QSが世界のビジネススクールのトップ250校を発表

QS Quacquarelli Symonds

2017/1/13 14:40

QSが世界のビジネススクールのトップ250校を発表

AsiaNet 67119 (0065)

【ロンドン2017年1月13日PR Newswire=共同通信JBN】

QS(Quacquarelli Symonds)は13日、「QSグローバル250ビジネススクール・レポート2017」を発表した(http://www.topmba.com/why-mba/publications/global-250-business-schools-report-2017?utm_source=release&utm_medium=email&utm_campaign=G250Ranking17 )。この分析リポートは世界の主な地域すべてを代表するビジネススクールを「雇用適性(employability)」と「学術水準(academic standards)」の両面から評価し、4分類している。「教育」「研究」「雇用適性」で優秀な成績を示したスクールは「グローバルエリート」校に分類される。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140618/691283

「教育」と「トップクラスの研究の場の提供」で優秀な成績を示したスクールは「最上級研究(Top-Tier Research)」校に分類される。一方、「雇用適性」で優秀な成績を示すスクールは「最上級雇用適正(Top-Tier Employability)」校に分類されている。その他のスクールは中堅校または「優秀(Superior)」校に分類される。1万2125人のMBA雇用者および8376人のスクール関係者がQSの分析に参加した。

▽主な調査結果

北米

*今回も、ハーバード・ビジネススクールが雇用適性と学術水準の両面で北米のトップMBA育成校になった。

*ウォートン・スクールは北米における学術水準で2位、MBA卒業生の雇用適正で3位。

*スタンフォード大学経営大学院は北米での雇用適性で2位、学術水準で3位。

*合計して北米22校が「グローバルエリート」校入りしたが、その中には学術水準と卒業生の雇用適正で非常に優れたスコアを挙げたMBA育成校も含まれる。北米分のうち、18校が米国、4校がカナダである。

欧州

*ロンドン・ビジネススクール(LBS)が今回も欧州トップのビジネススクールになった。

*フランスのINSEADが上記2指標で2位にランクインした。

*HEC Parisは卒業生の雇用適性で3位。ケンブリッジ大学のジャッジビジネススクールが学術水準でLBSとINSEADに続いた。

*欧州16校が「グローバルエリート」校にランクインした。国別の校数ではフランス(3)、ドイツ(1)、イタリア(1)、オランダ(1)、スペイン(2)、スイス(2)、英国(6)だった。

アジア太平洋地域

*アジア太平洋地域では5校が「グローバルエリート」校にランクインしたが、その内訳はシンガポール2校、オーストラリア2校、インド1校だった。

* INSEADのシンガポールにおけるサテライト校が「雇用適性」で地域トップだった。ニューサウスウェールズ大学のAGSM・MBAプログラム、メルボルン大学のメルボルンビジネススクールが続いた。

*同地域での学業水準トップはシンガポールに本拠を置く大学、シンガポール国立大学のNUS ビジネススクールだった。メルボルン大学メルボルンビジネススクールが2位、一方、オーストラリア経営大学院MBAプログラムが3位にランクインした。

中南米

*中南米のビジネススクール2校が世界の「グローバルエリート」45校にランクインした。メキシコのEGADEビジネススクールとチリ・カトリック大学である。

その他の所見

*ケープタウン大学経営大学院が上記2指標で中東・アフリカ地域のトップにランクインした。

リポート全文はウェブサイト(http://www.topmba.com/why-mba/publications/global-250-business-schools-report-2017?utm_source=release&utm_medium=email&utm_campaign=G250Ranking17 )を参照。

ソース:QS Quacquarelli Symonds

QS Reveals the World’s 250 Top Business Schools

PR67119

LONDON, Jan. 13, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

     QS Quacquarelli Symonds today released the QS Global 250 Business Schools

Report 2017

(http://www.topmba.com/why-mba/publications/global-250-business-schools-report-2017?utm_source=release&utm_medium=email&utm_campaign=G250Ranking17 ) . The

analysis recognizes the top institutions for both employability and academic

standards across all major world regions and classifies them in four quadrants.

Schools excelling at teaching, research and employability place in the 'Global

Elite' quadrant.

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20140618/691283 )

Schools excelling at teaching and producing leading research place in the

'Top-Tier Research' quadrant; while schools excelling in employability place in

the 'Top-Tier Employability' quadrant; The remaining institutions enter the

mid-tier, or 'Superior', quadrant; 12,125 MBA employers and 8,376 academics

contributed to QS's own analysis.

    Key findings include:     

North America

    - Harvard Business School remains North America's best MBA provider based

on both employability and academic standards;

     - The Wharton School ranks 2nd regionally for academic performance, and

3rd regionally for MBA graduate employability;

     - The Graduate Business School at Stanford University ranks 2nd regionally

for employability, and 3rd regionally for academic performance;

     - In total, 22 North American schools place in the Global Elite quadrant,

which contains those MBA providers achieving exceptional scores for both

Academic performance and graduate employability. Eighteen are American; four

are Canadian.

Europe

    - London Business School remains Europe's leading business school;

     - INSEAD of France ranks 2nd for both indicators;

     - HEC Paris ranks 3rd for graduate employability; the University of

Cambridge's Judge Business School follows LBS and INSEAD for academic standing;

     - Sixteen European institutions feature in the Global Elite quadrant. This

group is comprised of business schools from France (3), Germany (1), Italy (1),

the Netherlands(1), Spain (2), Switzerland (2), and the United Kingdom (6).

Asia-Pacific

    - The Asia-Pacific region boasts five Global Elite institutions: two from

Singapore, two from Australia, and one from India;

     - INSEAD's Singaporean satellite campus leads the region for

employability; it is followed by the AGSM MBA Programs (University of New South

Wales) and Melbourne Business School (University of Melbourne);

     - A Singaporean business school is also the region's best for academic

performance: the NUS Business School (National University of Singapore). The

Melbourne Business School ranks 2nd, while the AGSM MBA Programs ranks 3rd.

Latin America

    - Two Latin American business schools join the forty-five Global Elite

schools:  EGADE Business School and Pontificia Universidad Catolica de Chile.

Other observations

    - The University of Cape Town GSB leads the Middle East & Africa region for

both indicators.

    The full report can be found here

(http://www.topmba.com/why-mba/publications/global-250-business-schools-report-2017?utm_source=release&utm_medium=email&utm_campaign=G250Ranking17 ) .

Source: QS Quacquarelli Symonds

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中