ハーマンとAirbiquityが初のコネクテッド車両向けエンドツーエンド侵入検知ソリューションを発表

Airbiquity

2016/11/1 10:04

ハーマンとAirbiquityが初のコネクテッド車両向けエンドツーエンド侵入検知ソリューションを発表

AsiaNet 66301(1373)

【スタンフォード(米コネティカット州)、シアトル2016年10月31日PR Newswire=共同通信JBN】

*大手自動車テクノロジー企業がその種では初のソリューションによって、コネクテッド車両サイバーセキュリティーの懸念に対処するために協力する

自動車、消費者、エンタープライズ市場向けのコネクテッドテクノロジー企業であるHARMAN International(ハーマンインターナショナル) Industries(http://www.harman.com/ )Incorporated(NYSE: HAR)と、コネクテッド車両サービスで世界をリードするAirbiquity(R)(http://www.airbiquity.com/ )は31日、ドイツ・ミュンヘンで開催されるTU-Automotive Europe 2016で、コネクテッド車両向けのオートモーティブグレード・エンドツーエンド侵入検知システム(IDS)を発表した。

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20161026/433438LOGO

車両システムと機能を稼働させるためにソフトウエアへの依存度が高まることに伴い、サイバーセキュリティーはコネクテッド車両、最新運転支援システム、車両間通信、自動運転能力の導入に対する脅威になってきた。ハーマンのIntrusion DetectionとPrevention SystemをAirbiquityのクラウドベースChoreo(TM)サービス提供プラットフォームおよびSoftware & Data Managementソリューションを搭載する車両の中に組み込むことによって、両社は自動車カスタマーおよびその消費者向けに最も強固なコネクテッド車両セキュリティー脅威検知と対応能力を提供する。

ハーマンのエンベデッドECUSHIELD(http://www.harman.com/security )ソフトウエアは車載ネットワークのために絶え間のないセキュリティー脅威監視・識別を提供し、セキュリティー侵入を車内で検知し記録する。記録されると、AirbiquityのChoreo(https://www.airbiquity.com/choreo-platform/ )プラットフォームとSoftware & Data Management(https://www.airbiquity.com/product-offerings/software-and-data-management/ )ソリューションは、車両からECUSHIELD侵入情報を収集し、それをクラウドに集約し、警告とリポートを自動化するので、自動車カスタマーは、セキュリティー中心の行動に直ちにアクセスし、それを実行することができる。これには、将来の脅威を軽減するとともに影響を受けたシステムおよびコンポーネントを復元するため、クラウドからの車両ソフトウエア・アップデートのセキュアな送信およびインストレーションなどが含まれる。

ハーマンのザール・ディックマン副社長(自動車サイバーセキュリティー担当)は「カーハッキングは極めて現実的な脅威であり、新しいテクノロジーがインターネット・オブ・シングス(IoT)の一翼を担い、コネクティビティーと自動運転車両が増えるにつれ、今後も増加していく。ECUSHIELD開発に長年費やしたあと、同じ考えを持つパートナーのAirbiquityと提携し、当社のエンベデッド能力とAirbiquityの総合的なバックエンド・ソフトウエアおよびデータ管理ソリューションを一体化した初のエンドツーエンドIDSソリューションを業界に提供できることをうれしく思う。われわれの共通目標は、顧客が車両を安全でセキュアにすることを保証して役立つことである」と語った。

Airbiquityのカムイアル・モインザデ社長兼最高経営責任者(CEO)は「ハーマンのECUSHIELDテクノロジーとAirbiquityのSoftware & Data Managementを統合することで、当社は高度で信頼でき、かつセキュアなエンドツーエンド・コネクテッド車両サービスを自動車カスタマーに提供する能力をさらに高めることができる。われわれは車両セキュリティーが最優先であることを考慮に入れ、脅威の検知はあらゆるコネクテッド車両ソリューションに必須のコンポーネントでなければならないと確信している。Airbiquityはハーマンと提携し、当社のテクノロジー資産を共同で活用し、この絶対必要なニーズに応えることができ喜んでいる」と語った。

*HARMAN-Airbiquity IDSソリューションのデモはTU-Automotive 2016の開催期間中、ハーマンのフロア展示場(ブース#28)とAirbiquityの会場ミーティングルームで行われる。追加の情報ないしはデモの手配についてはハーマン(dvir.reznik@harman.com )とAirbiquity(sales@airbiquity.com )に連絡を。

*ハーマンの自動車サイバーセキュリティー担当の上級マーケティングマネジャーであるドビル・レズニク氏と、Airbiquityのスコット・フランク副社長(マーケティング担当)はイベント初日の11月2日午後5時15分から5時35分(欧州中央時間)まで行われるOTAソフトウエアアップデート・パネルディスカッションに参加する。最新のTU-Automotive Europe 2016日程についてはウェブサイト(http://www.tu-auto.com/europe/conference-agenda.php#day2 )を参照。

ハーマンは、自動車OEMに対するコネクテッド車両セキュリティー・サービスで世界をリードするTier 1サプライヤーである。コネクテッド車両のネットワーク防御を専門とする世界的な自動車サイバーセキュリティー企業TowerSecを買収したのを受けて、ハーマンは5+1 Cyber Security Architecture、ECUSHIELD、TCUSHIELDを提供し、すでにOEMにソリューションを提供している。

AirbiquityのChoreoサービス提供プラットフォームは、既存および新興のコネクテッド車両サービスに必要とされる多種多様な車両システム、コネクティビティー・デバイス、通信ネットワーク、バックオフィスITシステム、コンテンツ、サービスプロバイダーを統合する。Airbiquityの最新製品であるSoftware & Data Managementは、コネクテッド車両向けの高度にターゲットされ、かつスケーラブルなソフトウエア・アップデートおよびデータ収集を効果的かつセキュアに統合し、自動化する。

▽Airbiquityについて

Airbiquityはコネクテッドビークル・サービスの世界的リーダーであり、車載テレマティクス・テクノロジーの開発および設計のパイオニアである。Airbiquityは、業界で最新鋭のクラウドベース・コネクテッドカー・サービス配信プラットフォーム、Choreo(TM)(https://www.airbiquity.com/choreo-platform/ )を動作させるとともに、オーバー・ジ・エア(OTA)ソフトウエア、データ管理など主要な使用事例すべてをサポートする。自動車メーカー、自動車サプライヤーはAirbiquityと提携し、世界60カ国余りで顧客が要求する安全、エンターテインメント、信頼性、利便性に応えるスケーラブルで扱いやすい自動車サービスを提供している。Airbiquityの詳細はウェブサイト(www.airbiquity.com )を参照するか、@airbiquity(https://twitter.com/airbiquity )で会話に参加を。AirbiquityはAirbiquity Inc.の商標である。

▽ハーマン(HARMAN)について

ハーマン(http://www.harman.com )は世界の自動車メーカー、消費者、企業向けに、コネクテッド車両システム、オーディオ・ビジュアル製品、企業オートメーション・ソリューション、コネクテッド・サービスを含むコネクテッド製品およびソリューションを設計、製造する。AKG(G)、Harman Kardon(R)、Infinity(R)、JBL(R)、Lexicon(R)、 Mark Levinson(R)、Revel(R)を含むリーディングブランドを擁するハーマンは、世界中のオーディオファイル、ミュージシャン、ミュージシャンが公演するエンターテインメント会場から称賛されている。現在、路上にある2500万台以上の自動車はハーマンのオーディオとコネクテッド車両システムを搭載している。同社のソフトウエア・サービスは数十億のモバイルデバイスとシステムを駆動し、職場や家庭、自動車やモバイルにおいてすべてのプラットフォーム上で接続され、統合されてセキュリティーが確立されている。ハーマンは米州、欧州、アジアで約2万9000人を雇用し、2016年6月30日までの1年間で69億ドルの売上を報告した。同社の株式はニューヨーク証券取引所で、NYSE:HARのシンボルで取引されている。

(C) 2016 HARMAN International Industries, Incorporated. All rights reserved.

Harman Kardon、Infinity、JBL、Lexicon、Mark Levinsonは、米国および/またはその他の国で登録されたHARMAN International Industries, Incorporatedの商標である。AKSは、米国および/またはその他の国で登録されたAKG Acoustics GmbHの商標である。

▽Airbiquityの問い合わせ先

Kristin Sandberg

Airbiquity PR

Tel: +1 206-344-3133

media@airbiquity.com

▽ハーマンの問い合わせ先

Darrin Shewchuk

Senior Director, Corporate Communications

Tel: +1 203-328-3500

darrin.shewchuk@harman.com

ソース:Airbiquity

HARMAN and Airbiquity Announce the First Automotive Grade End-to-End Intrusion Detection Solution for Connected Vehicles

PR66301

STAMFORD, Conn. and SEATTLE, Oct. 31, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

       -- Leading Automotive Technology Companies Join Forces to Address

   Connected Vehicle Cybersecurity Concerns with First of Its Kind Solution

HARMAN International Industries (http://www.harman.com/ ), Incorporated (NYSE:

HAR), the premier connected technologies company for automotive, consumer and

enterprise markets, and Airbiquity(R) (http://www.airbiquity.com/ ), a global

leader in connected vehicle services, today announced the first automotive

grade end-to-end intrusion detection system (IDS) for connected vehicles at

TU-Automotive Europe 2016 in Munich, Germany.

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20161026/433438LOGO

With the increasing dependency on software to power vehicle systems and

features, cybersecurity has become a threat to connected vehicles and the

introduction of new driving assistance, vehicle-to-vehicle communication, and

autonomous driving capabilities. By combining HARMAN's Intrusion Detection and

Prevention System inside the vehicle with Airbiquity's cloud-based Choreo(TM)

service delivery platform and Software & Data Management solution, the two

companies now deliver the most robust connected vehicle security threat

detection and response capability for automotive customers and their consumers

alike.

HARMAN's embedded ECUSHIELD (http://www.harman.com/security ) software-which

provides continuous security threat monitoring and identification for internal

vehicle networks-detects and logs security intrusions locally. Once logged,

Airbiquity's Choreo (https://www.airbiquity.com/choreo-platform/ ) platform and

Software & Data Management

(https://www.airbiquity.com/product-offerings/software-and-data-management/ )

solution collects the ECUSHIELD intrusion information from the vehicle,

aggregates it in the cloud, and automates alerts and reports so automotive

customers can quickly assess and execute security-centric actions-including the

secure transmission and installation of vehicle software updates from the cloud

to mitigate future threats and restore impacted systems and components.

"Car hacking is a very real threat that will continue to increase as we move

towards greater connectivity and autonomous vehicles, with more and more new

technologies becoming part of the Internet of Things," says Saar Dickman, Vice

President, Automotive Cyber Security at HARMAN. "Following years of research in

developing ECUSHIELD, we're delighted to be working with Airbiquity, a

likeminded partner, to offer the industry the first end-to-end IDS solution

that combines our company's embedded capabilities with Airbiquity's

comprehensive back-end software and data management solution. Our mutual goal

is to help our customers in ensuring vehicles are safe and secure."

"Integrating HARMAN's ECUSHIELD technology with Airbiquity's Software & Data

Management offering further strengthens our ability to deliver advanced,

reliable, and secure end-to-end connected vehicle services to our automotive

customers," said Kamyar Moinzadeh, President and CEO of Airbiquity. "Given the

high priority of vehicle security we believe threat detection must be a

mandatory component of any connected vehicle solution, and Airbiquity is

delighted to partner with HARMAN to jointly leverage our technology assets and

meet this critical need."

    - Demonstrations of the HARMAN-Airbiquity IDS solution will be showcased

      during TU-Automotive 2016 at HARMAN's floor exhibit (booth #28) and

      Airbiquity's on-site meeting room. Contact HARMAN

      (dvir.reznik@harman.com) or Airbiquity (sales@airbiquity.com) for

      additional information or to arrange a demonstration.

    - Dvir Reznik, HARMAN Senior Marketing Manager Automotive Cyber Security,

      and Scott Frank, Airbiquity Vice President of Marketing, will

      participate in an OTA software update panel discussion on the first day

      of the event, 11/2, from 5:15-5:45P CET. Click here

      (http://www.tu-auto.com/europe/conference-agenda.php#day2 )

      for the latest TU-Automotive Europe 2016 agenda.

HARMAN is a leading Tier 1 supplier of connected car security services to

automotive OEMs. Following the acquisition of TowerSec, a global automotive

cyber security company specializing in network protection for connected

vehicles, HARMAN offers 5+1 Cyber Security Architecture, ECUSHIELD and

TCUSHIELD and is already delivering solutions to OEMs.

Airbiquity's Choreo service delivery platform integrates the diverse spectrum

of vehicle systems, connectivity devices, communication networks, back office

IT systems, and content and service providers required for traditional and

emerging connected car services. Airbiquity's latest offering-Software & Data

Management-efficiently and securely orchestrates and automates highly targeted

and scalable software updates and data collection for connected vehicles.

ABOUT AIRBIQUITY

Airbiquity(R) is a global leader in connected vehicle services and pioneer in

the development and engineering of automotive telematics technology. At the

forefront of automotive innovation, Airbiquity operates the industry's most

advanced cloud-based connected vehicle service delivery platform, Choreo(TM),

and supports all leading use cases including over-the-air (OTA) software and

data management. Working with Airbiquity, automakers and automotive suppliers

are deploying highly scalable, reliable, and manageable connected vehicle

services meeting the safety, entertainment, and convenience needs of their

customers in over 60 countries around the world. Learn more about Airbiquity at

http://www.airbiquity.com or join the conversation @airbiquity

(https://twitter.com/airbiquity ). Airbiquity is a trademark of Airbiquity Inc.

ABOUT HARMAN

HARMAN (http://www.harman.com) designs and engineers connected products and

solutions for automakers, consumers and enterprises worldwide, including

connected car systems, audio and visual products, enterprise automation

solutions and connected services. With leading brands including AKG(R), Harman

Kardon(R), Infinity(R), JBL(R), Lexicon(R), Mark Levinson(R) and Revel(R),

HARMAN is admired by audiophiles, musicians and the entertainment venues where

they perform around the world. More than 25 million automobiles on the road

today are equipped with HARMAN audio and connected car systems. The Company's

software services power billions of mobile devices and systems that are

connected, integrated and secure across all platforms, from work and home to

car and mobile. HARMAN has a workforce of approximately 29,000 people across

the Americas, Europe, and Asia and reported sales of $6.9 billion during the 12

months ended June 30, 2016. The Company's shares are traded on the New York

Stock Exchange under the symbol NYSE: HAR.

(C) 2016 HARMAN International Industries, Incorporated. All rights reserved.

Harman Kardon, Infinity, JBL, Lexicon and Mark Levinson are trademarks of

HARMAN International Industries, Incorporated, registered in the United States

and/or other countries. AKG is a trademark of AKG Acoustics GmbH, registered in

the United States and/or other countries.

AIRBIQUITY

Kristin Sandberg

Airbiquity PR

Tel: +1 206-344-3133

media@airbiquity.com

HARMAN

Darrin Shewchuk

Senior Director, Corporate Communications

Tel: +1 203-328-3500

darrin.shewchuk@harman.com

SOURCE  Airbiquity

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中