マカンターボをファースト レスキュー オペレーション車両として SUPER GT に提供

マカンターボをファースト レスキュー オペレーション車両として SUPER GT に提供

ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)は、株式 会社 GT アソシエイション(以下 GTA)が主催する SUPER GT シリーズのファースト・レスキュ ー・オペレーション車両(以下 FRO)として、マカン ターボを提供いたします。車両の贈呈 式は 4 月 9 日(日)にスーパーGT の開幕戦の舞台となった岡山国際サーキットにおいて行われ ました。

FRO は SUPER GT シリーズ全戦においてドライバー、ドクター、レスキュースタッフが乗車し レース中にアクシデントが発生した際、迅速に救助活動を行うことを目的としたドライバーレ スキュー車両です。

ポルシェ ジャパンでは 2012 年 5 月に FRO としてカイエン S ハイブリッドを、2015 年 4 月 にはPHEVモデルのカイエン S E-ハイブリッドを提供してきました。ポルシェ ジャパンがGTA へ FRO を提供するのは、マカン ターボで 3 台目となります。

マカン ターボはポルシェが誇るスポーツカーのアイコン、911 譲りのパフォーマンスと SUV としての高いオフロード走破性、そして利便性、快適性などを併せ持つ、コンパクト SUV セ グメントの中でもっともスポーティーなモデルです。

ポルシェ ジャパンでは、日本におけるモータースポーツ文化の発展に寄与すべく、今シーズ ン 17 年目を迎えるポルシェ カレラカップ ジャパンの開催に加え、より円滑なスーパーGT のレース運営とドライバーの安全確保のために FRO の提供を続けて参ります。

<本件に関する読者からのお問い合わせ先>

ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911

ポルシェ ホームページ http://www.porsche.co.jp

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

プレスリリース添付画像

このプレスリリースを配信した企業・団体

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中