サンライズケンピンスキーホテル、北京&雁栖島でG20科学技術相会合開催

Sunrise Kempinski Hotel, Beijing & Yanqi Island

2016/11/8 14:50

サンライズケンピンスキーホテル、北京&雁栖島でG20科学技術相会合開催

AsiaNet 66433(1426)

【北京2016年11月7日PR Newswire=共同通信JBN】2016年の20カ国・地域(G20)科学技術相会合が11月3-5日、サンライズケンピンスキーホテル、北京&雁栖島で成功裏に開催された。

サンライズケンピンスキーホテル、北京&雁栖島がG20イベントの開催地になったのは、6月のG20エネルギー相会合に続いて今年2回目であり、ケンピンスキーチームが国際フォーラムのホスト役を見事に遂行したのは、2014年のアジア太平洋地域経済会議(APEC)総会、2015年の「アンダスタンディング・チャイナ・カンファランス(Understanding China Conference)」も含め4回目になる。

G20科学技術相会合にはG20加盟国、招待諸国、国際機関の代表500人以上が出席し、3日間のイベントで累計552泊分が専有された。

VIPの出席者の中には中国科学技術省の万鋼大臣、イン・ヘジウ副大臣、スー・ジアンペイ次官がいた。

ケンピンスキーの欧州風もてなしを受けた各国代表は、ジョン・ポール・ホルドレン米大統領補佐官(科学技術担当)、オーストラリアのグレゴリー・アンドルー・ハント氏、シンガポール科学技術研究庁のリム・チュアン・ポー長官、メキシコのミチャ・サガ・エリアス氏らである。

サンライズケンピンスキーホテル、北京&雁栖島のブライス・ピーン総支配人は「われわれがチーム提供の上質サービス、入念な準備、斬新な料理をもってG20閣僚会合をもてなしたのは今年2回目である。われわれは各閣僚、中国政府から高く評価された。チームと私はこのような重要イベントを開く機会を得て誇りに思う。これは当ホテルに世界の要人を迎えるに際し、われわれが中国政府から受けた信頼を確認するものである」と語った。

ピーン氏は「サンライズケンピンスキーホテル、北京&雁栖島は、欧州のスタイルと豪華さを名高い中国伝統文化とともに提供できることを、あらためて世界に示した」と付け加えた。

▽編集者注意
北京の都心から60キロにあり、風光明媚な雁栖湖に面して燕山と慕田峪万里の長城を一望できるサンライズケンピンスキーホテル、北京&雁栖島は、中国最大のケンピンスキー施設である。

国営Beijing Enterprise Groupが所有しケンピンスキーが運営するこの類を見ないデスティネーションは、湖畔のサンライズケンピンスキーホテル、北京&雁栖島、雁栖島の雁栖ホテルとブティックホテル12軒全体で客室・スイート計594室を擁している。レジャー施設としては、レストランとバー11店、ケンピンスキー・ザ・スパ2店、専用マリーナ、雁栖パゴダ、レクリエーション&フィットネス施設、キッズクラブ2カ所、美しく造園された庭園がある。

1万4069平方メートルの会議スペース、8277平方メートルの北京&雁栖島国際会議センター、ホテルのダンスホール4カ所、会議室23室を配するこの新しいデスティネーションは、主要な政府会議を開催できるように設計され、この地域でグローバルサミットや大規模国際会合に選ばれる場になっている。

愛する人との食事、仕事関係者の接待、会合・会議の開催、大掛かりな、あるいは内輪の結婚披露宴、家族と過ごす週末-サンライズケンピンスキーホテル、北京&雁栖島の諸施設は、従来のリゾートホテル体験ではお目にかかれないものをゲストに提供する。

サンライズケンピンスキーホテル、北京&雁栖島は2014年APEC総会の公式開催地だった。

▽ケンピンスキーについて
1897年創立のケンピンスキーホテルは、欧州最古の高級ホテルグループである。非の打ちどころのないパーソナルサービスと素晴らしいホスピタリティーを提供するケンピンスキーの豊かな伝統は、類を見ない特別な仕様と個性によって重厚さを増している。ケンピンスキーブランドは現在、31カ国に5つ星ホテル75のポートフォリオを管理し、欧州、中東、アフリカ、アジアに新しい施設を取得し続けている。各ホテルは伝統を見失うことなく、ケンピンスキーブランドの強みと成功を体現している。ポートフォリオには、歴史的なランドマーク施設、受賞歴のある都会のライフスタイルホテル、抜群の質を誇るリゾート、一流住宅が含まれている。各施設は地元の文化的伝統を取り入れながら、ケンピンスキーブランドに対するゲストの期待に応える品質を保っている。ケンピンスキーは、2014年に10周年を迎えた独立系ホテルブランドの世界最大の連合体、グローバル・ホテル・アライアンス(GHA)の創設メンバーである。

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20161107/0861611744-a
Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20161107/0861611744-b

ソース:Sunrise Kempinski Hotel, Beijing & Yanqi Island


Sunrise Kempinski Hotel, Beiing & Yanqi Island Successfully Holds China 2016 G20 Science, Technology and Innovation Ministers Meeting

PR66433

BEIJING, Nov. 7, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Sunrise Kempinski Hotel, Beiing & Yanqi Island Successfully Holds China 2016
G20 Science, Technology and Innovation Ministers Meeting

BEIJING, Nov. 7, 2016 /PRNewswire/ -- The 2016 G20 Science, Technology and
Innovation Ministers Meeting was successfully held at Sunrise Kempinski Hotel,
Beijing & Yanqi Island from 3-5 November 2016.

Following the G20 Energy Minister's meeting in June, this is the second time
this year that the Sunrise Kempinski Hotel, Beijing & Yanqi Island has hosted a
G20 event and the fourth time for the Kempinski team to successfully complete
its mission to host a global forum after APEC in 2014 and the "Understanding
China Conference" in 2015.

More than 500 representatives from G20 members, guest countries, as well as
international organizations attended the G20 Science, Technology and Innovation
Ministers Meeting with a total of 552 room nights occupied during the three-day
event.

Among the VIP attendees were Mr. Wan Gang, minister of Science and Technology,
Mr. Yin Hejiu, Vice Minister of Science and Technology as well as Mr. Xu
Jianpei, Secretary of the Ministry of Science and Technology.

Other global ministers to receive Kempinski's European hospitality included Mr.
John Paul Holdren from the United States of America, Mr. Gregory Andrew Hunt
from Australia, Mr. Lim Chuan Poh from Singapore, Mr. Micha Zaga Elias from
Mexico and many more.

"This is the second time for us to host the G20 ministers meeting this year,
with a high quality of service, a detailed preparation and an innovative food
menu that was presented by the team," said Brice Pean, General Manager at
Sunrise Kempinski Hotel, Beijing & Yanqi Island. "We were highly valued by the
ministers and Chinese government. My team and I are proud to have had the
opportunity to host such an important event which confirms the trust we are
receiving from the Chinese government to host world dignitaries at our hotel.

"Sunrise Kempinski Hotel, Beijing & Yanqi Island has again demonstrated to the
world that we are capable to deliver European flair and luxury in combination
with the highly respected traditional Chinese culture," added Pean.

Editor's Notes:

Located 60km north of Beijing's city centre, alongside the picturesque Yanqi
Lake and boasting panoramic views of Yan Mountain and the Mutianyu section of
the Great Wall, Sunrise Kempinski Hotel, Beijing & Yanqi Island is Kempinski's
largest property in China.

This unique destination, managed by Kempinski, and owned by state-owned Beijing
Enterprise Group, includes a total of 594 guestrooms and suites housed across
the Sunrise Kempinski Hotel, Beijing & Yanqi Island located along the lake, the
Yanqi Hotel and 12 Boutique Hotels, located on Yanqi Island. Leisure facilities
include 11 restaurants and bars, two Kempinski The Spa, a private marina, the
Yanqi Pagoda, recreational and fitness facilities, two Kids Clubs and
beautifully-landscaped gardens.

With 14,069 square metres of meeting space, spread across the
8,277-square-metre Beijing Yanqi Lake International Conference Centre, and the
hotels with four ballrooms and 23 meeting rooms, this novel destination is
designed to host high profile government conferences and is set to become the
location of choice for global summits and large-scale international meetings in
the region.

Be it dining with loved ones, entertaining business associates, hosting a
meeting or staging a conference, celebrating a large or intimate wedding, or a
weekend escape with the family, the facilities at Sunrise Kempinski Hotel,
Beijing & Yanqi Island offer guests a surprising change from their traditional
experience in a resort hotel.

The Sunrise Kempinski Hotel, Beijing & Yanqi Island destination was the
Official Host Venue for APEC China 2014.

About Kempinski:

Created in 1897, Kempinski Hotels is Europe's oldest luxury hotel group.
Kempinski's rich heritage of impeccable personal service and superb hospitality
is complemented by the exclusivity and individuality of its properties.
Kempinski now manages a portfolio of 75 five-star hotels in 31 countries and
continues to add new properties in Europe, the Middle East, Africa and Asia.
Each one reflects the strength and success of the Kempinski brand without
losing sight of its heritage. The portfolio comprises historic landmark
properties, award-winning urban lifestyle hotels, outstanding resorts, and
prestigious residences. Each one is imbued with the quality guests have come to
expect from Kempinski while embracing the cultural traditions of its location.
Kempinski is a founding member of the Global Hotel Alliance (GHA), the world's
largest alliance of independent hotel brands, which is celebrating its tenth
anniversary in 2014.

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20161107/0861611744-a
Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20161107/0861611744-b

Source: Sunrise Kempinski Hotel, Beijing & Yanqi Island


本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中