ビッグ・バン フェラーリ 限りないイマジネーションのパートナーシップが生み出したアイコニックなタイムピースの新作

HUBLOT

2016/12/1 10:06

AsiaNet 66655

ビッグ・バン フェラーリ
限りないイマジネーションのパートナーシップが生み出したアイコニックなタイムピースの新作

【マラネロ(イタリア)2016年11月24日PR Newswire】ウブロ(Hublot)はこれまでも独創的なデザインの時計を製作してきたが、これは2011年から続くフェラーリ(Ferrari)とのコラボレーションにも当てはまる。新作はそれぞれ、2つのブランドを結び付けるイノベーション、エクセレンス、パフォーマンスのあくなき追求を体現している。ビッグ・バン フェラーリ(Big Bang Ferrari)も例外ではない。最新型フェラーリの革新的なボリュームとアイコニックなデザインからインスピレーションを受けて、フェラーリとウブロはこれまでのビッグ・バン ウニコ(Unico)と同じケースデザインを見直した。

▽最高峰の2つの世界
この新デザインは、ウブロの最先端の発想とフェラーリのデザインランゲージを組み合わせている。見事なシルエットとバランスはビッグ・バン フェラーリの新しい構造を際立たせ、高い機能とスタイリッシュな細部を兼ね備えている。

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20161123/442593
(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20161123/442595
(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20161123/442594
(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20161123/442596
(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20161123/442597

3時位置にある分カウンターと日付ウインドウはフェラーリのタコメーターからデザインされ、日付表示はスピードメーターから着想を得ている。跳ね馬のロゴは6時位置に控えめに配され、9時位置には空気抜きを形どった秒カウンターがある。デザインを全面的に改めた長針と短針は、読みやすさが改善されている。アラビアインデックスは目盛りの位置と一致してダイアル上に浮いているように見え、全体に3Dの印象を与えている。

創造力に富むボリュームと細くて機能的な形の間で精妙なバランスをとり、ベゼルの輪郭デザインはねじ6本の皿穴に改められた。人間工学的に優れたねじを保護する形で、総合制御ユニット(ICU)から直接取られたかのように見える。


リュウズ側のミドルケースには、ラ フェラーリ(LaFerrari)モデル後部のアイコニックな溝を思わせる赤線のディテールが施されている。細長いプッシュボタンは、車のペダルのデザインが取り入れられている。ウブロのロゴがあるリュウズには、より統合され人間工学的な竜頭カバーが付いている。これは、フェラーリのダッシュボードの中央部にあるターボ・パフォーマンス・エンジニア(TPE)セットを想起させる。ほかの外形もフェラーリの特徴からインスピレーションを得ている。「フェラーリ」の名は、今やアイコニックになったウブロの多層構造のケースの全体に明るい赤で飾られている。
ビッグ・バンフェラーリは、フライバッククロノグラフが文字盤のコラムホイールと統合されたウブロのマニュファクチュールのムーブメント、”ウニコ”を内蔵している。前後に揺れる分銅は、フェラーリ車輪リムのアイコニックなスター型スポークデザインを反映し、地板、ブリッジ、分銅は全て黒PVDで加工され、文字盤とサファイアの裏面から透かし見ることができる。

▽スタイルと機能性の融合
新デザインは細かなディテールにまで、ビッグ・バンの曲面を際立たせている。

ソース:HUBLOT

(日本語リリース:クライアント提供)


BIG BANG FERRARI - A New Edition of the Iconic Timepiece Created by the Partnership that is Never Short of Imagination

PR66655

MARANELLO, Italy, Nov. 24, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/

     Hublot has always created models with a distinctive design and this holds
true also for its collaboration with Ferrari, begun in 2011. Each new edition
embodies the constant quest for innovation, excellence and performance which
unites these two brands. The Big Bang Ferrari is no exception. Taking
inspiration from the innovative volumes and iconic design of the most recent
Ferrari models, Ferrari and Hublot have redesigned the contours of the Big Bang
Unico model.

    The best of both worlds

    This new design combines Hublot's cutting-edge ideas and Ferrari's design
language. The perfect silhouette and proportions highlight the new architecture
of the Big Bang Ferrari, featuring highly functional yet stylish details.

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20161123/442593 )

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20161123/442595 )

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20161123/442594 )

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20161123/442596 )

     (Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20161123/442597 )

    The minute counter and date window at 3 o'clock are designed like a car
tachometer and style of the date is inspired by a Ferrari speed dial. The
Prancing Horse logo features discreetly at 6 o'clock. At 9 o'clock, the seconds
counter is in the shape of an air extractor. The hour and minute hands, which
have been completely redesigned, offer improved readability. Instead of being
positioned horizontally, the numerals are now positioned in line with the
indices, which seem to float above the dial, giving the whole piece a 3D look.

    Forming a subtle yet perfect balance between innovative volumes and
slender, functional forms, the contours of the bezel have been redesigned with
countersunk notches for the 6 screws; a more ergonomic form that protects the
screws and looks as if taken directly from an integrated control unit.

    On the crown side, the case middle features a red line detail, recalling
the iconic groove to the rear of the LaFerrari model. The elongated
push-buttons are fixed to a rotating staff like the pedals on a car. Marked
with the Hublot logo, the crown has a much more integrated and ergonomic crown
guard. It evokes the characteristic form of the TPE (Turbo Performance
Engineer) set in the centre of the Ferrari dashboard. The other profile is
inspired by the styling of Ferrari cars. The name "Ferrari" is emblazoned in
bright red across the watch's now iconic sandwich-like case construction.

    The Big Bang Ferrari is equipped with a Unico movement - the Hublot
Manufacture movement that integrates a flyback chronograph with column wheel
positioned on the dial side. The oscillating weight echoes the iconic star
spoke design of the Ferrari wheel rims, while the main plate, bridges and
oscillating weight are all treated with black PVD and can be seen through the
dial and sapphire case-back.

    A fusion of style and functionality

    The new design perfectly accentuates the curves of the Big Bang, down to
the smallest detail.

SOURCE: HUBLOT

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中