500ルピー札と1000ルピー札の廃貨、インドへの外国投資にどう影響するか

Neeraj Bhagat & Co.

2016/11/15 16:58

500ルピー札と1000ルピー札の廃貨、インドへの外国投資にどう影響するか

AsiaNet 66522(1462)

【ニューデリー2016年11月14日PR Newswire=共同通信JBN】
▽事実関係
インドの500ルピー、1000ルピー両紙幣の廃貨は、国内の汚職とブラックマネーと戦うため2016年11月8日にインド政府が取った措置である。11月8日深夜からすべての500ルピー札と1000ルピー札は、インド法定通貨としての受け入れを停止された。

Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20161114/438682

世界的に見て、これは異常なことではない。いくつかの国の中央銀行は、そのほとんどを非常に高額の金種で、経済に巨額の現金を投入している。米国では100ドル紙幣が現金供給の80%を占める。日本でも1万円(約100米ドル)札が総現金保有量の90%を占めている。多くの国で、この現金の大部分がアンダーグラウンドのブラック経済を支えてきた。

▽なぜ実施されたのか?
廃貨は、テロリズムの資金に利用されるとみられる流通紙幣偽造を阻止し、国内のブラックマネーを厳しく取り締まる取り組みとして実施された。

▽この措置の影響
廃貨は圧倒的な量で銀行預金の増加をもたらす。銀行は維持するべき現金準備率(CRR)があり、預金が増えれば融資を増やせるため、融資活動を増強することになる。与信(融資)が容易になり、金利が下落しそうだ。こうして、近い将来により大きな海外投資を誘致することになる。

さらに、この措置は恐らく地価を含めて不動産価格を押し下げる。と言うのも、投資家は不動産に持ち金を利用することができず、建設業者はより安価での販売を強いられる。インドの不動産部門におけるより大きな透明性は、この国のイメージ改善に役立ち、より大きな海外投資を引きつける。

▽執筆者について
ニーラジ・バガット(Neeraj Bhagat)氏は1997年以来、インド勅許会計士協会(ICAI)の会員である。英国の国際会計士協会アソシエートメンバーでもある。同氏は、インドの公認会計士企業Neeraj Bhagat & Co.の創設者である。同社はニューデリー、グルガオン、ムンバイに事務所を構えて、世界のさまざまな多国籍企業にサービスを提供している。同社は世界の10大会計事務所連合の1つAllinial Global Accounting Associationに参加している。

詳しい情報はhttp://www.neerajbhagat.com を参照。

ソース:Neeraj Bhagat & Co.


Ban on 500 and 1000 Currency Notes, How it Effects Foreign Investment in India

PR66522

NEW DELHI, Nov 14 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Facts  

The demonetization of 500 and 1000 rupee banknotes is a step taken by the
Government of India on 8th November 2016 to fight corruption and black money
issues in the country. Starting from midnight of 8 November 2016, all 500 and
1000 rupee notes ceased to be accepted as a form of legal tender in India.


(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20161114/438682 )


Globally, this is not unusual. Central banks of several countries pump massive
amounts of cash into the economy, mostly in very large denominations. In the
US, $100 note accounts for 80% of the cash supply. In Japan, ¥10,000 note
(about $100) accounts for 90% of total cash holdings. Across countries, most of
this cash has been supporting underground black economies.

Why it is done?

The demonetization was done in an effort to stop the counterfeiting of the
current banknotes alleged to be used for funding terrorism and for cracking
down on black money in the country.

Impact of the move

Demonetization will increase bank's deposits by a huge margin. This will also
increase the lending activity because banks have a CRR (cash reserve ratio) to
maintain and with more deposits they can do more lending. Credit (loans) will
become easier and interest rates may come down. Thus, it will attract more
foreign investments in near future.

Further, the move will probably push down property prices, including land
prices as investors will not be able to utilize their cash in real estate and
thereby forcing builders to sell at lower prices. Greater transparency in
Indian real estate sector will assist in improving the country's image and
attract more foreign investments.

About the author:  

Neeraj Bhagat is a member of the Institute of Chartered Accountants of India
(ICAI) since 1997. He is also an Associate member of Association of
International Accountants, United Kingdom. He is the founder of Neeraj Bhagat &
Co., an Indian Chartered Accountancy firm serving various MNCs from across the
globe with offices in New Delhi, Gurgaon and Mumbai. They are part of Allinial
Global Accounting Association which is one of the World's Top 10 in accounting
associations.

For more information please log on to: http://www.neerajbhagat.com

SOURCE: Neeraj Bhagat & Co.

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中