アダム・デービス氏がoTMSに加わり、エコシステム進化を加速

oTMS Transport Connected

2017/1/12 17:18

アダム・デービス氏がoTMSに加わり、エコシステム進化を加速

AsiaNet 67114 (0063)

【上海2017年1月12日PR Newswire=共同通信JBN】

*C.H. Robinson TMC(APAC)の元ゼネラルマネジャー、アダム・デービス(Adam Davis)氏が1月6日、マネージドサービス(運用管理)担当副社長としてoTMSに加わると発表

デービス氏は2000年C.H. Robinsonに入り、16年にわたり多様な部署の管理職を歴任した。2010年8月以来、TMCアジア太平洋地区のゼネラルマネジャーを務め、このうち5年間は上海に駐在した。

デービス氏はC.H. Robinsonにおける16年間の経験に基づいて、「中国とアジア全域では中産階級が拡大を続けており、彼らの商品需要は飛躍的に伸びるだろう。これは各企業が高度に競合する市場との関係を維持するため、全事業部門の効率を上げるという課題を突き付けているが、それは特に彼らのサプライチェーン内部に当てはまる。クラス最高の企業が利用している最良事例はTMS(運輸管理システム)の導入である。TMS導入により、荷主は大幅に自動化、効率化された輸送プロセスの実行が可能になり、ハード、ソフト両面で節約の拡大をもたらす。このような節約を次の段階に引き上げようと、多くの荷主は輸送プロセス実行のため、マネージドサービスをサードパーティーから調達している。彼らはそれによって、本来事業への集中増大が可能になる。多くの企業にとってTMSとマネージドサービスの導入は、サプライチェーンの目標を達成し、可能な限り効率的で最適のネットワークを確保する理想的なソリューションになる」と語った。

ほかの機会を探す代わりにoTMSへの加入を決心したことについて、デービス氏は「中国でTMSソリューションの需要が伸び続ける中、oTMSは2011年の創設後すぐに市場リーダーになっており、その経営陣に加わることをとても喜んでいる。私がoTMSに本当に引きつけられたのは、顧客を重視するミレックとデービッドらの起業家文化とクラス最高製品の生産である。過去5年にわたるoTMSの偉大な成長はきわめて印象的であり、ほかの経営陣と協力してこのトレンドを続けることを楽しみにしている」と述べた。

デービス氏の加入は、oTMSが新しいエコシステムを加速するうえで重要なステップである。oTMSは数日前、マネージドサービス製品の第1弾、Transport Control Tower(交通管制タワー)のリリースを発表した。これはoSuper、RFQプラットフォーム、Insurance(保険)、Finance(融資)など最近発売した製品に続くものである。このマネージドサービス製品はクライアントの社内利用による利益最大化に焦点を当てる一方、プロセス管理の強化を支援し、各種のデータを使って持続的な最適化を達成するものである。

さらに、これらの製品は一体となって相乗効果をもたらし、個別利用も可能で、後で互いにつなげることもできる。たとえば、BESTSELLER、LiNing、Toreadは、oSuperを導入する前の長い間oTMSのユーザーであり、BalabalaはSaaS TMSに全面移行する前、まずoSuperを採用した。同様に、WilmarとWhaleyはRFQプラットフォームを選ぶ前にoTMS SaaSのパワーユーザーだった。また、Goodbabyは初めにRFQプラットフォームを取り入れ、その後SaaS TMSに転じている。この現象は保険製品でより典型的で、見ての通り、契約企業商品の保険価額は発売後の数週間で50億人民元を超えたが、これらの企業の大半はSaaS TMSのユーザーである。

これは、レストラン、ファッション小売店、玩具店、書店など多彩な製品を提供して消費者を引き付ける優れたショッピングセンターのように、持続的に向上するoTMSのエコシステムを構成する。そうすれば、さまざまな客は集まって結びつき、相乗効果を上げることになる。

詳しい情報はwww.otms.com を参照。

ソース:oTMS Transport Connected

Adam Davis Joins oTMS; Accelerates Evolution to Ecosystem

PR67114

SHANGHAI, Jan. 12, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Adam Davis, former General Manager of C.H. Robinson TMC (APAC), announced on

January 6, 2017 that he would join oTMS as VP of Managed Services

Adam joined C.H. Robinson in 2000, and had held various management positions

for 16 years in different functions. Since August 2010, Adam had been the

General Manager of TMC Asia Pacific, of which 5 of those years were spent in

Shanghai.

Based on the 16-year experience in C.H. Robinson, Adam believes: "As the middle

class continues to grow in China and throughout Asia their demand for goods

will increase at an exponential rate. This will challenge companies to be more

efficient in all aspects of their business in order to stay relevant in a

hyper-competitive market place, and especially so within their supply chains. A

best practice that the best-in-class companies are leveraging is the

implementation of a TMS. The implementation of a TMS allows a shipper to

execute their transportation processes with greater automation and efficiency,

which results in increased hard and soft savings. To take these savings to the

next level many shippers are procuring managed services from a third-party to

execute their transportation processes, which allows them to have an increased

core focus on their business. For many companies implementing a TMS plus

managed services is the ideal solution to achieve their supply chain goals and

to ensure their network is optimized and as efficient as possible."

When commenting on his decision to join oTMS, instead of seeking other

opportunities, Adam said: "As the demand for TMS solutions continues to grow in

China, oTMS has quickly become a market leader since their inception in 2011

and I am very excited to join their leadership team. The entrepreneurial

culture led by Mirek and David with a focus on the customer and creating a

best-in-class product is what really attracted me to oTMS. The great growth of

the company over the past five years has been very impressive and I look

forward to working with the rest of the leadership team to continue this trend."

The joining of Adam is an important step for oTMS in accelerating its new

ecosystem. Several days ago, oTMS announced launching its first product in

Managed Services - Transport Control Tower that follows closely recent product

launches like oSuper, RFQ platform, Insurance, and Finance. This Managed

Services product focuses on maximizing the clients' benefits for internal use,

while helping them strengthen the process control, and using all kinds of data

to achieve continuous optimization.

Moreover, while these products can work together as a whole to bring synergy,

they can also be used independently and connected to each other later on. For

Example, BESTSELLER, LiNing, and Toread have been longtime users of oTMS before

onboarding oSuper, while Balabala adopted oSuper first before moving to SaaS

TMS fulltime. Likewise, Wilmar and Whaley were power users of oTMS SaaS before

opting for RFQ platform, while Goodbaby implements RFQ platform first and then

connected to SaaS TMS. This phenomenon is more typical in insurance products,

as we can see that the value of policy for merchandise from contracted

enterprises, has exceed 5 billion RMB just in a few weeks after its launch, and

most of these enterprises are user of SaaS TMS.

This forms a continuously improving ecosystem for oTMS, just like a

well-managed shopping center which offers diverse features to attract

consumers; including restaurants, fashion retailers, toys stores, bookshops and

etc. In turn, these various shoppers come together and become connected and

synergized.

For more information, please visit: www.otms.com

SOURCE  oTMS Transport Connected

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中