ブリティッシュ・カウンシルIELTS賞2016/17の締め切りを延長

ブリティッシュ・カウンシル(IELTS)

2017/1/4 11:00

AsiaNet 66979

ブリティッシュ・カウンシルIELTS賞2016/17の締め切りを延長

東アジアの学生に最高40,000英ポンドの留学費用を授与

香港、2017年1月3日 /PRNewswire/ -- ブリティッシュ・カウンシルIELTS賞2016/17の締め切りを、2017年2月28日まで延長することになりましたのでお知らせします。各国賞の奨学金は300,000円、東アジア賞Grand prizeの受賞者には最高6,240,000円の留学費用が授与されます。2011年にIELTS賞が設立されてから、50名を超える受賞者が、希望した世界各国(英国、米国、オーストラリアおよびカナダ)の大学へ留学しました。大学学部もしくは大学院のコースを 2017 年 (学年度) に開始予定の方*は、ぜひご応募ください。

写真 - http://photos.prnasia.com/prnh/20161212/8521608074

「ブリティッシュ・カウンシルIELTS賞の応募を希望している方からの多くの問い合わせがあったため、その要求に応えるべく、締め切りの延長を決めました」と東アジア・テスト担当ディレクターのグレッグ・セルビーは述べています。「私たちは、より多くのIELTS受験者に人生が変わるようなチャンスを提供し、それぞれの夢を叶えるための手助けをすることを目指しています。2017年度に開始するのであれば、留学先やそのコースの開始月を問わずに、本奨学金に応募することが可能です」

ブリティッシュ・カウンシルIELTS賞2016/17は、海外での大学学部もしくは大学院のコースを 2017 年度に開始予定であり、入学資格としてIELTSのスコアを求める高等教育機関に入学する予定の学生からの申し込みを受け付けています。IELTSの4つのコンポーネント全てでバンドスコア6以上を取得していること、また、その試験結果は、2016年4月1日以降にブリティッシュ・カウンシルまたは公益財団法人日本英語検定協会で受験したIELTSテストであることが応募資格となります。詳細は、弊機関のWebサイト(http://www.ieltsasia.org/ielts-prize/japan/)をご覧ください。

IELTSの公式テストセンターとして、ブリティッシュ・カウンシルと日本英語検定協会は、IETLS試験対策のための30時間に及ぶ『IELTS対策の無料オンライントレーニングエリア』などの様々なサポートを提供しています。更に、テストは1カ月に3回実施されるため、受験者のスケジュールに柔軟に対応することも可能です。IELTSテストの詳細はこちらのWebサイト(https://www.britishcouncil.jp/exam/ielts)をご覧ください。

*日本および香港、マカオ、インドネシア、韓国、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、台湾、タイ、ベトナムを含む東アジアのいずれかの国か地域の永住権を有していることが条件です。

編集者注釈

編▽ブリティッシュ・カウンシルとIELTSについて

ブリティッシュ・カウンシル(British Council)は、教育機会と文化交流を目指す、英国の公的な国際文化交流機関です。世界107の国と地域にオフィスを展開しています。教育と文化を通じて、英国と日本を結ぶ架け橋になることを目指しています。

IELTS(アイエルツ)は「International English Language Testing System」の略で、世界で最も受験されている英語運用能力テストのひとつです。IELTSは約25年前に開発された、4技能を測定する英語試験のパイオニアの一つで、今日に至るまで英語試験の基準になっています。このテストは9000を超える世界の様々な機関によって認められ、信頼できる英語力証明として利用されています。IELTSはブリティッシュ・カウンシル、IDP: IELTS Australia、ケンブリッジ大学英語検定機構が共同で運営しています。日本では、ブリティッシュ・カウンシルと公益財団法人 日本英語検定協会が共同で試験実施を行っています。

(日本語リリース:クライアント提供)

British Council IELTS Prize 2016/17 application timeline extended

PR66979

HONG KONG, Jan. 3, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Students in East Asia can win up to GBP40,000 tuition fees

The British Council IELTS Prize 2016/17 application deadline has been extended

from 31 December 2016 to 28 February 2017. Prizes for local winners amount to

GBP6,000, while the regional winner for the Grand Prize can win up to GBP40,000

tuition fees. Since the launch of the IELTS Prize in 2011, over 50 winning

students are studying or have completed their studies at their desired

universities across the globe, including the UK, USA, Australia and Canada.

Students in East Asia* who are planning to pursue undergraduate or postgraduate

studies locally or overseas in the academic year commencing in 2017 are

encouraged to apply.

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20161212/8521608074

"Since we have received lots of enquiries from students planning to take the

IELTS test in early 2017 who have also indicated that they wish to apply for

the British Council IELTS Prize, we have decided to extend the timeline to

cater for these candidates," said Greg Selby, Director Examinations, East Asia.

"We aim to bring life-changing opportunities to more IELTS test takers and help

them achieve their dreams.  Regardless of study destinations and the month in

which their studies commence, as long as it falls within the academic year,

candidates will still be eligible to apply for the British Council IELTS

Prize."

The British Council IELTS Prize 2016/17 is now open to applicants from East

Asia* who will begin undergraduate or postgraduate studies locally or abroad in

2017 and attend a higher education institution that accepts IELTS as part of

the admission requirements.  Applicants need to hold a minimum band score of 6

in each of the four skills of an IELTS test taken with British Council or EIKEN

foundation of Japan after 1 April 2016.  For details, please visit

http://www.ieltsasia.org/ielts-prize/japan/.

As an official IELTS test centre, British Council  and EIKEN foundation of

Japan provides full support to registered students preparing for an IELTS test,

including a 30-hour free online practice resource 'Road to IELTS'.  

Furthermore, test sessions are organised three times a month, offering

candidates flexibility.  For details on British Council IELTS, please visit

https://www.britishcouncil.jp/en/exam/ielts.

*East Asia includes: Hong Kong/Macau, Indonesia, Japan, Korea, Malaysia,

Myanmar, the Philippines, Singapore, Taiwan, Thailand and Vietnam

Notes to editor

About British Council IELTS

British Council is the UK's international organisation for educational

opportunity and cultural relations and is represented in 107 countries

worldwide. British Council connects people worldwide with the learning

opportunities and creative ideas from the UK and builds lasting relationships

between the UK and other countries.

IELTS is the International English Language Testing System, the world's proven

English language test. IELTS was one of the pioneers of four skills English

language testing over 25 years ago, and continues to set the standard for

English language testing today. It is trusted and accepted by more than 9,000

institutions worldwide.

IELTS is jointly owned by British Council, IDP: IELTS Australia and Cambridge

English Language Assessment.

SOURCE:  British Council (IELTS)  

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中