AirbiquityがCES 2017でVectorのAUTOSAR準拠の車載OTAソフトウエア・アップデート・ソリューションを発表

Airbiquity

2017/1/5 17:10

AirbiquityがCES 2017でVectorのAUTOSAR準拠の車載OTAソフトウエア・アップデート・ソリューションを発表

AsiaNet 67023(0011)

【シアトル(米国)2016年1月5日PR Newswire=共同通信JBN】

*主要な車載テクノロジー企業がオーバージエア(OTA)ソリューションで協力し、自動車メーカーに競争力の優位性を、消費者に所有することの利益を提供する

コネクテッドテッドビークル・サービスで世界をリードするAirbiquity(R)(http://www.airbiquity.com/ )と車両エレクトロニックシステム、コンポーネント、ネットワーク、ソフトウエア・ツールの大手メーカーVector(https://vector.com/vi_index_en.html )は5日、AUTOSAR(Automotive Open Systems Architecture)(https://www.autosar.org/ )に対応するOTAソフトウエアのアップデートを多様な車両電子制御ユニット(ECU)で可能にするために協業すると発表した。AirbiquityとVector OTAの統合による対面式デモはラスベガスでのCES2017期間中、1月5日から8日を予定している。

Logo - http://mma.prnewswire.com/media/177305/airbiquity_logo.jpg

先進的な車両システムとその特性を稼働させるため、ソフトウエアとECUに依存する度合いは増加しており、マルチECUソフトウエア・アップデートでOTAを活用する自動車メーカーは競合他社に対して明白な優位性を持つことができる。今後何年間で、OTAは自動車メーカーに膨大な財政面での利益をもたらすと予想されている。IHSの最新調査によると(https://technology.ihs.com/532397/auto-tech-report-over-the-air-software-updates-2015 )世界中のコスト削減にかかるソフトウエアのリコール軽減とサイバーセキュリティーの経費は2015年の27億ドルから2022年には350億ドルに増加すると予想されている。同時にOTAにより、自動車メーカーはより速いリコールの順守時間を達成し、サービスを受けるために車をディーラーに持ち込む負担からクライアントを解放し、購入後の良好な対応とその強化を提供することで、クライアントの満足感とロイヤルティーに資することができる。

AirbiquityのSoftware & Data Management製品と配信プラットフォームChoreo(TM)をVectorのFlash Bootloaderと通信ECUsと組み合わせることで自動車メーカーはAUTOSARのスタンダード対応ソリューションを持つことになり、プログラム開発の効率性を増し、マーケット投入までの時間を減らすことが可能となる。

Airbiquityのカミヤル・モインザデ社長兼最高経営責任者(CEO)は「VectorのBootloaderとECU技術をAirbiquityのSoftware & Data Management製品と統合することで、自動車クライアントに先進的で信頼できるエンドツーエンドなOTAソリューションを届けるというわれわれの能力はさらに強化される。自動車メーカーと消費者へ、等しく素晴らしい利益をもたらすわけだが、OTA機能はすべてのコネクテッド車両に必須のコンポーネントとわれわれは信じており、この実現のためにVectorと密接に協業することを楽しみにしている」と述べた。

AirbiquityのSoftware & Data Management製品(https://www.airbiquity.com/product-offerings/software-and-data-management/ )はサービス配信プラットフォームChoreo(https://www.airbiquity.com/choreo-platform/ )で動作し、コネクテッドビークル向けとして高度にターゲットされスケーラブルなソフトウエアのアップデートとデータ収集を効率的かつセキュアに統合、自動化する。Choreoは多様な一連の車両システム、コネクティビティー・デバイス、コミュニケーション・ネットワーク、バックオフィスのITシステムを統合する。

VectorのFlash Bootloader(https://vector.com/vi_flashbootloader_en.html )はECUsを迅速、効率的かつセキュアにリプログラムするコンパクト・ソリューションである。Vector Controllers(https://vector.com/vi_universal_controller_vc_en.html )は車両のコミュニケーションでさまざまなバスシステム、ネットワーク、アーキテクチャーをサポートするECUである。VectorのECU技術はAUTOSAR基準における適格なソフトウエアとスケーラブルなソフトウエアにより迅速なプログラム開発を可能にする。

AirbiquityとVectorのOTA統合、あるいはCES2017での対面デモ手配は電子メールsales@airbiquity.com で連絡を。

▽Airbiquityについて

Airbiquityはコネクテッドビークル・サービスの世界的リーダーであり、自動車テレマティックス技術の開発および設計のパイオニアである。Airbiquityは、業界で最新鋭のクラウドベース・コネクテッドカー・サービス提供プラットフォームChoreoを動作させるとともに、オーバージエア(OTA)ソフトウエアとデータ管理など主要な使用事例すべてをサポートする。自動車メーカー、サプライヤーはAirbiquityと提携し、世界60カ国余りで顧客が要求する安全、エンターテインメント、利便性にこたえる高度にスケーラブルで信頼でき、かつ扱いやすいコネクテッドカー・ソリューションを提供している。Airbiquityの詳細についてはウェブサイトwww.airbiquity.com を参照。AirbiquityはAirbiquity Inc.の商標である。Airbiquityの詳細はウェブサイトhttp://www.airbiquity.com を参照するか、Twitterの@airbiquity (https://twitter.com/airbiquity )で交流を。AirbiquityはAirbiquity Inc.の商標である。

▽問い合わせ先

AIRBIQUITY

Kristin Sandberg

Airbiquity PR

Phone: +1 206-344-3133

media@airbiquity.com

ソース:Airbiquity

Airbiquity Introduces AUTOSAR Compliant Over-the-Air Software Update Solution for Automotive Using Vector Products at CES 2017

PR67023

SEATTLE, Jan. 5, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-- Leading Automotive Technology Companies Partner on OTA Solution Providing

Competitive Advantage to Automakers and Ownership Benefits to Consumers

Airbiquity(R) (http://www.airbiquity.com/ ), a global leader in connected

vehicle services, and Vector (https://vector.com/vi_index_en.html ), a leading

manufacturer of automotive electronic systems, components, networking, and

software tools, today announced a collaboration to enable AUTOSAR (Automotive

Open Systems Architecture) (https://www.autosar.org/ ) compliant over-the-air

(OTA) software updates for multiple vehicle electronic control units (ECUs).

In-person demonstrations of the Airbiquity-Vector OTA integration will be

showcased January 5-8 in Las Vegas during CES 2017.

Logo - http://mma.prnewswire.com/media/177305/airbiquity_logo.jpg

With an increasing dependency on software and ECUs to power advanced vehicle

systems and features, automakers leveraging OTA for multi-ECU software updates

will have a distinct advantage over competitors. OTA is forecasted to provide

huge financial benefits to automakers in the coming years. Global cost savings

for mitigating software recall and cybersecurity expenses are projected to grow

from $2.7 billion in 2015 to over $35 billion in 2022, according to recent

research from IHS (

https://technology.ihs.com/532397/auto-tech-report-over-the-air-software-updates-2015

). OTA will also allow automakers to achieve faster recall compliance times,

eliminate consumer burdens of bringing vehicles to dealers for service, and

deliver post-purchase performance and feature enhancements contributing to

customer satisfaction and loyalty.

By combining Airbiquity's Software & Data Management offering and Choreo(TM)

service delivery platform with Vector's Flash Bootloader and communication

ECUs, automakers now have an AUTOSAR standard compliant solution allowing them

to increase the efficiency of program development while decreasing time to

market.

"Integrating Vector's Bootloader and ECU technology with Airbiquity's Software

& Data Management offering further strengthens our ability to deliver advanced

and reliable end-to-end OTA solutions for automotive customers," said Kamyar

Moinzadeh, President and CEO of Airbiquity. "Given the tremendous benefits for

automakers and consumers alike we believe OTA capabilities are a mandatory

component of any connected vehicle solution, and we're delighted to work

closely with Vector to make this a reality."

Airbiquity's Software & Data Management offering

(https://www.airbiquity.com/product-offerings/software-and-data-management/ )

-- powered by the Choreo (https://www.airbiquity.com/choreo-platform/ ) service

delivery platform -- efficiently and securely orchestrates and automates highly

targeted and scalable software updates and data collection for connected

vehicles. Choreo integrates the diverse spectrum of vehicle systems,

connectivity devices, communication networks, back office IT systems, and

content and service providers for traditional and emerging connected vehicle

services.

Vector's Flash Bootloader (https://vector.com/vi_flashbootloader_en.html ) is a

compact solution for reprogramming ECUs quickly, efficiently, and securely.

Vector Controllers (https://vector.com/vi_universal_controller_vc_en.html ) are

ECUs for communication purposes in vehicles supporting various bus systems,

networks and architectures. Vector ECU technology permits fast program

development with qualified hardware and scalable software based on AUTOSAR

standards.

For more information about the Airbiquity-Vector OTA integration, or to arrange

an in-person demo at CES 2017, contact sales@airbiquity.com.

ABOUT AIRBIQUITY

Airbiquity(R) is a global leader in connected vehicle services and pioneer in

the development and engineering of automotive telematics technology. At the

forefront of automotive innovation, Airbiquity operates the industry's most

advanced cloud-based connected vehicle service delivery platform, Choreo(TM),

and supports all leading use cases including over-the-air (OTA) software and

data management. Working with Airbiquity, automakers and automotive suppliers

are deploying highly scalable, reliable, and manageable connected vehicle

services meeting the safety, entertainment, and convenience needs of their

customers in over 60 countries around the world. Learn more about Airbiquity at

http://www.airbiquity.com or join the conversation @airbiquity

(https://twitter.com/airbiquity ).  Airbiquity is a trademark of Airbiquity Inc.

AIRBIQUITY

Kristin Sandberg

Airbiquity PR

Phone: +1 206-344-3133

media@airbiquity.com

SOURCE Airbiquity

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中