ZTEのプレ5G Massive MIMO 2.0がシングルサイトのピークレートで新記録を達成

ZTE Corporation

2017/3/2 17:37

ZTEのプレ5G Massive MIMO 2.0がシングルサイトのピークレートで新記録を達成

AsiaNet 67601(0286)

【バルセロナ(スペイン)2017年2月28日PR Newswire=共同通信JBN】

モバイルインターネットの通信、エンタープライズ、消費者テクノロジーの各ソリューションの世界的な大手プロバイダーZTE Corporation(0763.HK / 000063.SZ)は28日、バルセロナのMobile World Congress(MWC)2017でのデモで、プレ5G TDD Massive MIMO 2.0製品の高速サービスがマルチユーザーという条件下で2.1Gbpsに達し、新しいシングルサイト・ピークレートの記録を達成したと発表した。

ZTEのプレ5G TDD Massive MIMO 2.0のパワーオンサービスは、16ストリーム空間分割多重、3CA(キャリアーアグリゲーション)、そして256 QAM(Quadrature Amplitude Modulation、直交振幅変調)によって超高速を実現し、プレ5G研究開発の新しいステージを明示した。

既存ネットワークにおいて要求される容量のサージとサイトの不十分なリソースの間の不一致を解消するため、ZTEの大容量アウトドア・プレ5G Massive MIMOマクロ基地局は既存サイトとスペクトル・リソースの活用により、はるかに速いスピードとキャパシティを達成した。WMC バルセロナ 2016で、ZTEは「ベストモバイル技術ブレイクスルー賞」(Best Mobile Technology Breakthrough Award)と「CTOが選ぶ2016年の卓越した包括的モバイル技術」(Outstanding Overall Mobile Technology -the CTO’s Choice)を獲得した。2016年ブロードバンド世界フォーラム(Broadband World Forum、BBWF)でZTEは「最高のワイヤレス・ブロードバンド・イノベーション賞」(Best Wireless Broadband Innovation award)を受賞した。この製品のディスラプティブなイノベーションと高い商業的価値は世界中のオペレーターに認められ、欧州、日本、他の多くの高価値マーケットでの商用展開に貢献している。

ZTEは2016年9月、プレ5G Massive MIMO 2.0をハイエンド・マーケットで発表した。このソリューションはより多くの周波数バンド域をサポートし、メインストリームのTDD周波数バンド域に対応する。小型でベースバンド・ユニットとアクティブアンテナ・ユニット(BBU+AAU)アーキテクチャーを組み合わせたことで、5Gへの進化にさらに適合する。それはまた、大容量を望むオペレーターのためにマルチキャリアー・アグリゲーション(CA)をサポートする。16ストリーム伝送により、シングルサイトの理論的ピークトラフィック・レートは2.9Gbpsに達して新しいGbps時代を切り開いた。プレ5G Massive MIMO は中国と日本で発表され、2017年には世界中のマーケットで発売が開始される。

▽ZTEについて

ZTEは消費者、キャリア、企業、公共セクター顧客向けの高度な通信システム、モバイル

デバイス、エンタープライズ・テクノロジー・ソリューションのプロバイダーである。

ZTEのM-ICT戦略の一環として、顧客に統合されたエンドツーエンド・イノベーションを提供し、通信および情報技術セクターが融合する際にエクセレンスとバリューを提供することにコミットしている。香港証券取引所と深セン証券取引所(H株 銘柄コード: 0763.HK

/ A株 銘柄コード: 000063.SZ)に上場されるZTEの製品およびサービスは160カ国以上の

500を超えるオペレーターに販売されている。ZTEは年間売上の10%を研究開発に投資する

ことにコミットし、国際標準規格の設定でリーダー的役割を果たしてきた。ZTEは企業の

社会責任にコミットし、国連グローバル・コンパクトのメンバーである。詳細はウェブサ

イトwww.zte.com.cn を参照。

▽報道関係問い合わせ先

Margrete Ma                                 

ZTE Corporation            

Tel: +86 755 26775207        

Email: ma.gaili@zte.com.cn

Daniel Beattie                 

AxiCom

Tel: +44 (0)20 8392 8071  

Email: daniel.beattie@axicom.com

ソース: ZTE Corporation  

ZTE Pre5G TDD Massive MIMO 2.0 Sets New Record for Single-site Peak Rate at MWC 2017

PR67601

BARCELONA, Spain, Feb. 28, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

ZTE Corporation (0763.HK / 000063.SZ), a major international provider of

telecommunications, enterprise and consumer technology solutions for the Mobile

Internet, today announced that its Pre5G TDD Massive MIMO 2.0 product has

demonstrated its high-speed service in multi-user scenario, reaching 2.1Gbps

and setting a new single-site peak rate record at a demonstration held at

Mobile World Congress (MWC), Barcelona 2017.

The power-on service of ZTE's Pre5G TDD Massive MIMO 2.0 product provides an

ultra-high speed through16-stream spatial division multiplexing, 3 CA (carrier

aggregation), and 256 QAM (quadrature amplitude modulation) manifesting a new

stage of Pre5G R&D.

To solve the conflicts between the surge in capacity demands and insufficient

site resources in existing networks, ZTE's large-capacity outdoor Pre5G Massive

MIMO macro base station achieves much higher speed and capacity than those in

4G networks by leveraging existing sites and spectrum resources. At MWC

Barcelona 2016, ZTE won the Best Mobile Technology Breakthrough award and the

Outstanding Overall Mobile Technology - The CTO's Choice 2016 award for its

Pre5G Massive MIMO technology. At Broadband World Forum (BBWF) 2016, ZTE won

the Best Wireless Broadband Innovation award. The disruptive innovation and

high commercial value of this product has been recognised by global operators,

contributing to its commercial deployment in Europe, Japan and many other

high-value markets.

ZTE launched Pre5G Massive MIMO 2.0 for high-end markets in September 2016. The

solution supports more frequency bands and adapts to the mainstream TDD

frequency bands. Being smaller and combined with base band unit and active

antenna unit (BBU+AAU) architecture, it is more suitable for 5G evolution. It

also provides support for multi-carrier aggregation (CA) to meet operators'

demands for large capacity. Through 16-stream transmission, the theoretical

peak traffic rate of a single site reaches 2.9Gbps, opening a new Gbps era.

Pre5G Massive MIMO 2.0 has been launched in China and Japan, and is expected to

be commercially available on the global market in 2017.

About ZTE

ZTE is a provider of advanced telecommunications systems, mobile devices, and

enterprise technology solutions to consumers, carriers, companies and public

sector customers. As part of ZTE's M-ICT strategy, the company is committed to

providing customers with integrated end-to-end innovations to deliver

excellence and value as the telecommunications and information technology

sectors converge. Listed in the stock exchanges of Hong Kong and Shenzhen (H

share stock code: 0763.HK / A share stock code: 000063.SZ), ZTE's products and

services are sold to over 500 operators in more than 160 countries. ZTE commits

10 per cent of its annual revenue to research and development and has

leadership roles in international standard-setting organizations. ZTE is

committed to corporate social responsibility and is a member of the UN Global

Compact. For more information, please visit www.zte.com.cn.

Media Contacts:

Margrete Ma                Daniel Beattie                 

ZTE Corporation            AxiCom

Tel: +86 755 26775207      Tel: +44 (0)20 8392 8071  

Email: ma.gaili@zte.com.cn Email: daniel.beattie@axicom.com

SOURCE: ZTE Corporation

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中