ファラデー社が超低電力消費IoT応用向けのUranus(TM)SoC開発プラットフォームを発表

ファラデーテクノロジー社

2016/10/19 15:05

ファラデー社が超低電力消費IoT応用向けのUranus(TM)SoC開発プラットフォームを発表

AsiaNet 66146

【新竹(台湾)2016年10月19日PR Newswire】ASIC設計サービスとIPの大手プロバイダーであるファラデーテクノロジー社(Faraday Technology Corporation)(TWSE: 3035)は19日、IoTアプリケーション向けのUranus(TM)55nm超低電力SoC開発プラットフォームを発表しました。MCUベースSoC開発プラットフォーム・シリーズの最新版であるUranus(TM)は、ファラデー社のPowerSlash(TM)IP、USB 2.0インターフェース、12ビットADC 8チャンネル、10ビットDAC、フラッシュメモリー等を搭載し、SDKサポートも含めた、次世代の省電力IoTチップのデザインの新たな規範を示すことに成功しました。

ファラデー社のSoC開発プラットフォームは、チップの開発完了以前に初期のソフトウエア設計を可能にすることによって、システム製品の“Time to Market”に要する時間を飛躍的に短縮することが可能となります。このプラットフォームは世の中に広く受け入れられた実績のあるCPUコア、検証済みのファラデー自社製のIPおよびシステムソフトの開発を支援するSDKから成る統合環境を提供します。さらにUranus(TM)プラットフォームは、DVFS電力管理により、性能と消費電力のトレードオフのバランスを最適化することを可能とします。特に、ターボモードは性能/消費電力のバランスポイントを変化させ、MCUコアが既定の電力でも2倍の性能を発揮することが可能となります。

ファラデー社のスティーブ・ワン社長は「ASIC設計サービスのイノベーションを推進する原動力であるファラデー社のSoC開発プラットフォーム・シリーズは、お客様のLSI設計だけでなくシステム開発も支援することを目的にしている。超低電力消費と高性能の両ニーズを満足させることは、次世代IoTチップ設計にとって鍵となる技術である。ファラデーは、この目標達成のための適切なツールとして当社のプラットフォーム・シリーズの最新版Uranus(TM)を発表できることを誇りに思う」と語った。

Uranus(TM)(FIE3255)のデモをご覧いただくには、ファラデー社が出展する以下の展示会をご訪問下さい。

・ SEDEX、10月26日-28日、韓国・ソウル

・ ARM Tech Symposia、10月31日、中国・上海

・ Embedded Technology、11月16日-18日、日本・横浜

ファラデーテクノロジー社(Faraday Technology Corporation)について

ファラデーテクノロジー社(TWSE: 3035)はASICデザイン・サービスおよびIPの大手プロバイダーです。幅広いIPポートフォリオには、I/O、セル・ライブラリー、メモリー・コンパイラー、ARM互換のCPU、DDR2/3/4、低電力消費DDR1/2/3、MIPI、V-by-One、MPEG4、H.264、USB 2.0/3.1 Gen 1、10/100/1000 Ethernet、シリアルATA、PCI Express、プログラマブルSerDesなどが含まれます。台湾に本社を置くファラデー社は米国、日本、欧州、中国など世界中にサービスとサポートの事務所を構えています。

ファラデーに関する詳しい情報はウェブサイトwww.faraday-tech.com を参照下さい。

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20161014/8521606543

ソース:Faraday Technology Corporation

(日本語リリース:クライアント提供)

Faraday Unveils Uranus(TM) SoC Development Platform for Ultra-Low-Power IoT

PR66146

HSINCHU, Taiwan, Oct. 19, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Faraday Technology Corporation (TWSE: 3035), a leading ASIC design service and

IP provider, today introduced the Uranus(TM)(

http://www.faraday-tech.com/html/Product/SoCPlatform/FIE3255.htm?utm_source=PRN&utm_medium=PR&utm_campaign=201610UranusPR

) 55nm ultra-low-power SoC development platform for IoT applications. As the

latest member of its MCU-based SoC development platform series, Uranus(TM)

features Faraday's PowerSlash(TM)  IP, USB 2.0 interface, 12-bit 8-channel ADC,

10-bit DAC, embedded flash memory, and comprehensive SDK support, demonstrating

the next level of IoT chip power-saving.

Faraday's SoC development platform effectively reduces the time-to-market of

system products by allowing early software design ahead of chip availability.

It offers an integrated environment consisting of mainstream processor core,

pre-verified Faraday interface and fabric IP, along with SDK, upon which system

software may be built. Further on the premises, Uranus(TM) platform

demonstrates DVFS power modes management to balance trade-offs between

performance and power consumption. In particular, its Turbo Mode alters the

trade-off point to enable MCU core achieve 2x performance under given power

constraint.

"As the driver of ASIC design service innovations, Faraday's SoC development

platform series aims not only to help customer's chip design but also its

system development," said Steve Wang, President of Faraday. "Satisfying both

ultra-low-power and high-performance needs has become the key for

next-generation IoT chip design. We proudly present Uranus(TM), the newest

member of our platform series, to provide the right tool for achieving that

goal."

For Uranus(TM)(FIE3255) demonstration, please visit Faraday at the following

exhibitions:

SEDEX, Oct 26-28 in Seoul, Korea

ARM Tech Symposia, Oct 31 in Shanghai, China

Embedded Technology, Nov 16-18 in Yokohama, Japan

About Faraday Technology Corporation

Faraday Technology Corporation (TWSE: 3035) is a leading ASIC design service

and IP provider. The broad silicon IP portfolio includes I/O, Cell Library,

Memory Compiler, ARM-compliant CPUs, DDR2/3/4, low-power DDR1/2/3, MIPI,

V-by-One, MPEG4, H.264, USB 2.0/3.1 Gen 1, 10/100/1000 Ethernet, Serial ATA,

PCI Express, and programmable SerDes, etc. Headquartered in Taiwan, Faraday has

service and support offices around the world, including the U.S., Japan,

Europe, and China.

For more information about Faraday, please visit: www.faraday-tech.com

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20161014/8521606543

SOURCE Faraday Technology Corporation  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中