第5回シンガポール・ビエンナーレのテーマは「鏡の地図」

Singapore Art Museum

2017/1/4 12:47

第5回シンガポール・ビエンナーレのテーマは「鏡の地図」

AsiaNet 66706(1549)

【シンガポール2017年1月4日PR Newswire=共同通信JBN】アジア有数の刺激的な現代ビジュアルアート展、シンガポール・ビエンナーレ2016は2016年10月27日に開幕し、2017年2月26日まで開催されている。「An Atlas of Mirrors(鏡の地図)」をテーマとする第5回シンガポール・ビエンナーレは、東南アジア、東アジア、南アジア19カ国・地域から集めた63のアーティストおよびアート集団の作品をそろえている。

巨大な彫刻や映画、パフォーマンス・アートといった多彩な媒体のアート作品が9つのサブテーマに沿って監修され、7カ所で展示されているが、このうちシンガポール美術館(SAM)と別館のSAM at 8Qがメイン会場になっている。4カ月にわたる国際的な現代美術展は、シンガポール国立芸術評議会(NAC)に委託され、SAMが主催している。

シンガポール・ビエンナーレのアート作品の80%以上が新作または改作である。これまでのビエンナーレでは見ることのできなかったような展示スペースの特性を生かして新たに制作された作品の数々はテーマである「An Atlas of Mirrors」に呼応し、空間、時間、記憶、自然、境界、作因、アイデンティティー、転置、不在の概念を探求している。

シンガポール・ビエンナーレ2016のクリエーティブディレクター、スージー・リンガム博士は「An Atlas of Mirrorsは人類が世界探検の道具として用いてきた地図と鏡について論及している。私たちの未知への旅をそれらがナビゲートしてくれるからである。学芸的指示を導く示唆に富んだテーマが、世界とわれわれ自身を見る多くの方法を探求・体験する鑑賞者の好奇心をかきたて、インスピレーションを与えることを期待したい」と話した。

展示期間中、アーティスト、キュレーターとのトークやツアー、アーティスト・ワークショップ、コミュニティーデー、2017年1月のシンポジウムなどさまざまなプログラムが予定されている。

シンガポール・ビエンナーレ2016では、新たにベネッセホールディングス(ベネッセ)とSAMが主催するアジア版ベネッセ賞が設けられた。これまでの10回はヴェネチア・ビエンナーレで表彰されたが、第11回ベネッセ賞の受賞者は香川県直島のベネッセ・アートサイトに展示される作品の制作を委任され、ベネッセ提供の賞金300万円を受け取る。表彰式は2017年1月に行われるが、最終候補はマーサ・アティエンザ(フィリピン/オランダ)、ブイ・コンカン(ベトナム)、アデ・ダルマワン(インドネシア)、チウ・ジージェ(中国)、パナパン・ヨドマニー(タイ)の各氏である。

メディアキットとソフトコピーのパブリシティー写真は以下からダウンロード可能。

http://bit.ly/2enSRbF

ソース:Singapore Art Museum

The Singapore Biennale Returns for Its Fifth Edition with An Atlas of Mirrors

PR66706

SINGAPORE, Jan. 4, 2017 /PRNewswire-AsiaNet/ --

Singapore Biennale 2016, one of Asia's most exciting contemporary visual art

exhibitions, opened to the public on 27 October 2016 and will run until 26

February 2017. Titled An Atlas of Mirrors, the fifth edition of the Singapore

Biennale features works by 63 artists and art collectives from 19 countries and

territories across Southeast Asia, East and South Asia.

From monumental sculptures to film and performance art, artworks of various

media are curated around nine sub-themes and presented at seven locations, with

the Singapore Art Museum (SAM) and SAM at 8Q as anchor venues. The

four-month-long international contemporary art exhibition is organised by SAM

and commissioned by the National Arts Council of Singapore.

Over 80 percent of the Singapore Biennale artworks are new commissions or

adaptations of works. Featuring several site-specific and works never seen

before on the biennale circuit, the Biennale artworks respond to the title of

An Atlas of Mirrors, and explore notions of space, time, memory, nature,

boundaries, agency, identity, displacement and absence.

"An Atlas of Mirrors references the atlases and mirrors that have been

instrumental in humankind's exploration of the world as we navigate and map our

journeys into the unknown. It is hoped that the evocative title, which guided

its curatorial direction, would intrigue and inspire audiences to explore and

experience the many ways of seeing our world and ourselves," says Dr Susie

Lingham, Creative Director, Singapore Biennale 2016.

Various programmes will be taking place over the course of the exhibition,

including artist and curator talks and tours, artist workshops, community days

and a symposium in January 2017.

Singapore Biennale 2016 also marks the inaugural Asian edition of the Benesse

Prize, organised by Benesse Holdings, Inc (Benesse) and SAM. Awarded at the

Venice Biennale for the last 10 editions, the winner of the 11th Benesse Prize

will receive a commission to create a work to be exhibited at Benesse Art Site

Naoshima and a cash prize of JPY 3,000,000 from Benesse. The award presentation

will take place in January 2017, and the shortlisted artists are Martha Atienza

(Philippines/ Netherlands), Bui Cong Khanh (Vietnam), Ade Darmawan (Indonesia),

Qiu Zhijie (China) and Pannaphan Yodmanee (Thailand).

Please download media kit and publicity images in soft copy here:

http://bit.ly/2enSRbF

SOURCE  Singapore Art Museum

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中