カーディナルヘルス、日本におけるコーディスの心血管製品提供拡大の 戦略的販売契約を発表

カーディナルヘルス

2016/11/2 13:31

AsiaNet 66286

カーディナルヘルス、日本におけるコーディスの心血管製品提供拡大の 戦略的販売契約を発表

カーディナルヘルス(Cardinal Health)は、同社の心臓・血管関連デバイス事業部門であるコーディス(Cordis、以下コーディス)が日本での心血管内治療機器事業拡大を可能にする二つの新規販売契約を締結したことを発表しました。

コーディスはこのほど、バイオセンサーズ(Biosensors、以下バイオセンサーズ)との現行のグローバル販売契約を拡大し、日本におけるバイオセンサーズの経皮的冠動脈インターベンション(PCI)製品に対する独占販売権を取得しました。さらに、株式会社カネカ(以下、カネカ)とはPCIバルーンカテーテルのグローバル販売権利契約を結びました。この二社との契約により、コーディスの日本における血管内治療分野の製品提供力が強化されました。

カーディナルヘルスのメディカル・プロダクツ アジアパシフィック社長であるパトリック・ホルトは次のように述べています。「この度発表した二社との販売契約の締結は、心血管内治療分野の製品ポートフォリオを拡大するという当社の戦略にとって重要な一歩です。これらの販売契約により、日本でも医療従事者および患者様に、多様化する最先端、かつ高品質の心血管内治療機器をご提供できるようになり大変喜ばしく思います。」

バイオセンサーズのBMX-J薬剤溶出ステント(DES)とbp22-4D PCIバルーンの独占販売により、製品ポートフォリオが強化され、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を受けている患者様の治療をより強力にサポートすることが可能になります。PCIは、カテーテルを使いステントを埋め込むことで、閉塞した冠状動脈を広げる、低侵襲な経皮的治療法です。

カネカとのグローバル販売契約により、コーディスは、カネカの高品質なセミコンプライアントおよびノンコンプライアントPCIバルーンカテーテルを、NEON(TM)およびNEON(TM) NCの製品名で、販売します。カネカの主力製品であるPCIバルーンカテーテルは、ローエントリーのプロファイルおよび新しい親水性コーディングを備え、石灰化した病変もしくはより高度の通過性能を必要とする病変へのアプローチに役立ちます。

カーディナルヘルス ジャパン合同会社社長である茂呂太一は次のように述べています。「コーディスは、心血管治療市場において長年活躍し、同市場を深く理解しているブランドです。バイオセンサーズとカネカとの販売契約により、当社の心血管内治療製品提供力がより強化されます。心血管・血管内分野の製品提供の幅が拡大することにより、私たちは医療従事者とその患者様により多くの価値を提供することが可能となります。」

予防可能な病による早期死亡のうち、心疾患による死者は年間約1750万人にのぼり、これは世界の全死亡数の31%に相当すると推定されています(注1)。アジア太平洋地域の、血管内治療市場は成長しています。2014年から2022年までに、年間成長率(CAGR)にして4.8%の増加が見込まれ、同期間の世界市場の推定CAGRの2.9%よりはるかな高成長率が見込まれています。血管内治療機器の世界市場は、2022年末までに1116億米ドルに上ると推計されています(注2)。

カーディナルヘルス(Cardinal Health)について

世界的に医療製品・サービスを提供するカーディナルヘルス(Cardinal Health, Inc.)は、日々変化する世界でお客様の成功をサポートする幅広いソリューションを提供しています。当社はサプライチェーンの効率、医療プロセスとパフォーマンスの最適化、臨床的に実証された日常的に使用される医療製品と医薬品の提供、シームレスな医療連携とより良い患者管理に向けて、患者様と医療従事者、保険会社、薬剤師、メーカーを結びつけるソリューションを通じて、医療のコスト効果を高めます。カーディナルヘルスは100年近くに及ぶ経験を持ち、フォーチュン500のトップ50にランクされ、フォーチュン・グローバル100にもランクインしています。当社は世界約60カ国の3万7000人を超える社員と共に、パートナーをサポートしています。

詳細はこちらのリンク先http://www.cardinalhealth.jp  をご覧ください。またTwitterの@CardinalHealth(https://twitter.com/cardinalhealth )においても最新情報を提供しています。

(注1)http://www.who.int/cardiovascular_diseases/en

(注2)http://www.transparencymarketresearch.com/interventional-cardiology-devices.html

【報道関係者お問い合わせ】

Jasmine Chng,

jasmine.chng@cardinalhealth.com

+65-6230-2569

アシュトン・コンサルティング (宮崎)

y.miyazaki@ashton.jp  03-5425-7220

(日本語リリース:クライアント提供)

Cardinal Health Announces New Strategic Distribution Agreements to Expand Cordis' Cardiovascular Product Offerings in Asia Pacific

PR66286

SINGAPORE, Nov. 2, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Cardinal Health has entered into two new distribution agreements that will

enable Cordis, its interventional vascular business, to expand its

cardiovascular portfolio in Asia Pacific.

Cardinal Health has expanded its current distribution agreement with

Biosensors, which enables Cordis to be the exclusive distributor for

Biosensors' coronary interventional products in Japan. The company also signed

a distribution agreement with Kaneka that enables Cordis to distribute Kaneka's

percutaneous transluminal coronary angioplasty (PTCA) balloon catheters in

Europe, the Middle East and Africa (EMEA), Latin America (LATAM) and Asia

Pacific, including China, Japan, Korea, Australia and New Zealand. These

agreements further strengthen Cordis' robust product offering in the

interventional cardiology space and overall position in the Asia Pacific region.

"This is a pivotal step in our ambition to expand Cordis' strong and

diversified portfolio of products within the cardiovascular space in Asia

Pacific," said Patrick Holt, president, Cardinal Health Medical Products Asia

Pacific. "We are committed to delivering solutions aligned with government

priorities and patient needs to ultimately make a significant contribution to

this dynamic region."  

Cordis will exclusively distribute Biosensors' BMX-J(TM) drug-eluting stent

(DES) system and bp22-4D PTCA balloon in Japan. This agreement builds on the

existing distribution agreement with Biosensors announced in May 2016, which

marked Cordis' return to the DES market in select countries in EMEA, Australia

and New Zealand. Biosensors' robust portfolio of products further supports the

treatment of patients undergoing percutaneous coronary intervention (PCI). PCI

is a nonsurgical procedure that often uses a catheter to place a stent to open

blocked coronary arteries.

In the distribution agreement with Kaneka, Cordis will distribute Kaneka's

comprehensive portfolio of high-quality, semi- and non-compliant workhorse PTCA

balloon catheters. In Japan, Korea, Australia and New Zealand, Cordis will

distribute versions of Kaneka's PTCA balloon catheters under the names of

NEON(TM) and NEON(TM) NC. In China, Cordis will be the sole distributor of

Ikazuchi Rev and Fortis II, under Kaneka's brand. Upon their approval* in

China, Cordis will also distribute Ikazuchi Zero and Raiden 3. Kaneka's

workhorse PTCA balloon catheters have a low-entry profile and new hydrophilic

coating that facilitate access to calcified lesions or lesions that require

higher crossability.

"Cordis has a strong legacy and understanding of the cardiovascular market. The

distribution agreements with Biosensors and Kaneka will help us strengthen our

cardiovascular product offerings. With continued growth in both cardiovascular

and endovascular offerings, we are poised to deliver increased value to our

customers and the patients they serve," said Taichi Moro, president, Cardinal

Health Japan.

Despite the majority of premature deaths from the disease being preventable,

cardiovascular disease accounts for about 17.5 million deaths annually, an

estimated 31% of all deaths worldwide.[1] Asia Pacific is a growing market for

interventional cardiology. It is expected to grow at a CAGR of 4.8% from 2014

to 2022, at a much higher rate than the expected CAGR of 2.9% for the global

market over the same duration. The global market for interventional cardiology

devices is expected to be valued at US$11.16 billion by the end of 2022.[2]

About Cardinal Health

Cardinal Health, Inc., a global health services and products company, brings

scaled solutions that help our customers thrive in a changing world. We improve

the cost effectiveness of healthcare through solutions that improve the

efficiency of the supply chain; optimize the process and performance of

healthcare; provide clinically proven, daily-use medical products and

pharmaceuticals; and connect patients, providers, payers, pharmacists, and

manufacturers for seamless care coordination and better patient management.

Backed by nearly 100 years of experience, we rank among the top 50 on the

Fortune 500 and among the Fortune Global 100. We support our partners with more

than 37,000 employees in nearly 60 countries worldwide. For more information,

visit www.cardinalhealth.jp and @CardinalHealth

(https://twitter.com/cardinalhealth) on Twitter.

*Ikazuchi Zero and Raiden 3 are not currently approved or commercially

available today in China.

[1] http://www.who.int/cardiovascular_diseases/en/

[2]

http://www.transparencymarketresearch.com/interventional-cardiology-devices.html

Media:  

Jasmine Chng,

jasmine.chng@cardinalhealth.com

+65-6230-2569

SOURCE:  Cardinal Health

Logo - http://photos.prnasia.com/prnh/20161027/8521606855LOGO

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中