新しいハイデラバード施設を率いる。

カイタン氏は「Multisorbの吸着材と補完的な調剤技術は、過去15年にわたりインドで業界基準になっている。当社顧客はこれから、より低額の出荷コストでこれら技術を利用できるようになる」と語った。

Multisorbのアドリアン・ポッスマト副社長(ヘルスケア・パッケージング担当)は「インドは長年にわたり、世界的な医薬品製造センターであった。われわれは地域の製造コミュニティーに加わり、ハイデラバード施設から直接、Efficiencysmプログラムを通して成功をサポートすることによって、インドにおける当社の役割を拡大することを喜んでいる」と語った。

Multisorbはハイデラバード施設で、DMFサポート製品を製造する計画である。それら製品は、乾燥剤と吸着剤パケットであるStripPax(R)(http://www.multisorb.com/products-and-systems/strippax-sorbent-andor-desiccant-packet )、水分(湿気)調整パケットのIntelliSorb(R)(http://www.multisorb.com/products-and-systems/intellisorb-advanced-solutions-moisture-regulation )、酸素吸収パケットのStabilOx(R)(http://www.multisorb.com/products-and-systems/stabilox-system-featuring-stabilox-oxygen-absorbing-packets- and-stabilox-packet-dispenser )など。同社は2017年第4四半期中に、この施設で対顧客品質システム監査を実施し、2018年第1四半期にはハイデラバード施設からインドの顧客への供給を開始する見込みである。

▽Multisorb Technologiesについて

Multisorb Technologiesは50年余りにわたり、吸着剤技術のイノベーターである。水分作用による損害から製品を守るため、ジョン・S・カレン氏によって1961年に創設されたMultisorbは今日、活性包装部品の開発と製造の世界的リーダーである。

Multisorbの本社オフィスは以下の通り。

325 Harlem Road Buffalo, New York 14224 USA

ソース:Multisorb Technologies

▽問い合わせ先

Phone (International): +1.716.824.8900,

Phone (North America): +1.888.SORBENT (767.2368),

Fax: +1.716.824.4128,

E-mail:info@multisorb.com,

Website: www.multisorb.com

Multisorb Announces Hyderabad Manufacturing Site to Support Indian Pharmaceutical Industry

PR66018

BUFFALO, N.Y. and HYDERABAD, India, Oct. 5, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Multisorb Technologies (http://www.multisorb.com/ ), the world leader in active

packaging technology, is pleased to announce the construction of a new

manufacturing facility in Hyderabad, Telangana, India.

Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20161004/415060

The new facility, made via foreign direct investment, will be located in the

GMR Aerospace Park at the Rajiv Gandhi International Airport approximately 25

kilometers south of Hyderabad city center.

Approximately 4,000 square meters in size, the facility will house Multisorb's

state-of-the-art manufacturing processes in a clean room environment. As with

all Multisorb manufacturing sites, it will be compliant to the United States

FDA's CGMP standards (21 CFR Parts 210-211).

"Our investment in India reflects Multisorb's continuing commitment to Indian

pharmaceutical manufacturers", said Eric Armenat, CEO of Multisorb

Technologies. "We're very pleased to take our relationship with our customers

to the next level via local manufacturing and participating in Make in India

program", Armenat added.

Laxmikant Khaitan, General Manager of Multisorb Technologies India Pvt. Ltd.,

will lead the new Hyderabad site.

"Multisorb's advanced sorbent and complementary dispensing technologies have

become the industry standard in India over the past 15 years. Our customers

will now enjoy these technologies at a lower landed cost", stated Khaitan.

"India has been a global pharmaceutical manufacturing center for a number of

years", advised Multisorb's Adrian Possumato, Vice President of Healthcare

Packaging. "We are pleased to expand our role in India by joining the local

manufacturing community and supporting our Success through Efficiencysm program

directly from our Hyderabad site", added Possumato.

Multisorb plans to manufacture its DMF-supported products in its Hyderabad

facility including StripPax(R) desiccant/sorbent packets (  

http://www.multisorb.com/products-and-systems/strippax-sorbent-andor-desiccant-packets/

), IntelliSorb(R) moisture regulating packets (

http://www.multisorb.com/products-and-systems/intellisorb-advanced-solutions-moisture-regulation/

), and StabilOx(R) oxygen absorbing packets (

http://www.multisorb.com/products-and-systems/stabilox-system-featuring-stabilox-oxygen-absorbing-packets-and-stabilox-packet-dispenser/

). It expects to host customer quality system audits of the site during Q4-2017

and begin supplying Indian customers from the Hyderabad site in early Q1-2018.

Multisorb Technologies

Multisorb Technologies has been an innovator in sorbent technology for over 50

years. Founded in 1961 by John S. Cullen to protect products against the

damaging effects of moisture, today Multisorb is the world leader in the

development and production of active packaging components.

Multisorb's corporate offices are located at:

325 Harlem Road

Buffalo, New York 14224 USA

SOURCE:  Multisorb Technologies

CONTACT: For more information contact: Phone (International): +1.716.824.8900,

Phone (North America): +1.888.SORBENT (767.2368), Fax: +1.716.824.4128, E-mail:

info@multisorb.com, Website: www.multisorb.com

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中