ハイセンスが「ロードマップ」を発表 世界をリードするレーザー、LEDそしてQLEDへ

ハイセンス(Hisense)

2017/1/6 15:20

ハイセンスが「ロードマップ」を発表 世界をリードするレーザー、LEDそしてQLEDへ

AsiaNet 67058 (0040)

【ラスベガス(米ネバダ州)2017年1月5日PR Newswire=共同通信JBN】

ハイセンスグループ(Hisense Group)の劉洪新社長は「2017年はテレビ産業の発展にとって意義深い年だ。世界のテレビメーカーは、それぞれが異なる十字路で技術の追求と事業開発をしている」と述べた。劉洪新社長はテクノロジーと商品ラインを公式に発表した。

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20170105/0861700152

写真説明:CES2017のPress Dayでハイセンスのディスプレー・テクノロジーラインを発表するハイセンスグループ社長の劉洪新氏。

ハイセンス(Hisense)にとってDual Color 4K Laser CastはCES2017での目玉である。デュアルイルミナントのDual Color 4K Laser Castは際立って豊かで有意義な色彩レベルを表現する。Dual Color 4K Laser Castの輝度は最大360 nitで、ハイエンドの液晶テレビと同等である。色域はNTSC比110%で、通常テレビのNTSC比72%よりもずっと優れている。Dual Color 4K Laser Castは今、コストと価格によっては大画面液晶テレビにとって替わる競争力を持っている。

Dual Color 4K Laser Cast以外では、ハイセンスは将来的にQLEDへの注力を強化する。ハイダイナミックレンジ・テレビ(HDR)と新しいUltraHD Premiumスタンダードを作るのを促進するテクノロジーの1つは量子ドットで、次世代のディスプレー・スクリーンで重要な要素になるとみられる。劉洪新社長が述べたように、量子ドットはLEDテレビの色の質を改善するのに重要な役割を果たしている。次世代ディスプレー技術にQLEDを選んだ理由は極めて高いピーク輝度、より良い色精度、低コスト、そして一層安定したパフォーマンスのためだ。劉洪新社長は品質向上の観点から、ULEDと量子ドット技術はぴったりの組み合わせとし、「量子ドットディスプレーとQLED分野におけるハイセンスの役割は、ULED技術の自然な延長でもある」と述べた。ハイセンスの新世代量子ドットディスプレー商品が公式に登場するのは2019年で、その後はさらに高品質のQLEDテレビを引き続き発表する。

▽問い合わせ先

Jiang Shan

+86-183-542-23687

jiangshan5@hisense.com

ソース: Hisense

Hisense Announces the "Road Map": The World's Leading Laser, LED to QLED

PR67058

LAS VEGAS, Jan. 5, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

The year 2017 is significant for the development of TV industry" said Liu

Hongxin, President of Hisense Group. "Global TV manufacturers are in the

technical route and business development of their different crossroads." Mr.

Liu Hongxin officially announced technology and product line.

Photo - http://photos.prnasia.com/prnh/20170105/0861700152

Caption: The President of Hisense Group, Mr. Liu Hongxin, announced the display

technology line of Hisense on Press Day CES 2017

The Dual Color 4K Laser Cast is a highlight of the Consumer Electronics Show in

2017 for Hisense. As a dual illuminant, the Dual Color 4K Laser Cast presents

us more abundant and meaningful color level. Brightness of the Dual Color 4K

Laser Cast had up to 360 nit, which is comparable with high-end LCD TV. The

color gamut rated at 110% NTSC, far better than normal TVs rated at 72% NTSC.

Depending on the cost and price, the Dual Color 4K Laser Cast now has the

competitive power to overturn large-screen LCD TVs.

Aside from Dual Color 4K Laser Cast, Hisense will focus more on QLED in the

future. Quantum dots is one of the technologies that's driving the creation of

high dynamic range TVs (HDR) and the creation of the new UltraHD Premium

standard and will be an important component of next generation's display

screen. As President Liu Hongxin said, Quantum dot has played a significant

role in improving color quality of LED TVs. The reason for choosing QLED in the

new generation of display technology is that it has much higher peak

brightness, better color accuracy, lower cost and more stable performance.

"Hisense's role in the quantum dot display and QLED field, is also a natural

extension of ULED technology." President Liu Hongxin said, from the perspective

of enhancing the quality, ULED and quantum dot technology is a perfect match.

Hisense's new generation of quantum dot display products will be officially

listed in 2019, and later will continue to introduce better quality QLED TVs.

For more information contact:

Jiang Shan

+86-183-542-23687

jiangshan5@hisense.com

SOURCE: Hisense

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中