国際軟骨修復学会が世界的なナレッジベース拡大目指し初のグローバルな患者登録を開始

The International Cartilage Repair Society(ICRS)

2016/12/9 10:18

国際軟骨修復学会が世界的なナレッジベース拡大目指し初のグローバルな患者登録を開始

AsiaNet 66823(1601)

【チューリヒ2016年12月8日 PR Newswire=共同通信JBN】

国際軟骨修復学会(International Cartilage Repair Society、ICRS)は、世界的規模での関節軟骨損傷、病歴、治療のためのユニークな国際的データプールの構築を目指し、初めてのグローバルな、ウェブベースの患者登録をこのほど開始した。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20161207/446490LOGO

この患者登録は、臨床医、企業、健康資金提供者が利用できる多数のエビデンスを劇的に拡大し、急性軟骨損傷および初期の変形性関節症の治療における最も効果的、安全、経済的で臨床的に関連する治療、デバイスおよびプラクティスへの理解増進に利用できるプールされたデータを提供する。ICRSの会長、ケネス・R・ザスラフ博士は「これは多くの新技術により急速に変化している分野だ。患者登録はわれわれのメンバー間のケアと研究を調整することを可能にし、企業が関連する問題をより速やかに理解し、それによって彼らの技術の使用感を得ることを助ける。さらに、患者登録が、様々な治療を比較し、またそれにより前向きかつランダム化された研究へのより迅速な登録を円滑化し、その結果、患者ケアにおける改善のための全体的時間を短縮するためのプールされたデータソースとして機能することを、われわれは期待している」と述べた。

重要なことに、この患者登録はデータを利用するのに単純で直感的なウェブベースのインターフェースを使用している。まず初めに、患者は電子機器を使ってアクセスし、患者として登録されることに同意する。次いで臨床医は、臨床データを入力し、その後、患者登録側は患者本人に連絡して患者の結果スコアや合併症を記録する。新しいデータとともに、患者登録側はまた既存のデータセットを吸収することができ、それによりこれまで臨床試験中ないし既に小規模な患者登録に入っていた患者の長期的フォローアップの潜在的可能性を即座に支援することができる。ICRS Registry Steering Committee(患者登録運営委員会)委員長のレーラ・ビアント博士は「患者登録の1年目内に一部の患者や技術のための10年分のデータを組み込むことができるだろう」と語った。さらに、中核のプールされたデータと併せて患者登録ソフトウエアにより臨床医は追加のスコアないしそれらに関連するユニークな結果判定法を使うことができる。

患者登録の使用言語は発足時点では英語だけだが、2017年春には、さらに6か国語が加えられる計画だ。現時点でのデータは膝関節・足首に限定されているが、股関節と肩のデータは近い将来に組み込まれる。

より詳細な情報は以下を参照

http://cartilage.org/society/icrs-patient-registry/

ICRSの目的は慈善である:ICRSは軟骨修復の分野における科学的研究と医師、科学者、患者、研究者間の知識の交換を標榜している。

▽問い合わせ先

Cartilage Executive Office (CEO) GmbH

Email: ceo@cartilage.org

Web: http://cartilage.org/

ソース:The International Cartilage Repair Society(ICRS)

  International Cartilage Repair Society Launches First Global Patient Registry to Expand Knowledge Base Worldwide

PR66823

ZURICH, Dec. 8, 2016 /PRNewswire=KYODO JBN/

     The International Cartilage Repair Society (ICRS) has launched the first

global, web-based patient registry, offering a unique international data pool

for articular cartilage injury, history and treatment worldwide.

     (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20161207/446490LOGO )

    The Registry will dramatically expand the body of evidence available to

clinicians, companies and health funders, providing pooled data that can be

harnessed to better understand the most effective, safe, economical and

clinically-relevant treatments, devices and practices in the treatment of acute

cartilage damage and early osteoarthritis. "This is a fast-moving field with

many new techniques", said Dr Kenneth R. Zaslav, President of the ICRS. "The

Registry will allow us to coordinate care and research between our members, and

it will help companies see relevant problems sooner, and thereby get a feeling

for usage of their technologies. In addition, our hope is that the Registry

will serve as a pooled data source for comparing treatments thereby

facilitating more rapid enrolment in prospective, randomised studies - in turn

shortening the overall time for improvements in patient care."

    Crucially, the Registry uses a simple, intuitive web-based interface to

harness the data. First, a patient adds themselves electronically and consents

to inclusion in the Registry. The clinician then inputs the clinical data,

after which the Registry contacts the patient to record their outcome scores

and any complications. Along with new data, the Registry is also able to

assimilate existing data sets, thereby immediately bolstering the potential for

longer-term follow-up of patients who have previously been in trials, or those

already part of smaller registries. "Within the first year of the Registry we

will be able to incorporate 10-year data for some patients and techniques",

noted Dr Leela Biant, Chair of the ICRS Registry Steering Committee.

Furthermore, in conjunction with core, pooled data sets the Registry software

allows clinicians to bolt on additional scores or unique outcome measures

relevant to them.

    At launch the Registry is available in English with six additional

languages planned for the spring of 2017. Current data is restricted to the

knee with the ankle, hip and shoulder being incorporated in the near future.

    FOR MORE INFORMATION PLEASE VISIT:

    http://cartilage.org/society/icrs-patient-registry/

    The purpose of the ICRS is charitable: The society envisages the scientific

research and the exchange of knowledge among physicians, scientists, patients

and researchers of the industry in the field of Cartilage Repair.

    CONTACT

    Cartilage Executive Office (CEO) GmbH

    Email: ceo@cartilage.org

    Web: http://cartilage.org/

SOURCE: The International Cartilage Repair Society (ICRS)

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中