Aptuitがマサチューセッツ総合病院とグラム陰性菌新治療法の開発で協業

Aptuit Holdings, LLC

2017/1/24 10:20

Aptuitがマサチューセッツ総合病院とグラム陰性菌新治療法の開発で協業

AsiaNet 67177(0092)

【グリニッチ(米コネティカット州)2017年1月24日PR Newswire=共同通信JBN】Aptuit, LLCは24日、グラム陰性菌の新しいターゲットを判定、評価する目的で、ローレンス・レーム博士指導によるマサチューセッツ総合病院(MGH)のMolecular Surgical Laboratoryとのコラボレーションを開始したと発表した。Aptuitは、革新的アプローチによって重篤な感染症治療における抗生物質耐性に対応できると期待している。

(Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20150709/234432LOGO

Aptuitは抗病原性(抗毒性)研究の分野で、レーム博士研究室の科学的プラットフォームと専門知識を補完する、生体外および生体内能力を含む総合的な感染症発見で深い専門知識を提供する。

ハーバード大学医学大学院の外科・微生物学・免疫生物学准教授でMGH Molecular Surgical Laboratory室長であるローレンス・レーム博士は、「Aptuitとその特に高度な資質を持つ抗感染グループとの学術的コラボレーションは、すべて既存の抗生物質治療に高度な耐性を持つ病原菌を含め、多数の医薬品に耐性を示す病原菌に対する極めて革新的な代替療法を開発する当社の成功を最大化する」と語った。

Aptuitの微生物学部ディレクターのアントニオ・フェリッチ博士は「われわれはレーム教授と今回のコラボレーションを始めることを喜んでいる。これは抗微生物耐性の研究分野で特に期待されるものだ。Aptuitは総合的な抗感染医薬品発見の専門知識をMGHに提供する。われわれは緑膿菌などグラム陰性病原菌に対する新しい有効な療法を共同で発見するのを望んでいる。長期的で有効かつ成功するコラボレーションを期待している」と付言した。

▽Aptuitについて

Aptuitは、製薬業界の中間段階にある医薬品開発サービスに対し、最も包括的な早期発見法を提供する。これには薬物設計&発見、API(医薬品原薬と医薬製品)の開発・製造、固体化学、CMC(前臨床段階の化学・製造・品質管理)、GLP(優良試験所基準)/GMP(適性製造基準)プログラムを可能にする前臨床&IND(治験薬)などのサービスが含まれる。完全統合された医薬品発見・開発サービスは、英国、イタリア、スイスにある同社施設で利用できる。

Aptuit Holdings, LLCは、世界的な有力プライベートエクイティ投資家であるWelsh, Carson, Anderson & Stoweと提携している。

さらに詳しい情報はhttp://www.aptuit.com を参照。

ソース:Aptuit Holdings, LLC

Aptuit Announces Drug Discovery Collaboration with Massachusetts General Hospital (MGH) to Identify Novel Treatments for Gram-Negative Infections

PR67177

GREENWICH, Connecticut, Jan. 24, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/

    Aptuit, LLC today announced the start of a collaboration with the Molecular

Surgical Laboratory of Massachusetts General Hospital (MGH), directed by Dr.

Laurence Rahme, aimed at the identification and validation of novel targets in

Gram-negative bacteria.  Aptuit hopes that innovative approaches can address

antibiotic resistance in the treatment of serious infections.

     (Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20150709/234432LOGO )

Aptuit will provide deep expertise in integrated infectious disease discovery,

including in vitro and in vivo capabilities, complementing the Rahme Lab

scientific platform and expertise in the field of the anti-virulence research.

    Dr. Laurence Rahme, Associate Professor of Surgery, Microbiology and

Immunobiology Harvard Medical School and Director of the MGH Molecular Surgical

Laboratory, commented, "The academic collaboration with Aptuit, and in

particular with its highly qualified anti-infective group, will maximize our

success in developing highly innovative alternative therapies against

multi-drug resistant pathogens, including those that are highly tolerant to all

existing antibiotic therapies."

    Dr. Antonio Felici, Director and Head of Aptuit's Microbiology Unit added,

"We are delighted to begin this collaboration with Prof. Rahme. This is an

extremely promising area of research into antimicrobial resistance. Aptuit will

provide expertise in integrated anti-infective drug discovery to MGH.  We hope

we will jointly discover new effective therapeutics against Gram-negative

pathogens, such as Pseudomonas aeruginosa. We look forward to a long, effective

and successful collaboration."

    About Aptuit

    Aptuit provides the most complete set of integrated early discovery to

mid-phase drug development services in the pharmaceutical industry including

Drug Design & Discovery, API Development and Manufacture, Solid State

Chemistry, CMC, Preclinical and IND enabling GLP/GMP programs. Fully integrated

drug discovery & development services are available from our facilities in the

UK, Italy, and Switzerland.  

    Aptuit Holdings, LLC is partnered with Welsh, Carson, and Anderson & Stowe,

one of the world's leading private equity investors.  

    For more information, please visit http://www.aptuit.com

SOURCE: Aptuit Holdings, LLC

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中