ネパールのカトマンズと中国の成都が姉妹都市に

Gochengdu

2016/12/27 16:12

ネパールのカトマンズと中国の成都が姉妹都市に

AsiaNet 66989 (1675)

【成都(中国)2016年12月26日新華社=共同通信JBN】ネパールの首都カトマンズと中国の都市・成都市が正式に姉妹都市の合意を結んだ。

姉妹都市の協定はカトマンズ市長のルドラ・シン・タマン氏と成都市党委員会常務委員のタン・リアンジ氏によって成都で調印された。

この姉妹都市の関係は両国間の国民の相互理解と友好を進め、両都市間の親しい協力を強化、発展させると予想されている。

カトマンズのルドラ・シン・タマン市長は調印後、「この姉妹都市関係の考え方は、われわれ相互、特に両市の人々の絆を深める上での新たなマイルストーンである。両市は例えば旅行のプロモーション、能力開発、インフラストラクチャー、情報、通信といった多くの分野を必要に応じ、お互いに補足し合うだろう」と述べた。

同市長は、この新たな絆が経済協力と開発プロジェクトの道を開くことへの希望を表明した。

両市は特に貿易、文化、観光、教育、農業、ヘルスケア、都市計画、危機管理の分野を重視しながら平等と互恵に基づき協調して努力することで合意した。

さらに両市はハイレベルの相互訪問と市行政府間の連絡促進を強化することに合意した。

成都市党委員会常務委員のタン・リアンジ氏は「成都は科学、テクノロジー、情報とコミュニケーションの発展によって強化された経済センター、カトマンズは政治、経済、文化のハブである。われわれは今後の具体的なプロジェクトと事業協力に期待している」と述べた。

タン氏はさらに、両市は水の供給処理、エネルギー、金融と都市管理といった多くの分野で共通の関心を持っていると述べた。

両市は経済と貿易の協力を進め、お互いの経済成長のための活動を組織する。

税関の統計によると、2016年1月から10月までの成都とネパールの輸出入合計は580万米ドルに達した。輸出が486万ドル、輸入が93万ドルである。

ネパール・中国商工会議所(Nepal China Chamber of Commerce and Industry)のラジェシュ・カジ・シュレスタ会頭は新華社に「成都は非常に大きなマーケットなので、われわれには多くのビジネスチャンスがある。われわれは輸入に大きく頼っていることから貿易赤字が非常に大きい。だから、われわれは貿易、投資、観光に集中し、カトマンズだけでなく両市の利益に資する必要がある」と述べた。

成都からネパールへの輸出品は繊維、衣料、絹、絶縁ワイヤー、ケーブル、西洋薬剤で、輸入品は生皮、皮製品、ベースメタルの様々な品目、印刷、家具、衣料を含む。

また、両市は共に観光事業の促進に取り組む。両市は既にエア・チャイナと四川航空の直行便で結ばれている。現在、週12便が成都・カトマンズ間に就航している。

ネパールの観光事業起業家でNimi Travels and Toursオーナーのニラジャン・ティワリ氏は新華社に「四川省、特に成都から、極めて多くの旅行者を受け入れている。この新しい絆により、さらに多くの中国人がネパールを訪問してくれることを願っている」と語った。

同氏は、ネパールには毎年多くの外国人旅行者が訪れており、ネパールは都市管理の技術を成都から学び、成都はもてなしについてネパールから学ぶことができると述べた。

同氏は「これはお互いの文化とライフスタイルを学ぶチャンスでもある」と述べた。

ソース:Gochengdu

Nepal's Kathmandu and China's Chengdu Become Sister Cities

PR66989

CHENGDU, China, Dec. 26, 2016 /Xinhua=KYODO JBN/--

Nepali capital city Kathmandu and Chinese city Chengdu have formally entered

into the bond of sister cities.

An agreement to that effect was signed here by Chief of Kathmandu Metropolitan

City Rudra Singh Tamang and visiting Party Secretary of CPC Chengdu Committee

Tang Liangzhi.

The sister city relationship is expected to enhance mutual understanding and

friendship between the people of two countries and to consolidate and develop

friendly cooperation between the two cities.

"This concept of sister city relationship is another milestone in enhancing our

bilateral ties, especially among people of two cities. The two cities will

complement each other on various fields like tourism promotion, capacity

development, infrastructures and information and communications as per the

need", Rudra Singh Tamang, Chief of Kathmandu Metropolitan City said after

signing the agreement.

He expressed hope that the new bonding would pave the way for economic

cooperation and development projects.

The two cities have agreed to make concerted efforts on the basis of equality

and mutual benefit, with special focus in the areas of trade, culture, tourism,

education, agriculture, health-care, urban planning and crisis management.

The two cities have further agreed to strengthen the exchange of high-level

visits, encourage and facilitate communication between municipal governments.

Tang Liangzhi, Party Secretary of CPC Chengdu Committee said, "Chengdu is an

economic center enriched with science and technology and advancements in

information and communication while Kathmandu is a hub for politics, economics

and culture. We can be hopeful about substantial projects and bussiness

cooperation in the coming days."

Tang also mentioned that both cities have found common interest in various

areas such as water supply treatment, energy, finance and urban management.

The twin cities will promote economic and trade cooperation and organize

activities for the economic growth of each other.

Custom statistics state that from January to October 2016, the total

exportimport volume between Chengdu and Nepal reached 5.8 million US dollars,

including 4.86 million dollars in export and 930,000 dollars in import.

"Chengdu is a very big market so we have high business opportunities. Our

trading deficit is quite high as we are highly dependent upon imports. So, we

need to focus on trade, investment and tourism that can benefit not just

Kathmandu, but both the cities," Dr. Rajesh Kazi Shrestha, President of Nepal

China Chamber of Commerce and Industry told Xinhua.

The products which Chengdu exports to Nepal include textile, clothing, silks,

insulated wire, cable and western medicine while the imported products include

raw hide as well as leather ware, miscellaneous articles of base metal,

presswork, furniture and clothing.

The two cities will also work together for the promotion of tourism as they

already have direct air connectivity through Air China and Sichuan Airlines.

Currently, there are 12 flights per week flying from Chengdu to Kathmandu.

"As we receive huge number of tourists from Sichuan province, especially

Chengdu, we are hopeful that this new bonding will attract more number of

Chinese to Nepal," Nirajan Tiwari, a Nepali tourism entrepreneur and owner of

Nimi Travels and Tours told Xinhua.

Nepal can learn about the urban management techniques from Chengdu while

Chengdu can learn about hospitality from Nepal as our country welcomes large

number of foreign tourists every year, he said.

"It's also an opportunity for learning each other's culture and lifestyle," he

said.

Source: Gochengdu

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中