メルクが韓国に最先端のM Labコラボレーションセンターを開設

メルク

2016/10/6 16:56

メルクが韓国に最先端のM Labコラボレーションセンターを開設

AsiaNet 66041(1272)

【仁川(韓国)2016年10月6日PR Newswire=共同通信JBN】

*非GMP環境の前臨床から本格的な生産まで、顧客にサポートと協力を提供

*メルクの製品ポートフォリオ、技術的専門知識に実践的な顧客アクセス

*エンドツーエンド工程の開発全般に及ぶ製造シミュレーション

サイエンスとテクノロジーの大手企業であるメルク(Merck)(http://www.merckgroup.com/en/index.html )は6日、アジア有数の急成長バイオ工学ハブ、韓国・仁川の松島(ソンド)地区にM Lab(TM)コラボレーションセンター(http://www.merckmillipore.com/mlab )を開設したと発表した。センターはバイオ医薬品メーカーに、メルクの科学者、技術者と緊密に協力して最大の難問を解決し、新療法の開発・生産を加速できる共通の解析環境を提供する。

Video - http://origin-qps.onstreammedia.com/origin/multivu_archive/PRNA/ENR/Merck-Oct5.mp4

Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20161005/415619

Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20161005/415620

メルクの理事でライフサイエンス事業の最高経営責任者(CEO)でもあるウディット・バトラ氏は「韓国バイオ医薬品産業の急成長と費用効率が高い新療法に対する世界の需要があり、われわれのM Lab(TM)コラボレーションセンターのような革新的コンセプトには明確な必要性がある。仁川の新センターで顧客は、より速くて安全でかつてないほど効果的な薬品製造工程を開発するために、当社の深い技術的専門知識の恩恵を受ける」と語った。

新設のM Lab(TM)コラボレーションセンターはソウルの小規模施設にとって代わり、成長する韓国のバイオ医薬品市場のニーズに適している。最先端の新センターは模擬製造環境を擁し、エンドツーエンド工程の開発全般に及ぶサポートを提供する。また、顧客には、工程を開発、最適化、スケールアップし、国際的な技術移転を簡素化する最良実例と新手法に関する教育も行われる。

M Lab(TM)コラボレーションセンターは面積1865平方メートルで、高度な訓練を受けた科学者、技術者10人以上を抱え、サムスンバイオロジクス(Samsung BioLogics)のような多国籍企業から奇病や異種がん治療のバイオ医薬品を開発する新興企業まで、地元バイオ医薬品メーカーにサービスを提供する。

サムスンバイオロジクスの金泰漢CEOは「新しいM Lab(TM)コラボレーションセンターは韓国バイオ医薬品企業の従業員に技術サポートとトレーニングを施すうえで大きな役割を果たす。2018年までに520 KLのプラントを収容する世界最大のバイオ医薬品製造ハブとして急成長している松島への投資というメルクの決定は、松島バイオクラスター開発の重要な節目であり、仁川と韓国バイオ医薬品業界の将来の成長を加速するだろう」と話した。

仁川のM Lab(TM) コラボレーションセンターは世界各地にある同種センター9カ所の1つである。バイオ医薬品メーカーは各センターのおかげで、世界一流の専門家チームにアクセスし、生産性を上げて工程を改善し、リスクを軽減する新手法を見いだすことができる。顧客はサイジング・シミュレーションのツールと方法論、さらに分析・モデリングサポートにアクセスしている。従来の教室型トレーニングとインタラクティブな実践セッションを含む正式のバイオプロセス教育コースも開設される。

開所式にはシュテファン・アウアー駐韓ドイツ大使、欧州連合(EU)駐在代表のゲアハルト・サバティル博士、通商産業エネルギー省のパク・ソンタク投資政策局長、仁川広域市長の劉正福氏、仁川広域市コミッショナーのリー・ヨンゲン氏、E. Merck KG理事会長のフランク・シュタンゲンベルクハバーカンプ博士、メルク理事兼ライフサイエンス事業CEOのウディット・バトラ氏が出席した。

メルクの全てのニュースリリースは、メルクのウェブサイトで手に入ると同時に電子メールで配信される。オンライン登録、選択の変更、サービスの停止はwww.merckgroup.com/subscribe へ。

▽メルク(Merck)について

メルクはヘルスケア、ライフサイエンス、パフォーマンスマテリアルズの分野におけるサイエンスとテクノロジーの大手企業である。がんや多発性硬化症を治療するためのバイオ医薬品療法から、科学研究と生産に関する最先端システム、スマートフォンや液晶テレビ向けの液晶材料に至るまで、約5万人の従業員が暮らしをより良くする技術の一層の進歩を目指している。メルクは2015年、66カ国で128億5000万ユーロの売上高を計上した。

メルクは1668年に創業され、世界で最も歴史の長い医薬・化学品会社である。創業家は今でも上場企業が率いるグループの株式の過半数の所有している。メルクの名称およびブランドのグローバルな権利は、同社が保有している。唯一の例外は米国とカナダで、両国では同社はEMDセローノ、ミリポアシグマ、EMDパフォーマンスマテリアルズとして事業を行っている。

ソース:Merck

Merck Unveils New State-of-the-Art M Lab(TM) Collaboration Center in Korea

PR66041

INCHEON, South Korea, Oct. 6, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-- Provides customer support and collaboration from pre-clinical through

full-scale production in a non-GMP environment

-- Hands-on customer access to Merck's product portfolio, technical expertise

-- Manufacturing simulations encompass full end-to-end process development

Merck ( http://www.merckgroup.com/en/index.html ), a leading science and

technology company, today announced the opening of an M Lab(TM) Collaboration

Center ( http://www.merckmillipore.com/mlab ) in the Songdo district of

Incheon, Korea, one of the fastest growing biotech hubs in Asia. The center

provides biopharmaceutical manufacturers with a shared, exploratory environment

where they can closely collaborate with Merck scientists and engineers to solve

their toughest challenges and accelerate development and production of new

therapies.

Video -

http://origin-qps.onstreammedia.com/origin/multivu_archive/PRNA/ENR/Merck-Oct5.mp4

Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20161005/415619

Photo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20161005/415620

"With a rapidly growing biopharmaceutical industry in Korea and demand for

novel and cost-effective therapies worldwide, there is a clear need for

innovative concepts like our M Lab(TM) Collaboration Centers," said Udit Batra,

Member of the Merck Executive Board and CEO, Life Science (

http://www.merckgroup.com/en/products/life_science/life_science.html ). "At our

new center in Incheon, our customers will benefit from our deep technical

expertise to develop processes for manufacturing drugs faster, safer and more

effectively than ever before."

The new M Lab(TM) Collaboration Center replaces a smaller facility in Seoul and

will better suit the needs of Korea's growing biopharmaceutical market. The

new, state-of-the-art center will include a simulated manufacturing environment

and offer full end-to-end process development support. In addition, education

on best practices and new approaches to develop, optimize and scale-up

processes and simplify global technology transfer will be available to

customers.

With 1,865 square meters of space and more than ten highly trained scientists

and engineers, the M Lab(TM) Collaboration Center will serve local biopharma

manufacturers, spanning the spectrum from multinational organizations like

Samsung Biologics to emerging companies developing biologics to treat rare

diseases or different types of cancer.

"The new M Lab(TM) Collaboration Center will play a great role in providing

technical support and training of Korean biopharmaceutical employees," said TH

Kim, CEO of Samsung BioLogics. "Merck's decision to invest in Songdo, fast

growing as world largest biologics manufacturing hub with 520 KL of plant

capacity by 2018, represents a significant milestone in the development of the

Songdo Bio Cluster, which will accelerate the future growth of Incheon as well

as Korean Biopharmaceutical industry."

The new M Lab(TM) Collaboration Center in Incheon is one of nine such centers

around the world. Each center allows pharmaceutical manufacturers to explore

new ways to increase productivity, improve processes and mitigate risks by

giving them access to a world-class team of experts. Customers have access to

sizing and simulation tools and methodologies as well as analytical and

modeling support. Formal bioprocessing educational courses are also available,

including traditional classroom-style training and interactive, hands-on

sessions.

The inauguration ceremony was attended by Stephan Auer (German Ambassador),

Prof. Dr. Gerhard Sabathil (Ambassador & Head of Delegation of the European

Union to the Republic of Korea), Seung Tack Park (Director General for

Investment Policy, Ministry of Trade, Industry and Energy), Dr. Jeong Bok Yoo

(Mayor of Incheon Metropolitan City), Young Geun Lee (Commissioner, Incheon

City government), Dr. Frank Stangenberg-Haverkamp (Chairman of the Executive

Board and the Family Board, E. Merck KG) and Dr. Udit Batra (Member of the

Merck Executive Board and CEO, Life Science).

All Merck news releases are distributed by email at the same time they become

available on the Merck website. Please go to www.merckgroup.com/subscribe to

register online, change your selection or discontinue this service.

About Merck

Merck is a leading science and technology company in healthcare, life science

and performance materials. Around 50,000 employees work to further develop

technologies that improve and enhance life - from biopharmaceutical therapies

to treat cancer or multiple sclerosis, cutting-edge systems for scientific

research and production, to liquid crystals for smartphones and LCD

televisions. In 2015, Merck generated sales of (EUR) 12.85 billion in 66

countries.

Founded in 1668, Merck is the world's oldest pharmaceutical and chemical

company. The founding family remains the majority owner of the publicly listed

corporate group. The company holds the global rights to the Merck name and

brand. The only exceptions are the United States and Canada, where the company

operates as EMD Serono, MilliporeSigma and EMD Performance Materials.

SOURCE: Merck

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中