太陽光発電大手のZNShineが「中国のNASDAQ」に上場

ZNShine

2016/10/11 15:54

太陽光発電大手のZNShineが「中国のNASDAQ」に上場

AsiaNet 66088(1291)

【北京2016年10月10日PR Newswire=共同通信JBN】太陽光発電(PV)ソリューションのグローバル・サプライヤーであるZNShine PV-Tech Co., LTDはこのほど、中国の革新的な中小企業向けの株式市場で、「中国のNASDAQ(ナスダック)」として知られるNational Equities Exchange and Quotations(NEEQ、中小企業株式譲渡システム)に新規公開株(IPO)を上場した。IPOの成功により、ZNShineはNEEQにおけるナンバーワンPV企業となる。

2016年上半期に13.81%の増益を記録、急速な財務的成長を遂げたZNShineは、高性能品質と高度なカスタマーサービスに特に重点を置くことにより、業界をリードすることを目指している。同社の世界をリードする自動生産ラインは、平均年産1人当たり2MWのソーラーパネルを生み出す能力がある。ZNShineはこれまでにその販売ネットワークを欧州市場から米州、そして日本や東南アジア諸国などのアジア太平洋地域に拡大してきた。

規模の拡大に加え、同社はさまざまな産業に太陽光発電を応用する機会を開拓してきた。その1例は農業生産におけるイノベーションである。従来の農業生産のやり方を太陽光発電と統合することにより、ZNShineは非常に効果的な植え付けを伴う温室での新型の発電を実現した。これは、限られた土地資源を完全に活用し、資本支出を減らしてさえも生産性を大幅に向上させることを可能にした。同社によると、こうしたプロジェクトは中国、日本など多くの国でこれまでに採用され、成功している。

ZNShineのワン・グイフェン取締役会会長は「これらのプロジェクトによって多くの利点がもたらされる。長期的に見て環境が改善されるだけでなく、こうしたプロジェクトは地方の人々に雇用機会を提供する。例えば山西省でのプロジェクトでは、二酸化炭素(CO2)排出量が25年間で300万トン削減され、300件以上の雇用が創出、提供される見通しだ」と指摘した。

ワン氏はさらに「IPOは当社にとって明確に新たな章を切り開くものである。より多くの資金的サポートを得て、ZNShineは引き続き太陽光発電市場を拡大、深化させ、世界により多くの再生可能エネルギーをもたらし続ける」と述べた。

▽ZNShineについて

1988年創立のZNShine PV-Tech Co., LTDは、世界をリードする高性能太陽光発電(PV)モジュールのメーカーであり、PV発電所デベロッパー、EPC(設計・調達・建設)および発電所運営事業者である。同社は最新式の生産ラインにより、1.6GWのモジュール発電能力を誇る。BloombergはZNShineを、グローバルなTier 1 PVメーカーおよび信頼すべきPVサプライヤー・トップ20にランク付けしている。

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20161010/0861610408

ソース:ZNShine

Solar Giant ZNShine to List on China's NASDAQ

PR66088

BEIJING, Oct. 10, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

ZNShine PV-Tech Co., LTD, the global photovoltaic (PV) solutions supplier,

recently listed its initial public offering on the National Equities Exchange

and Quotations (NEEQ), known as China's NASDAQ the board for

small-to-medium-sized innovative companies in China. After its successful IPO,

ZNShine is the No. 1 solar PV company on NEEQ.

With fast financial growth that records a 13.81% profit increase for the first

half year of 2016, the company aims to lead the industry by specifically

focusing on high-performance quality and premium customer service. Its

world-leading automatic production lines by far are able to generate average

annual output of 2MWsolar panels per headcount. ZNShine has expanded its sales

network from its European markets to Americas and Asia-pacific region such as

Japan and other Southeast Asian countries.

Apart from scaling up, the company has been exploring new opportunities of

solar PV application in various industries. One example is its innovation in

agriculture production. By integrating the traditional ways of agriculture

production with PV power generation. ZNShine realized a new mode of power

generation on the greenhouse with high efficient planting underneath. This

enables a full utilization of the limited land resources to largely improve the

overall productivity even with reduced capex. According to the company, such

projects have been successfully adopted in a number of countries including

China, Japan and etc.

Board Chairman of ZNShine Mr. Wang Guifen pointed out, "There are a lot of

benefits that these projects could bring. Not only will the environment be

improved in the long-term, they are also to offer job opportunities to the

local people. For example, the project in Shanxi is likely to cut 3 million

tons of carbon dioxide emission in 25 years and provide over 300 jobs."

Wang said, "IPO definitely opens a chapter for the company. With more financial

support, ZNShine will continue to expand and deepen the PV market, and bring

more renewable energy to the world."

About ZNShine

ZNShine PV-Tech Co., LTD, founded in 1988, is a world-leading high-performance

PV module manufacturer, PV power station developer, EPC and power station

operator. With its state-of-the-art production lines, the company boasts module

output of 1.6 GW.  Bloomberg listed ZNShine as global Tier 1 PV manufacturer

and Top 20 reliable PV suppliers.

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20161010/0861610408

SOURCE  ZNShine

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中