リシンク・ロボティクスのソイヤーが中国のWasion Groupのスマート製造を推進

リシンク・ロボティクス

2016/10/19 10:05

リシンク・ロボティクスのソイヤーが中国のWasion Groupのスマート製造を推進

AsiaNet 66185(1322)

【香港2016年10月18日PR Newswire=共同通信JBN】

*5基のソイヤー・ロボットはスマートメーター、配電、エネルギー管理の柔軟な生産を支援する

中国と国際市場でのスマートメーター、スマート配電、エネルギー管理の市場リーダーであるWasion Groupは、単層電力メーター製造の組立ラインにリシンク・ロボティクス(Rethink Robtics)のロボット「ソイヤー(Sawyer)」を導入した。Wasionは、導入が容易で、企業工場向けの高精度な仕様に合致できるスマートな協調ロボット「ソイヤー」を活用して、スマート製造イニシアチブを推進している。

Video - https://youtu.be/P7Z1qu_Kdag

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20140423/77847

Wasion Groupは、さまざまなスマートメーター、電力・エネルギー管理装置を年間3500万台製造している。多様な製品ポートフォリオを擁するWasionの製品ラインは、さまざまな製品を少量で提供する必要がある。同社は高度にカスタム化された環境で生産を最適化し、同社が変化する市場需要に応え納入を早めることができるようにするために、極めて柔軟なオートメーション・ソリューションを積極的に探してきた。

Wasionは、安全で柔軟、かつ効率的な生産に対する回答としてソイヤーを採用した。ソイヤー(http://ow.ly/BIXU304XLtf )は他のロボットと異なり、仕様に準拠した動作制御が可能であり、たとえ部品の位置が変化しても精密で脆弱な部品を手探りでつかむことができる。この機能は、適応力がある再現性を可能にするとともに、ソイヤーが人間と同じように多数の環境で正確に動作することを可能にする。

Wasion Groupの生産センターのゼネラルマネジャーであるリヤオ・チエンチョン氏は「スマート製造は当社の成長を大幅に推進すると考えている。われわれはこの水準のオートメーションを製造プロセスに取り入れたばかりであり、中国でこの種の業務のパイオニアである。リシンク・ロボティクスのスマートな協調ロボット(http://ow.ly/D4JX304XK9h )は、当社が生産を加速しスマート製造へ移行することを可能にする。われわれは初期のソイヤー導入で良好な結果があったとみており、業務での幅広い利用に大きな可能性を見いだしている」と語った。

リシンク・ロボティクス指定の技術チームによるサポートおよびトレーニングを受けて、Wasionは単層電力メーターの組立ラインにソイヤーの導入を迅速に完了した。ソイヤーは、電気メーターボックスの装填、PCBA装填・組立、電力テスト・コードスキャニング、キャリアローディング・アセンブリーなど、多数の作業現場で現在使用されている。

同社は7月にソイヤーを導入して以来、すでに大幅な伸びがあったと評価している。

生産性は45%向上し、運用コストは25%減少、部品欠損率は50%以上低下した。

チエンチョン氏は「Wasionはイノベーションを推奨しており、われわれはチームに新しい技術を取り入れることを促している。ソイヤーとのコラボレーションは雇員の効率を向上させ、雇員がイノベーションを追及することを支援する。組立ラインにこれまで従事してきた作業員は再教育され、価値を付加する他の職場に配属される」と語った。

Wasionは今後、メーターおよび電気機器の製造や研究開発を中心にしてスマート製造に1億5900万元を投資する予定。同社はロボット技術、特に協調ロボットが同社の将来計画で極めて重要な役割を果たすと確信している。

リシンク・ロボティクスの製品・マーケティング最高責任者であるジム・ロートン氏は「中国製造2025(Made in China 2025)イニシアチブ(http://ow.ly/rWTa305gLLh )の発表に伴い、中国はスマート製造によって賃金上昇と生産性の格差に積極的に取り組んでいる。ソイヤーはさまざまな作業における切り替え、工場変動への適応、生産品質の向上に対処する能力を備えており、Wasion Groupのような企業の変革で重要な役割を果たしている」と語った。

詳細については、Wasion Groupの工場にあるソイヤーに関するビデオ(http://ow.ly/i6Ud305gOPU )を参照。

▽Wasion Groupについて

中国に本社を置くWasion Group Limitedはスマートメーター、スマート配電、エネルギー管理で世界をリードしている。香港の株式上場企業であるWasion Groupは、エネルギー測定、省エネルギー管理統合ソリューションの研究、生産、販売を専門にしている。同社の製品・サービスは電気、水道、ガス、火力などのエネルギー供給業界に広く採用されている。同社製品は公共建設、石油化学、交通・輸送、機械製造、冶金、化学、学校、病院などの大規模なエネルギー消費セクターをはじめ、住宅でも使用されている。詳細は同社のウェブサイトhttp://www.wasion.comを参照。

▽リシンク・ロボティクス(Rethink Robotics)について

リシンク・ロボティクス(Rethink Robotics)は製造業の作業方法を変革させている。スマートな協調ロボットは作業の90%の自動化が可能であり、今までの伝統的な自動化の範囲を超えた。インテラ・ソフトウエア・プラットフォーム(http://ow.ly/UNJez )によって駆動するバクスターとソイヤー・ロボットは実世界の変動に適応し、すぐにアプリケーションを変更して、人々が行うようなタスクを実行することができる。その結果、さまざまな形態、規模、産業のメーカーは柔軟性を増し、コストを削減させ、イノベーションを促進するため、迅速な展開で、使い勝手がよく汎用性の高い自動化ソリューションを獲得する。

ボストンに拠点を置くリシンクの製品スイートは、アジア、欧州、北米で利用可能である。リシンクにはベゾス・エクスペディション、CRV、ハイランド・キャピタル・パートナーズ、シグマ・パートナーズ、DFJ、トゥー・シグマ・ベンチャーズ、GEベンチャーズ、ゴールドマン・サックスが出資している。リシンク・ロボティクスの詳細については www.rethinkrobotics.com を参照。Twitterは@RethinkRobotics (https://twitter.com/RethinkRobotics )。

▽問い合わせ先

Gil Haylon

+1-617-969-9192

ghaylon@corporateink.com

ソース:Rethink Robotics

Rethink Robotics' Sawyer Driving Smart Manufacturing for Chinese Market Leader, Wasion Group

PR66185

HONG KONG, Oct. 18, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-- Five Sawyer robots power flexible production in smart metering, power

distribution and energy management

Wasion Group, a market leader of integrated solutions in smart metering, smart

power distribution and energy management in China and international markets,

has deployed Rethink Robotics' Sawyer on its assembly line for manufacturing

single-phase energy meters. Wasion is moving forward with smart manufacturing

initiatives by leveraging smart, collaborative Sawyer robots that are easy to

deploy and can meet the precision specifications for the companies' factories.

Video - https://youtu.be/P7Z1qu_Kdag

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20140423/77847

Wasion Group produces 35 million units of various smart metering, power and

energy management equipment annually. With a diversified product portfolio,

Wasion's production lines need to accommodate a variety of products in lower

volumes. The company has been vigorously looking for highly flexible automation

solutions in an effort to optimize production in a highly customized

environment, enabling the company to meet changing market demands and expedite

delivery.

Wasion has turned to Sawyer as the answer to safe, flexible and efficient

production. Unlike other robots, Sawyer ( http://ow.ly/BIXU304XLtf ) has

compliant motion control, and can feel its way into precise and fragile

fixtures, even if a part position changes. This feature enables adaptive

repeatability, and allows Sawyer to work precisely in many environments, much

like a human does.

"We see smart manufacturing as a significant driver of our company's growth. We

are just beginning to introduce this level of automation into our manufacturing

processes, and we are pioneering the practice in China. Deploying Rethink

Robotics' smart, collaborative robots ( http://ow.ly/D4JX304XK9h ) will enable

us to speed up our production and migrate to smart manufacturing," said Liao

Qianzhong, general manager of production center, Wasion Group Limited. "We have

already seen positive results from our initial deployment of Sawyer, and we

also see tremendous potential for wider use in our operations."

With the support and training of Rethink Robotics' designated technical team,

Wasion quickly completed the deployment of Sawyer for its assembly line of

single-phase energy meters. Sawyer robots are now used at multiple work

stations: loading electric meter boxes; PCBA loading and assembling; power

testing and code scanning; carrier loading and assembly and more.

The company has already measured significant growth since deploying the Sawyer

robots in July.

Productivity has improved by 45 percent, while operational costs have decreased

by 25 percent and the part defect rate has dropped by more than 50 percent.

"Wasion advocates innovation, and we encourage our team to embrace new

technologies. Collaboration with Sawyer increases our employees' efficiency and

supports them to pursue innovation," said Qianzhong. "The workers who were

previously on the assembly line will be retrained and assigned to other

value-adding positions."

Wasion expects to invest RMB 159 million in smart manufacturing in the coming

years, primarily focusing on metering and electrical equipment production, as

well as research and development. The company believes robotics technologies,

especially collaborative robots, will play a pivotal role in its visionary plan.

"With the introduction of the Made in China 2025 initiative (

http://ow.ly/rWTa305gLLh ), China is aggressively addressing rising wages and

gaps in productivity through smart manufacturing," said Jim Lawton, chief

product and marketing officer at Rethink Robotics. "Sawyer is playing a

significant role in this transformation for companies like Wasion Group with

its ability to shift between a variety of tasks, adapt to the variability of

the factory and improve production quality."

For more information watch the video ( http://ow.ly/i6Ud305gOPU ) of Sawyer on

the factory floor at Wasion Group.

About Wasion Group

The China-based Wasion Group Limited is an international leader for integrated

solutions of smart metering, smart distribution and energy management. A

publicly listed company in Hong Kong, Wasion Group is focused on the research,

production and sales of energy measuring and energy saving management

integrated solutions. Its products and services are widely applied to the

energy supply industries such as electricity, water, gas and heating power. Its

products are also used by the large energy consumption sectors such as public

construction, petrochemical, traffic and transportation, machine manufacturing,

metallurgy and chemical, schools, hospitals, as well as residential users.

Please visit its company website http://www.wasion.com for more information.

About Rethink Robotics

Rethink Robotics is transforming the way manufacturing gets done, with smart,

collaborative robots able to automate the 90 percent of tasks that until now,

have been beyond the reach of traditional automation. Its Baxter and Sawyer

robots, powered by the Intera software platform, adapt to real-world

variability, can change applications quickly and perform tasks like people do.

The result: manufacturers of all shapes, sizes and industries get the

fast-to-deploy, easy-to-use and versatile automation solution they need to

increase flexibility, lower cost and accelerate innovation.

Based in Boston, the Rethink product suite is available in Asia, Europe and

North America. The company is funded by Bezos Expeditions, CRV, Highland

Capital Partners, Sigma Partners, DFJ, Two Sigma Ventures, GE Ventures and

Goldman Sachs. For more information about Rethink Robotics, please visit

http://www.rethinkrobotics.com and follow us on Twitter at @RethinkRobotics (

https://twitter.com/RethinkRobotics ).

CONTACT: Gil Haylon, +1-617-969-9192, ghaylon@corporateink.com

SOURCE: Rethink Robotics

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中