RentschlerとLeukocareが戦略的提携と株式取得を発表

Rentschler Biotechnologie GmbH

2017/2/2 17:22

RentschlerとLeukocareが戦略的提携と株式取得を発表

AsiaNet 67258(0130)

【ラウプハイム、ミュンヘン、マルティンスリート(ドイツ)2017年2月2日 PR Newswire=共同通信JBN】ラウプハイムのRentschler Biotechnologie GmbHとマルティンスリートのLeukocare AGは2月2日、LeukocareがRentschlerのバイオ医薬品事業の専門技術パートナーおよび独占的製剤開発者となる戦略的提携を発表した。Rentschlerは、Leukocareが特許を持つSPS(R)製剤技術にアクセスのある初めてで唯一の開発製造受託会社(CDMO)となる。CDMO事業以外の医薬品やバイオテクノロジーに関するLeukocareの現在と将来の事業活動はこの提携の影響を受けない。RentschlerはLeukocareの株式の10%を取得する。Rentschlerの最高経営責任者(CEO)であるフランク・マティアス博士はLeukocareの取締役会に加わる。

Rentschlerはドイツの家族経営企業で、世界有数のバイオ医薬品CDMOである。同社は1つのソースから、市場投入可能なバイオ医薬品に関するコンサルティング、バイオプロセス開発および製造ソリューションの提供に成功した長い実績を持っている。

Leukocareは、治療タンパク質の安定性を大幅に改善することが示されている特許権のあるSPS(R)(SPS、安定化・保護ソリューション)技術プラットフォームに基づいた製剤開発サービスを提供している。LeukocareはSPS(R)に基づいて、例えば、より高い温度およびより長い貯蔵寿命で優れた安定性を有する生物医薬品をもたらす液体医薬品製剤を開発することができる。特許を持つSPS(R)プラットフォームは、規制上確立された添加剤と採用された添加剤の特定の革新的な組み合わせによって特徴付けられる。

▽最高レベルの製剤で顧客に競争優位性を創出する
RentschlerとLeukocareとの提携は、バイオ医薬品の開発と製造のあらゆる段階で製剤開発を組み込むことを戦略的目標としている。顧客と緊密に連携することで、すべての最終製品は、当初から最高レベルの処方および管理モードを保つ。この革新的なアプローチは、顧客に重要な競争優位性をもたらし、製品や市場の潜在的可能性を十分に引き出すことができる。

RentschlerのCEOであるフランク・マティアス博士は「われわれの提携は、開発プロセスにおける重要な成功要因としての医薬品製剤の重要性を最前線に押し出すものだ。われわれは、処方を改善する能力が強化されれば、顧客のための価値創造がもたらされ、最終的には医師や患者にも役立つと考えている」と述べた。

Leukocareのミヒャエル・シェールCEOは「この提携により、SPS(R)製剤技術の可能性と利点を十分に活用することが可能となる。Rentschlerのような強固なパートナーを得て、われわれは革新的な製剤技術を幅広い顧客に提供し、バイオ医薬品産業のアジェンダにおける製剤戦略の役割を高めることができる」と語った。

▽Rentschler Biotechnologie GmbHについて
ドイツのラウプハイムにあるRentschler Biotechnologie GmbHは、バイオプロセスの開発、バイオ医薬品の製造、および規制対応支援を行う大手開発製造受託会社(CDMO)である。同社の顧客には、革新的なバイオテクノロジー企業や世界の主要製薬企業が含まれている。何年もの経験と卓越したソリューションの発見だけでなく、認定された品質管理と高度な技術は、Rentschlerの高品質基準を保証する。Rentschlerは家族経営企業で、約700人を雇用している。詳細はwww.rentschler.de を参照。

▽LEUKOCARE AGについて
ドイツのマルティンスリートにあるLEUKOCARE AGは、より優れた製品の開発を可能にするために、バイオ医薬品のようなタンパク質を保護する次世代製剤プラットフォームを提供している。特許を持つSPS(R)技術は、製薬、医療器具産業のパートナー各社の開発プロジェクトに提供されている。LEUKOCAREのSPS(R)技術は、乾燥製剤および液体製剤中の抗体やワクチンなどのような生物製剤の安定性と品質を改善する。SPS(R)は、生物学的に官能基化されたコンビネーションデバイス内のタンパク質も保護する。詳細はwww.leukocare.com を参照。

▽RentschlerとLeukocareの提携について
Rentschler Biotechnologie GmbHとLeukocare AGとの提携は、バイオ医薬品の開発と製造の各段階で製剤開発を組み込むことを戦略目的としている。顧客と緊密に連携することで、最終製品が当初から最高レベルの処方および管理モードを確立できるようになる。この革新的なアプローチは、顧客に重要な競争優位性をもたらし、製品や市場の潜在的可能性を十分に引き出すことができる。

▽問い合わせ先
Raimund Gabriel
Managing Partner
MC Services AG
Phone: +49-89-210228-36
Email: rentschler-leukocare@mc-services.eu

ソース:Rentschler Biotechnologie GmbH


Rentschler and Leukocare Announce Strategic Alliance and Equity Investment

PR67258

LAUPHEIM, MUNICH and MARTINSRIED, Germany, Feb. 2, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Rentschler Biotechnologie GmbH, Laupheim and Leukocare AG, Martinsried today
announced a strategic alliance under which Leukocare will become the
specialized technology partner and the exclusive formulation developer for
Rentschler's biopharmaceuticals business. Rentschler in return will become the
first and only contract development and manufacturing organization (CDMO) to
have access to Leukocare´s patented SPS(R) formulation technologies. Leukocare's
ongoing and future business activities with pharma and biotech beyond the CDMO
business will not be affected by this alliance. Rentschler will acquire a 10%
stake in Leukocare. Dr. Frank Mathias, CEO of Rentschler, will join Leukocare's
Board of Directors.

Rentschler is a German family-owned business and among the world´s leading
biopharmaceutical CDMOs. The company has a long track record of delivering
successful consulting, bioprocess development and manufacturing solutions for
market-ready biopharmaceutical products, all from one source.

Leukocare provides formulation development services based on its proprietary
SPS(R) (Stabilizing and Protecting Solutions) technology platform, which has been
shown to significantly improve the stability of therapeutic proteins. Based on
SPS(R), Leukocare is able to develop, for example, liquid dose formulations that
result in biopharmaceuticals with outstanding stability at higher temperatures
and longer shelf life. The patented SPS(R) platform is characterized by specific
and innovative combinations of regulatory established and employed excipients.

Creating competitive advantages for clients with best-in-class formulations     

The Rentschler/Leukocare alliance strategically aims to incorporate formulation
development at every step throughout biopharmaceutical development and
manufacturing. Working closely with the client, this will ensure that every end
product will - from the very beginning - have a best-in-class formulation and
administration mode. This innovative approach will provide clients significant
competitive advantages, enabling them to exploit the full potential of their
products and markets.

"Our alliance brings to the forefront the importance of drug formulation as a
key success factor in the development process. We believe our enhanced ability
to improve formulations will result in value creation for our clients and
ultimately also help doctors and patients," said Dr. Frank Mathias, CEO of
Rentschler.

"This alliance will enable us to fully exploit the possibilities and advantages
of the SPS(R) formulation technologies," stated Michael Scholl, CEO of Leukocare.
"With a strong partner like Rentschler, we will be able to offer our innovative
formulation expertise to a broad range of clients and elevate the role of
formulation strategy on the biopharmaceutical industry's agenda."

About Rentschler Biotechnologie GmbH

Rentschler Biotechnologie GmbH, located in Laupheim, Germany, is a leading
contract development and manufacturing organization (CDMO) for bioprocess
development and manufacturing of biopharmaceuticals as well as for regulatory
support. The Company's clients include innovative biotech companies and major
pharmaceutical companies around the world. Many years of experience and
excellence in finding solutions as well as certified quality management and
advanced technologies ensure Rentschler's high quality standards. Rentschler is
a family-owned company employing approximately 700 people. For further
information, please visit www.rentschler.de.

About LEUKOCARE AG

LEUKOCARE AG, located in Martinsried, Germany, provides a next-generation
formulation platform for the protection of proteins like biopharmaceuticals to
allow the development of better products. The proprietary SPS(R) technologies are
provided to development projects of partners in the pharmaceutical and medical
device industry. LEUKOCARE's SPS(R) technologies improve stability and quality of
biologics like antibodies, vaccines, etc. in dry and liquid formulation. SPS(R)
also protects proteins in biologically functionalized combination devices. For
further information please visit www.leukocare.com.

About the Rentschler and Leukocare alliance

The alliance between Rentschler Biotechnologie GmbH and Leukocare AG
strategically aims to incorporate formulation development at every step
throughout biopharmaceutical development and manufacturing. Working closely
with the client, this will ensure that the end products will - from the very
beginning - have a best-in-class formulation and administration mode. This
innovative approach will provide clients significant competitive advantages,
enabling them to exploit the full potential of their products and markets.

Contact

Raimund Gabriel
Managing Partner
MC Services AG
Phone: +49-89-210228-36
Email: rentschler-leukocare@mc-services.eu



SOURCE: Rentschler Biotechnologie GmbH

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中