スミトモラバータイランドが操業10周年記念式典を開催

住友ゴム工業

2016/10/7 14:00

2016年10月7日

住友ゴム工業株式会社

スミトモラバータイランドが操業10周年記念式典を開催

 住友ゴムグループのタイにおけるタイヤ製造・販売子会社であるSumitomo Rubber (Thailand) Co.,Ltd.(スミトモラバータイランド、以下SRT)は、10月5日(水)に操業10周年記念式典を開催しました。工場内で仏教式典を行ったほか、近郊のホテルで開催した記念パーティーには県知事、関係官公庁、協力企業、取引先、工場関係者、当社からは池田育嗣社長など総勢約300名が出席しました。

記念パーティーでは、池田社長、SRT長畑社長両名が挨拶を行いました。

 池田社長:SRTはグローバルな供給拠点として操業を開始し、現在ではグループ内最大規模の生産能力を誇る工場に成長しました。今後も全てのステークホルダーの皆様の信頼に応え、さらなる成長に向けて精進し、タイ国と日本の相互発展の一助となることを祈念します。

 長畑社長:SRTは操業以来、着実に生産を拡大してきましたが、規模だけでなく安全・品質・コストでも世界最大級のタイヤ工場にふさわしい体制を築き、今後もタイ経済の発展に貢献していきたいと考えています。10周年を一つの区切りとして、次の10年に向け一層の精進を重ねていきます。

 SRTは2006年11月に生産を開始し、現在は当社グループの中で最大の生産能力を誇ります。2014年 4月には当社グループとして海外では初となる農業機械用タイヤ工場を開設し、生産を開始しました。操業以来、タイ国内のみならず世界の180を超える国に製品を供給しているほか、環境との調和を図るために環境マネジメントシステムを運用するなど、環境負荷の低減に取り組んでいます。今後も、広く信頼される会社を目指して、事業を展開していきます。

<SRTの概要>

 会社名 : Sumitomo Rubber (Thailand) Co.,Ltd.

 代表者名: 長畑 亨

 所在地 : タイ国ラヨーン県アマタシティ工業団地

 操業開始: 2006年11月

 事業内容: 自動車タイヤ、農機・産業車両用タイヤの製造・販売

 資本金 : 14,000百万BAHT(約410億円※)

※1BAHT=2.93円で換算

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

式典の様子

池田社長挨拶

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

このプレスリリースを配信した企業・団体

  • ※購読している企業の確認や削除はWebプッシュ通知設定画面で行なってください
  • SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中