エリオット・プログラムのダイナミクスが勢いを増し、ルグランがCES 2017で最新式コネクテッドの革新を紹介

ルグラン

2017/1/5 16:36

エリオット・プログラムのダイナミクスが勢いを増し、ルグランがCES 2017で最新式コネクテッドの革新を紹介

AsiaNet 66984

リモージュ(フランス)、2017年1月5日/PRニュースワイヤー/ --

電気とデジタルの建物インフラにおける世界的スペシャリストとして、ルグラン(Legrand)は2017年1月5日~8日にラスベガスで開催されるコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES:Consumer Electronics Show)に連続3年目の参加を果たします。エリオット・プログラム(Eliot program)展開の加速を説明するため、ルグランは新しいコネクテッドホーム管理ソリューションのCeliane with Netatmo、新型コネクテッド・ドアエントリー・システムのClasse 300、そしてプロ用コネクテッド照明管理ソリューションのデジタル照明管理(Digital Lighting Management)システムを紹介します。このようにエリオット・プログラムに重点を置いていることは、ルグランのパートナーシップに焦点を当てることでさらに際立ちます。先ごろの米国でのエリオット開始に続くCES 2017参加は、モノのインターネットと相互運用の考えに関してルグランが育んだ革新ダイナミクスを証明するものです。

(Photo: http://mma.prnewswire.com/media/452658/Legrand_at_CES.jpg )

マルチメディア・ニュースリリースをご覧になるには、こちらをクリックしてください:

http://www.multivu.com/players/uk/8011051-legrand-ces-2017-eliot-program-dynamic  

ルグランの会長兼CEOであるジル・シュネップは、「CES 2017出展は、インテリジェント・ビルディング市場におけるわが社の世界的野望を反映しています。わが社の戦略は、革新的なコネクテッド・ソリューションの開発、適切なインフラの設置、そしてあらゆる要求に対応するようパートナーシップを通じての相互運用性の促進に関するものです」と述べています。

CES 2017で実施のエリオット・プログラム・・・ユーザー体験を着実に向上させるコネクテッド製品とソリューション

コネクテッド機器はエリオット・プログラムの三つの要の一つであり、ルグランは特にコネクテッドホーム向けの製品を紹介することを決定しました。コネクテッド・スイッチおよびソケットのCeliane with Netatmoは、スマートホームを革新、実用化するするルグランの原動力を体現しています。この新シリーズは、コネクテッド照明、ローラーシャッター、サーモスタットのインストールと、スイッチ、スマートフォン、あるいはただの音声指示による局所または遠隔の操作を容易にします。

展示スタンドにおいてルグランは、2016年10月にヨーロッパで発売して以来大きな成功を収めている新型コネクテッド・ドアエントリー・システムのClasse 300も紹介します。これはタブレット、スマートフォンから無料ダウンロードできて登録不要のドアエントリー・アプリを使って、ユーザーがいつでも操作(見る、話す、アクセスする)できるようにするものです。

ルグランは、特にアメリカ市場向けに、店舗など商業部門の建物におけるプロの照明管理用デジタル照明管理(DLM)コネクテッド・ソリューションの宣伝も行います。

かつてないほどスケーラブル、堅固、安全な電気とデジタルのインフラストラクチャーに支えられた革新

通信のコネクテッド機器については、高性能ネットワークのみならず、これらネットワークに接続することのできる建物内のインフラが要求されます。これはエリオット・プログラムの2つ目の要です。ルグランは、すべての製品シリーズをルグラン・クラウド(Legrand Cloud)ひとつにまとめて独自のAPIを立ち上げることで、クラウドに似たインフラストラクチャーを強化しています。

パートナーシップと相互運用性:ルグランのIoT戦略の中核

エリオット・プログラムの3つ目の要である相互運用性は、ルグランの取り組みの中核にあります。これはコネクテッド機器開発の必須前提条件であるため、ルグランはこの点における基準を打ち立てるよう、様々な方法で行動しています。第三者システムと統合してデータを交換できる、オープン系言語の使用を推進できるかどうかが問題です。このためルグランは、ユーザーが多くのサービスを利用するのに欠かせない、信頼がおけて耐久性のある電気設備を提供し、自社を第三者サービス提供者と位置付けているのです。ルグランは、フレンチIOT(French IOT)、ジグビー・アライアンス(Zigbee Alliance)、スレッド・グループ(Thread Group)、フランス郵政公社(la Poste)などと提携しています。

CESにおけるルグラン

ルグラン:サンズ・エクスポA-Dホール:ブースNo.43900

ルグラン&ネタトモ:サンズ・エクスポA-Dホール:ブースNo.43700

ルグランについて

http://www.legrand.com

エリオットについて

http://www.legrand.com/EN/eliot-program_13238.html

ビデオ:

     http://www.multivu.com/players/uk/8011051-legrand-ces-2017-eliot-program-dynamic

Photo: http://mma.prnewswire.com/media/452658/Legrand_at_CES.jpg

情報源:ルグラン

(日本語リリース:クライアント提供)

Legrand at CES 2017: The Eliot Program Dynamic has Gathered Momentum, Legrand Presents its Latest Connected Innovations

PR66984

LIMOGES, France, Jan. 5 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

For the third consecutive year, Legrand, as a global specialist in electrical

and digital building infrastructures, is participating in the Consumer

Electronics Show (CES) at Las Vegas from January 5 to 8, 2017. To illustrate

the accelerated deployment of its Eliot program, Legrand is introducing a new

connected home control solution, Celiane with Netatmo, a new connected door

entry system, Classe 300, and the Digital Lighting Management system, a

connected professional lighting management solution. This focus on the Eliot

program is further accentuated by putting the spotlight on Legrand's

partnerships. Coming in the wake of the recent launch of Eliot in the US, this

participation at CES 2017 evidences the innovation dynamic nurtured by Legrand

around the Internet of Things and the notion of interoperability.

To view the Multimedia News Release, please click:

http://www.multivu.com/players/uk/8011051-legrand-ces-2017-eliot-program-dynamic

"Our attendance at CES 2017 reflects our global ambitions on the intelligent

building market," states Gilles Schnepp, Chairman and CEO of Legrand. "Our

strategy involves developing innovative connected solutions, setting up

suitable infrastructure, and promoting interoperability through partnerships so

as to adapt to all requirements."

The Eliot program in action at CES 2017 - connected products and solutions

for a steadily enhanced user experience

As connected devices are one of three cornerstones of the Eliot program,

Legrand has decided especially to showcase products for the connected home. The

Celiane with Netatmo range of connected switches and sockets embodies Legrand's

drive to innovate and popularize the smart home. This new range makes it easy

to install connected lights, roller shutters or thermostats, and to control

them either locally or remotely, using a switch or a smartphone, or simply by

voice command.

On its stand, Legrand is also presenting the new connected door entry system,

Classe 300, which has proved highly successful since its European launch in

October 2016. It enables users to take action (see, speak, give access) at any

time, from a tablet or smartphone, via the free-to-download Door Entry

application and without any subscription.

Specifically for the American market, Legrand is also promoting its DLM

(Digital Lighting Management) connected solution for professional lighting

management in commercial sector buildings, such as stores.

Innovation supported by an electrical and digital infrastructure that is ever

more scalable, robust and secure

For connected devices to communicate, they require not only high-performance

networks but an infrastructure inside buildings which allows them to connect to

these networks. This is the second cornerstone of the Eliot program. Legrand is

enhancing its infrastructure with a Cloud touch by bringing all of its product

range under a single Legrand Cloud, and launching its own API.

Partnerships and Interoperability: at the core of Legrand's IoT strategy  

The third cornerstone of the Eliot program, interoperability, is at the core of

Legrand's approach. Because this is an essential precondition for the

development of connected devices, Legrand is acting in multiple ways to help

set standards in this respect. At stake is the ability to promote the use of

open languages, capable of integrating with third-party systems and exchanging

data. This is why Legrand is positioning itself as a generator of third-party

services, by providing the reliable and durable electrical installations

without which many services could not be made available to users. Legrand is a

party to several partnerships with associates like The French IOT, Zigbee

Alliance, Thread Group or la Poste for example.

Legrand at the CES

Legrand : Sands Expo, A-D Hall : booth nb 43900 / Legrand & Netatmo : Sands

Expo, A-D Hall : booth nb 43700

About Legrand

http://www.legrand.com

About Eliot

http://www.legrand.com/EN/eliot-program_13238.html

Photo: http://mma.prnewswire.com/media/452658/Legrand_at_CES.jpg

SOURCE: Legrand

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中