「乗換案内」と「GPSによる現在地表示機能付き絵地図」が連携し訪日客向け観光案内サービスを提供

ジョルダン

2016/10/7 09:05

2016/10/7

ジョルダン株式会社

「乗換案内」と「GPSによる現在地表示機能付き絵地図」が連携し訪日客向け観光案内サービスを提供

 ジョルダン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤 俊和)が提供する法人向け乗換案内サービスは、株式会社ATR Creative (本社:京都府相楽郡精華町、代表取締役社長:高橋 真知)の提供する「GPS による現在地表示機能付き絵地図」と連携し、訪日客向け観光案内サービスの提供を開始致しました。

 「GPS による現在地表示機能付き絵地図」はイラスト地図上で従来のデジタル地図と同様に、GPSによる現在地表示を可能にしたもので、これまで、自治体などへ観光テーマ、エリア、シーズンに合わせたアプリケーションとして提供されてきました。

 

 今回、「乗換案内Biz」と連携することで、これまでの徒歩経路案内に加え、鉄道やバスなどの公共交通機関を利用した経路の案内も可能になりました。

 本連携サービスの提供第一弾として、2016年3月22日より「瀬戸内国際芸術祭2016 」のスマートフォン向け公式アプリへ、本サービスの提供を開始致しました。

 本アプリケーションでは、出発地から鉄道・フェリー・バス・徒歩を利用して、瀬戸内海の各島々に設置された作品までのルートを日本語・英語の 2 か国語で案内でき、初めて日本を訪れた外国人観光客でも不安を感じることなく会場を巡れるものとなっています。

 今後もジョルダンでは、国内外の利用者に、日本の公共交通機関を便利に快適に利用していただけるソリューションを展開して参ります。

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中