ファラデー社がUMC 28HPC(U)プロセス上でV-by-One HS PHYおよびController IPを提供

ファラデーテクノロジー社(Faraday Technology Corporation)

2017/4/19 15:15

ファラデー社がUMC 28HPC(U)プロセス上でV-by-One HS PHYおよびController IPを提供

AsiaNet 68014

【新竹(台湾)2017年4月19日PR Newswire】ターンキーASIC設計サービスとIPの大手プロバイダーであるファラデーテクノロジー社(Faraday Technology Corporation)(TWSE: 3035)は19日、UMC 28HPCUプロセス・テクノロジー上で各種アプリケーションに採用実績のあるV-by-One(R)HS のPHYとコントローラIPの提供が可能になったと発表しました。ファラデー社が独自開発したIPはV-by-One HS規格バージョン1.4に準拠し、TXおよびRXの両方で最大4Gbpsデータレートまでサポートすることが可能です。このIPの採用により、車載インフォテインメント・システム、車載サラウンドビュー・システム、UHDディスプレー等のディスプレイ応用でビジュアル体験を向上させることが可能となります。

ファラデー社は10年以上にわたりディスプレー・メーカーと協力して、LVDS IPなど高速ビデオ・インターフェース・ソリューションを搭載したT-Con ASICを開発してきました。これらの経験を通してファラデー社は、この分野のシステム・ノウハウと経験を蓄積してきました。ファラデー社は高度な28nm/40nmプロセス・テクノロジーを適用することによって、V-by-One HS IPをチップ間の高帯域ビデオ通信に適用しLVDSベースのソリューションをしのぐディスプレーの高解像度を実現することを目指しています。ファラデー社は通信シグナルの品質と耐ノイズ性を向上させる為に、システムの信号ロスを補正する為にデザイン・アーキテクチャーを最適化します。

ファラデー社のスティーブ・ワン社長は「高帯域データ通信はファラデー社の主要なIP開発戦略の1つです。われわれは、LVDS、Sub-LVDS、MIPI、V-by-Oneを含めディスプレーおよび画像キャプチャ向けのASIC業界の最も総合的なインターフェースIPソリューションを提供していきます。われわれは0.13umおよび40nm プロセスでのV-by-One IPでの成功に続き、28nmノードでもV-by-One HS PHYとコントローラーをシームレスに提供することによって、お客様がディスプレー・システムの製品開発TATを短縮できると確信しています」と語った。

▽ファラデー社の御紹介

ファラデーテクノロジー(TWSE: 3035)は先進のファブレスASICおよびシリコンIPのプロバイダーです。当社の幅広いIPポートフォリオにはI/O、セル・ライブラリ、メモリ・コンパイラ、ARM互換CPU、DDR2/3/4、LPDDR1/2/3(ローパワー)、MIPI、V-by-One、USB 2.0/3.1 Gen 1、10/100/1000イーサネット、シリアルATA、PCI Express及びプログラマブルSerDesなどが含まれます。台湾に本社を置くファラデーは、米国、日本、ヨーロッパと中国を含む世界にサービスおよび技術サポートの事務所を持っています。詳細は下記WEBサイトにアクセスをお願いします。www.faraday-tech.com

ソース:Faraday Technology Corporation

(日本語リリース:クライアント提供)

Faraday Delivers V-by-One HS PHY & Controller IP on UMC 28HPC(U) Process

PR68014

HSINCHU, Taiwan, Apr. 19, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/

Faraday Technology Corporation (TWSE: 3035), a leading ASIC design service and

IP provider, today announced the availability of the proven V-by-One(R) HS PHY

& Controller IP on UMC 28HPCU process technology. Faraday's in-house developed

IPs are compliant with V-by-One HS standard version 1.4 and are able to support

both TX and RX up to 4 Gbps data rate, targeting to drive better visual

experience on automotive infotainment system, automotive surround view system,

and UHD display.

For more than a decade, Faraday has been cooperating with display manufacturers

to develop T-Con ASICs with high-speed video interface solutions such as LVDS

IPs, which allows Faraday to accumulate system know-how and experience on this

topic. By entering the advanced 28nm/40nm process technology, Faraday aims to

apply the V-by-One HS IPs to high-bandwidth video transmissions from chip to

chip, enabling higher resolution for displays over LVDS-based solutions. For

better transmission signal quality and anti-noise capability, Faraday optimizes

the design architecture to compensate the transmission losses in the system.

"High-bandwidth data transmission is one of the key IP development strategies

in Faraday. We can offer the ASIC industry's most comprehensive interface IP

solutions for display and image capture, including LVDS, Sub-LVDS, MIPI, and

V-by-One," said Steve Wang, President of Faraday. "Following our success in

0.13um and 40nm V-by-One IPs, we are confident in accelerating customers'

time-to-market for display systems with seamless integration of V-by-One HS PHY

and controller on the 28nm node."

About Faraday Technology Corporation

Faraday Technology Corporation (TWSE: 3035) is a leading ASIC design service

and IP provider. The broad silicon IP portfolio includes I/O, Cell Library,

Memory Compiler, ARM-compliant CPUs, DDR2/3/4, low-power DDR1/2/3, MIPI,

V-by-One, USB 2.0/3.1 Gen 1, 10/100/1000 Ethernet, Serial ATA, PCI Express, and

programmable SerDes, etc. Headquartered in Taiwan, Faraday has service and

support offices around the world, including the U.S., Japan, Europe, and

mainland China. For more information, visit www.faraday-tech.com or follow

Faraday on LinkedIn(https://www.linkedin.com/company/faraday).

SOURCE  Faraday Technology Corporation

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中