ZEISSが記録的な売上高と利益を達成

Carl Zeiss AG

2016/12/19 13:18

ZEISSが記録的な売上高と利益を達成

AsiaNet 66923(1639)

【シュツットガルト(ドイツ)2016年12月14日PR Newswire=共同通信JBN】

*競争力の向上で当社史上最高の利益に

ZEISS Groupは2015/16年度(2016年9月30日終了)に売上高、利益ともに伸びて記録的水準を達成した。売上高は48億8100万ユーロ(前年度45億1100万ユーロ)で8%の急増。金利払税引き前利益(EBIT)は6億1500万ユーロで、前年度の数字(3億6900万ユーロ)を大きく上回った。EBITマージンは13%だった。受注額は初めて50億ユーロの水準を超えた。

カールツァイス(Carl Zeiss AG)社長兼最高経営責任者(CEO)のミヒャエル・カシュケ博士は「当社の競争力強化計画は今や本当に結実しつつある。当社の全ポートフォリオが健全な利益に貢献している。事業の全分野で成長が報告された」と語った。

ZEISSは取引の90%弱をドイツ国外で生み出している。アジア太平洋地域は特に成功しており、売上高は全体で11億2300万ユーロだった。これは為替レート調整後で前年度比17%増に相当する。

2016/17年度は、ZEISSは世界的に緩やかな経済成長を予測しており、売上高のわずかな増加とこれに匹敵するEBITマージンを見込んでいる。

詳細は次を参照:www.zeiss.com/pressconference

▽ZEISSについて

ZEISSは、光学および光電子工学産業で活動する国際的な大手技術企業である。ZEISS Groupは計測技術、顕微鏡、医療技術、眼鏡レンズ、カメラ・映写レンズ、双眼鏡、半導体製造設備を開発、生産、供給している。ZEISSは研究・品質技術、医療技術、視覚保護・消費者光学、半導体製造技術の4部門に分かれている。ZEISS Groupは40カ国以上に進出し、50以上の販売・サービス拠点、30超の生産拠点、約25の研究開発施設を世界中で運営している。同社は1846年にドイツのイエナで創設され、オーバーコッヘンに本社を置く。カールツァイス(Carl Zeiss AG)は、ZEISS Groupを経営する戦略的経営持ち株会社であり、カールツァイス財団(Carl Zeiss Stiftung)が全額出資している。

▽報道関係問い合わせ先

ZEISS Group

Jorg Nitschke

Press Spokesman

Phone:+49-7364-20-3242

Email:joerg.nitschke@zeiss.com

ソース:Carl Zeiss AG

ZEISS Achieves Record Revenue and Earnings

PR66923

STUTTGART, Germany, Dec 14/PRNewswire=KYODO JBN/ --

Improved Competitiveness Leads to Best Earnings in Company's History

In the past 2015/16 fiscal year (ended 30 September 2016) the ZEISS Group

increased both its revenue and earnings, achieving record levels: revenue rose

to EUR4.881 billion (prior year: EUR4.511 billion). This corresponds to a sharp

increase of eight percent. At EUR615 million, EBIT was significantly above last

year's figure (EUR369 million). The EBIT margin was at 13 percent. For the first

time, incoming orders exceeded the 5 billion euro mark.

"Our programs for increasing competitiveness are now truly coming to fruition.

Our entire portfolio is contributing to the healthy earnings. Increases were

reported in all our fields of business," says Dr. Michael Kaschke, President

and CEO of Carl Zeiss AG.

ZEISS generates just under 90 percent of its business outside Germany. ZEISS

was particularly successful in the Asia/Pacific region with revenue totaling

EUR1.123 billion. This corresponds to an increase of 17 percent over the prior

year after currency adjustments.

For fiscal year 2016/17, ZEISS expects to see moderate global economic growth,

and anticipates a slight revenue increase and a comparable EBIT margin.

More information is available at www.zeiss.com/pressconference.

About ZEISS

ZEISS is an internationally leading technology enterprise operating in the

optics and optoelectronics industries. The ZEISS Group develops, produces and

distributes measuring technology, microscopes, medical technology, eyeglass

lenses, camera and cine lenses, binoculars and semiconductor manufacturing

equipment. ZEISS is divided up into the four segments Research & Quality

Technology, Medical Technology, Vision Care/Consumer Products and Semiconductor

Manufacturing Technology. The ZEISS Group is represented in over 40 countries

and has more than 50 sales and service locations, upwards of 30 manufacturing

sites and about 25 research and development facilities around the globe.

Founded in 1846 in Jena, the company is headquartered in Oberkochen, Germany.

Carl Zeiss AG is the strategic management holding company that manages the

ZEISS Group. The company is wholly owned by the Carl Zeiss Stiftung (Carl Zeiss

Foundation).

Contact for the press:

ZEISS Group

Jorg Nitschke, Press Spokesman

Phone: +49 7364 20-3242

Email: joerg.nitschke@zeiss.com

Source: Carl Zeiss AG

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中