中国の貴安新区、ビッグデータで3年間に奇跡的成長

貴安新区(Guian New Area)

2017/1/6 16:58

中国の貴安新区、ビッグデータで3年間に奇跡的成長

AsiaNet 67060 (0041)

【貴陽2017年1月6日PR Newswire=共同通信JBN】中国貴州省に3年前に開設された国家水準の経済区、貴安新区(Guian New Area)は、ビッグデータ・ビジネスを原動力に奇跡的な成長を遂げ、総生産能力が110億7000万元規模に達した。

Photo http://photos.prnasia.com/prnh/20170106/0861700150

貴安新区のビッグデータの総事業規模は2016年に250億元を超えた。Foxconn、やクアルコム(Qualcomm)、ファーウェイ(Huawei、華為技術)などグローバルな巨大企業から投資を呼び寄せ、総事業規模は前年の2倍になった。

投資家が引き付けられたのは中国政府の支援策だ。貴安新区は2014年に中国国務院によって、中国でビッグデータ産業を振興するパイロット地区の1つに選ばれた。

Foxconn Technology GroupとShenzhen Same Information Industry Coが進出した産業パークなど免税区域では、多くの投資プロジェクトが生産を始めている。さらに多くのプロジェクトが近く完成する。

台湾のハイテク大手企業Foxconnは2016年、640万元相当の電話機、583万台のビデオゲーム・コントローラー、18万枚のナノ・タッチスクリーンを生産した。総生産額は10億8600万元で、最終製品価格の合計は89億3700万元に上った。

もう一つの前進は米半導体メーカーのクアルコムとの世界水準の提携だ。クアルコムは2016年1月、サーバー向けの最新チップセットを開発する合弁会社を貴州省政府と立ち上げた。合弁会社Guizhou Huaxintong Semiconductor Technologyは貴安新区内に本社を設置している。

貴安新区にビッグデータの資源が集まることでこのセクターの集積が促進され、新区にはビッグデータ業界バリューチェーンのあらゆる規模、あらゆる種類の業者が引き寄せられた。

中国電信(China Telecom)、中国移動(China Mobile)、中国聯合通信(China Unicom)という中国の三大通信事業者はそれぞれデータセンターの第1期工事を完成させ、稼働態勢に入った。中国電信と中国聯合通信のプロジェクトの第2期工事は近く始まる。

HTCやSowei、Inspurといったハイテク企業も貴安新区でプロジェクトに着手し、さらに多くのプロジェクトが計画されている。ファーウェイのグローバル・データセンターやアップルのアジア太平洋データセンターなどだ。

ビッグデータ・ビジネスに刺激され、近隣のヘルスケア業界も遠隔疾病診断で新区に注目し、前向きな対応を示している。

ビッグデータを利用し、患者のために治療を改善する世界最初のセンターの試みが、貴安新区で始まった。貴州省内の各病院から患者のデータを集め、データマイニングと人工知能(AI)のディープラーニングを駆使し、病気をこれまでより正確に予想、診断、分析し、効率的に病気を予防して、精密な手術ができるようになる。

▽貴安新区について

貴安新区(Guian New Area)は中国南西部、貴州省の貴陽市と安順市の間に位置する。この2つの市の4県(あるいは県級市ないし地区)、20の鎮もしくは郷に広がる1795平方キロメートルが計画区域。中国の西部地域開発計画の下で開発された5新区のうちの1つで、中国では8番目の国家水準の新区である。

ソース:Guian New Area

Guian New Area Sees Miraculous Growth Over Past 3 Years, with A Focus on Big Data

PR67060

GUIYANG, Jan. 6, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/

Guian New Area, a national-level economic zone launched three years ago in

Guizhou province, achieved total production capacity worth 11.07 billion yuan,

with the miraculous growth fueled by big data businesses.

Photo http://photos.prnasia.com/prnh/20170106/0861700150

Total size of the big data business in Guian New Area exceeded 25 billion yuan

in 2016, doubling the previous year's number, having attracted investments from

global giants including Foxconn, Qualcomm and Huawei.

Investors are drawn by the government's policy support. Approved by China's

State Council in 2014, Guian New Area has been chosen as one of China's pilot

zones for developing the country's big data industry.

Many investment projects have already started production in the New Area's

tariff-free zone, including industrial parks built by Foxconn Technology Group

and Shenzhen Same Information Industry Co, while more projects will be

completed soon.

In 2016, the Taiwanese technology giant Foxconn Technology Group produced 6.4

million yuan worth of handsets, 5.83 million video game controllers, and

180,000 Nano touch screens, representing a combined business value of 1.086

billion yuan, or combined end value worth 8.937 billion yuan.

Another milestone is the world-class partnership with U.S. chipmaker Qualcomm.

In January, 2016, Qualcomm created a joint venture with the Guizhou government

to develop advanced chipsets for servers. The JV, Guizhou Huaxintong

Semiconductor Technology, has set up its headquarters in Guian New Area.     

The gathering of big data resources in Guian New Area has also fueled sector

concentration, making the area a magnet for big data businesses of all size,

and in all sections of the value chain.

China's top three telecom operators - China Telecom, China Mobile, and China

Unicom, have all completed construction of the first phase of their data

centers, and have put them into operation. The second phase of the projects by

China Telecom and China Unicom will launch soon.

Tech firms including HTC, Sowei, Inspur have also launched their projects in

Guian New Area, while more projects are in the pipeline, including Huawei's

global data center and Apple's Asia Pacific data center.

Boosted by big data business, local healthcare industry embraces new era of

remote disease prediction and shows a positive impact already.

The world's first center to showcase how big data can be applied to improve

medical treatment and benefit patients has launched by Guian New Area. By

collecting patients' data from hospitals across Guizhou, and through

datamining, and deep learning by artificial intelligence (AI), it would be

possible to predict, diagnose and analysis diseases more precisely, making

disease prevention more effective, and medical treatment more targeted, and

precise.

About

Guian New Area is located between Guiyang and Anshun, Southwest China's Guizhou

province. The planned area of 1,795km2 covers 20 towns or townships of four

counties (or county-level cities or districts) in the two cities. It is one of

the five new areas developed under China's Western Development Program and the

eighth national-level new area in China.

SOURCE:  Guian New Area

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中