Lloyds EnergyがLNG輸出申請を提出

Lloyds Energy

2017/1/17 13:50

Lloyds EnergyがLNG輸出申請を提出

AsiaNet 67145 (0076)

【ポイントコンフォート(米テキサス州)2017年1月17日PR Newswire=共同通信JBN】
Lloyds Energy Group LLC(http://www.lloyds-energy.com)は17日、テキサス州カルフーン郡の施設から液化天然ガス(LNG)を米国と自由貿易協定(FTA)を締結している国々に輸出するための正式申請を米エネルギー省に提出したと発表した。(エネルギー省への申請書は(https://www.energy.gov/fe/downloads/lloyds-energy-group-llc-fe-dkt-no-17-04-lng )を参照)。Lloydsのテキサス・プロジェクトはポイントコンフォートLNGとして一般に知られることになる。申請は2017年春までに承認される見込み。これは、南部中央テキサス沿岸地域に重要かつ永続的な利益をもたらすLNGプロジェクトの第一歩の1つである。

Logo: http://mma.prnewswire.com/media/457656/Lloyds_Energy_Logo.jpg

Lloyds Energyのフィリップ・ホランド最高経営責任者(CEO)は「Lloyds Energyはクライアントの要望に応えるための好位置におり、ポイントコンフォートLNGのFTA申請書提出は、最終的な投資決定に向けた重要な第一歩だ。米国には豊富な天然ガスの供給源があり、国際市場ではよりクリーンで効率的な燃料への需要が高まっている」と語った。

カルフーン郡港湾局のランディ・ボイド局長は「カルフーン郡港湾局でのわれわれの使命は、経済発展を刺激することだ。ポイントコンフォートLNGは数百人分の長期雇用を創出し、郡と州には数百万ドルの収入をもたらすことになる」と述べた。

Lloyds Energyは、追加のサポートバージおよび陸上施設に加え、いずれも航空母艦の大きさである年間450万トンの処理能力を備えたNear Shore Floating LNG船(近海型浮体式洋上天然ガス液化設備船)2隻を使用する。同プロジェクトは、建設段階での雇用に加え、約700人分の長期直接雇用、数千人分の間接雇用と追加的な経済的利益を創出する。

Lloyds Energy Group LLCはLE Group Holding Pte Ltd.の子会社である。

Lloyds Energyは、相当量のパイプラインガス供給の効率的な処理を通じて世界市場にLNGを供給するという戦略的な目的の下に2013年に設立された。この目的は、近海型LNGコンセプトを利用することによって達成される。Lloyds Energyは3年以上にわたりNear Shore LNGの分野で急速に成長し、1日当たり12億5000万立方フィート(年間900万トンないし年間4億6800万英国熱量単位)の高品質ガス供給と中流のパイプライン接続を創出し、オフテイカーおよびLNG専門の2つの主要エンジニアリンググループとの強力な国際的提携を確立し、専門家のチームを構築した。Lloyds Energyは、幅広く革新的なサービスを通じてLNGサプライチェーン分野での活動を拡大し続けている。

ソース:Lloyds Energy


Lloyds Energy Files LNG Export Application

PR67145

POINT COMFORT, Texas, Jan. 17, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

     Lloyds Energy Group LLC (http://www.lloyds-energy.com) announced today it
has submitted a formal application with the Department of Energy (DOE) to
export Liquefied Natural Gas (LNG) to countries which have a Free Trade
Agreement (FTA) with the US from its proposed facility in Calhoun County,
Texas. (Link to DOE Application Filing
[https://www.energy.gov/fe/downloads/lloyds-energy-group-llc-fe-dkt-no-17-04-lng
]) Lloyds Texas project will be commonly known as Point Comfort LNG. The FTA
application is expected to be approved by Spring of 2017. This is one of the
first steps in developing the LNG project, which would bring significant and
lasting benefits to the South Central Texas Coastal region.

(Logo: http://mma.prnewswire.com/media/457656/Lloyds_Energy_Logo.jpg )

    "Lloyds Energy is strongly positioned to meet client demand, and submitting
our Point Comfort LNG FTA application is an important first step towards making
the final investment decision," said Philip Holland, Lloyds Energy CEO. "The
U.S. has an abundant supply of natural gas and the international market has a
growing demand for cleaner, more-efficient fuel."

    Calhoun County Port Authority Board Chairman Randy Boyd, stated: "Our
mission at the Calhoun County Port Authority is to stimulate economic
development. Point Comfort LNG will bring hundreds of millions of dollars of
revenue to the county and state as well as provide hundreds of long-term jobs."

    Lloyds Energy will utilize two (2) 4.5 MTPA Near Shore Floating LNG
vessels, each about the size of an aircraft carrier, as well as additional
support barges and on shore facilities. In addition to the jobs created during
the construction phase, the project will create approximately 700 direct,
long-term jobs and thousands of indirect jobs and additional economic benefits.

    Lloyds Energy Group LLC is a subsidiary of LE Group Holding Pte Ltd

    Lloyds Energy was established in 2013 with the strategic aim of delivering
LNG to the global market through the efficient processing of significant
pipeline gas supplies. This aim is achieved by utilizing a near shore LNG
concept. Over the course of three years, Lloyds Energy has grown rapidly in the
fields of Near Shore LNG, creating a rich quality gas supply and midstream
pipeline connection for 1.25 Bcf/d, which is approximately equivalent to 9,
MTPA or 468 million mmBtu per year, establishing strong international alliances
with off takers and two major engineering groups specializing in LNG, and
building a team of experts. Lloyds Energy continues to expand its activities in
the LNG supply chain sector through broad and innovative service offerings.

SOURCE: Lloyds Energy

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中