味の素オムニケムがAPIの商業製造用にフローケミストリーを開始

味の素オムニケム

2017/4/14 10:06

味の素オムニケムがAPIの商業製造用にフローケミストリーを開始

AsiaNet 68161 (0537)

【ウェッテレン(ベルギー)2017年4月13日PR Newswire=共同通信JBN】小分子API、受託開発、製造サービスの革新的プロバイダーである味の素オムニケム社(Ajinomoto OmniChem)は13日、伝統的なマルチステップのバッチプロセスを継続的なフローケミストリー・プラットフォームに適応させる商業スケールの製造キャンペーンが成功裏に完了したと発表した。継続的なフロー製造には、総処理時間の削減、反応選択制の増大、製品の質の向上、一時保存コストの節約、生産プロセス全体の制御向上、高温、高圧で危険物を処理する場合のより安全な反応を含め、バッチ製造に比べいくつかの利点がある。ベルギーのウェッテレンの本部にあるオムニケムのパイロット計画施設で、継続的フロー・プラットフォームのモバイル・インスタレーションが計画、実行された。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/489145/Ajinomoto_OmniChem_Logo.jpg

Pharmaceutical Fine Chemicalsの事業部門・研究開発担当ディレクターのエリック・デボス博士は「継続フロー設計の実行には大変熱意を持っており、わが社のチームはこのプラットフォームについて将来の顧客のプログラムに応じた敏速な変更、修正を容易にする有意義な知識を得た。継続的フロー技術の採用はオムニケムの拡大戦略にとって有用であり、ワイプ式膜蒸発、強力なAPI、敏感な化学品、オリゴペプチドやオリゴヌクレオチドの製造、微粒子化、分取HPLCのための追加的なスイートの強化を含むその他のサービスを補完するものである」と述べている。

継続的フロー能力は研究開発と100kgの商業レベルへのスケールアップを可能にし、その分子構造はほかの製造プロセスへの適応を容易にする。この継続的フロー・プラットフォームの強化は、技術提供者と協力してプロセスの窓を拡大し、より速い、選択的な化学変化の新たなタイプの反応を開発するためにオムニケムがベルギー政府から受け取っている複数年にわたる資金提供に支えられている。

▽味の素オムニケムについて

日本の味の素株式会社の全面所有子会社である味の素オムニケムはベルギーに本社を置く受託製造機関で、40年以上にわたり医薬品分野でファインケミカルの生産活動を行っている。オムニケムは自らを医薬品用ファインケミカルのリーダーと位置づけており、APIと中間製品の製造をサポートするプロセス、分析の開発に集中している。パイロット計画から商業スケールまで敏速に規模を適応できる革新的な技術、能力のほかに、オムニケムは現在の医薬品世界の需要と期待に応じた高いレベルの品質とサービスを顧客に提供している。

詳しい情報はwww.omnichem.com へ。

ソース:Ajinomoto OmniChem

Ajinomoto OmniChem Launches Flow Chemistry for API Commercial Manufacturing

PR68161

WETTEREN, Belgium, Apr. 13, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

Ajinomoto OmniChem, an innovative provider of small molecule API, contract

development and manufacturing services, today announced the successful

completion of a commercial scale manufacturing campaign that involved adapting

a traditional multi-step batch process into a continuous flow chemistry

platform. Continuous flow manufacturing has several advantages over batch

production including reduction of overall processing time, increased reaction

selectivity, better product quality, saving on temporary storage costs, better

control of the entire production process, and safer reactions at high

temperatures & pressures when handling hazardous materials. The mobile

installation of the continuous flow platform was designed and implemented in

OmniChem's pilot plan facility based in Wetteren, Belgium.

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/489145/Ajinomoto_OmniChem_Logo.jpg

Dr. Eric De Vos, Business Unit and R&D Director of Pharmaceutical Fine

Chemicals states: "We have been very eager to implement our continuous flow

design and our teams have gained significant knowledge around this platform

which will facilitate rapid changeovers and modifications for future client

programs. Adopting continuous flow technology is instrumental to OmniChem's

expansion strategy and complements other service offerings including wiped film

evaporation, build-out of additional suites for highly potent API and sensitive

chemistry, oligopeptide and oligonucleotide manufacturing, micronization, and

preparative HPLC."

The continuous flow capability enables R&D and scale up to 100kg commercial

levels and its modular construction allows for easy adaptation to other

manufacturing processes. Building out this continuous flow platform is

supported by the multi-year grant awards OmniChem received from the Belgian

government to expand its processing windows and develop new types of reactors

for rapid and selective chemical conversions in collaboration with technology

providers.

About Ajinomoto OmniChem

Ajinomoto OmniChem, a wholly owned subsidiary of Ajinomoto Co. Inc., Japan is a

Belgian headquartered contract manufacturing organization and has been active

in producing Fine Chemicals for the pharmaceutical field for more than 40

years. The OmniChem division positions itself as a leader in Pharmaceutical

Fine Chemicals with focus on process and analytical development in support of

manufacturing of API's and intermediates. Besides its innovative technology

offering and ability to rapidly scale from pilot to commercial scale, OmniChem

offers customers a high level of quality and service to meet the demands and

expectations of today's pharmaceutical world.

For more information please visit www.omnichem.com

SOURCE: Ajinomoto OmniChem

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中