Britannia Pharmaceuticals:アポモルフィンの画期的研究がパーキンソン病患者への有効性確認

Britannia Pharmaceuticals Ltd

2017/4/26 10:30

Britannia Pharmaceuticals:アポモルフィンの画期的研究がパーキンソン病患者への有効性確認

AsiaNet 68290 (0596)

【レディング(英国)2017年4月26日PR Newswire=共同通信JBN】運動症状が他の治療法では制御できないパーキンソン病(PD)に対するAPO-go(R)/MOVAPO(R)(医薬品名アポモルフィン、製品名アポモルフィネ)皮下注射の効能と安全性を調べる初の無作為、対照臨床試験の結果-TOLEDO研究-が、2017年4月25日に米国のボストンで開かれた米国神経学会(AAA)年次総会の「最先端科学」会議で発表された。同会議はこの大会における最高の神経科学研究に光を当てた。

APO-go(R)/MOVAPO(R)の注射は、欧州でほぼ30年間にわたる臨床診療で成功裏に用いられ、多くの非対照試験ではオフタイムを減らす効果を示し、ジスキネジア(運動異常)を改善し、経口レボドパを施す必要性を減らすことが分かったが、今日までにこれら観察は対照臨床試験のセッティングの中では確認されていなかった。

TOLEDOの主任調査官であるカッツェンシュラーガー教授は、欧州の23カ国から登録した107人の患者について実施した12週間の二重盲検フェーズの結果を公表した。APO-go(R)/MOVAPO(R)注射で治療された患者は、プラセボでのそれと比較して12週までの基準値からオフタイムにかなり大きな改善があり、ほぼ2時間の治療との間の差異が生じた。APO-go(R)/MOVAPO(R)の効果は迅速であり、オフタイムの削減は第1週の最初の評価で観察され、研究期間中の12週にわたり持続された。重要なことだが、オフタイムの臨床的に優位な減少は、ジスキネジアの増加なしに達成され、全体的な治療効果に対する患者自身の評価にも反映された。

カッツェンシュラーガー教授は「TOLEDOは、患者に対するアポモルフィン注射の効能と忍容性に必要な高レベルの証拠を提供する。それら患者は、最適な治療を受けたにもかかわらず、依然として衰弱性の治療反応の変動を経験しており、長年にわたりアポモルフィン注射を用いられた患者の臨床経験を確認するものだ。臨床試験はまた、臨床医がフォローし、自身の臨床セッティングに適用することができる『試され、テスト済みの』初期化プロトコルをわれわれに与えてくれる。この印象的な結果は臨床医に、この有益だがあまり利用されていない治療法を処方するに当たって確信を与えてくれる」と語った。

TOLEDO研究は、STADA Arzneimittel AG group of companiesの傘下企業であり、アポモルフィン製品(APO-go(R) /MOVAPO(R)/APOKYN(R))のメーカーであるBritannia Pharmaceuticals Ltdがスポンサーになっている。TOLEDOのオープンラベル・フェーズは現在進行中であり、結果は2018年に出る見込みである。

参考資料:Katzenschlager R, et al. Poster 003 presented at the 69th American Academy of Neurology Annual Meeting, Boston, MA, USA, 22-28 April 2017.

▽バックグラウンド
Britannia Pharmaceuticals Limited は1982年に英国のレディングに創設された製薬会社であり、神経学市場を専門とする。同社の主たる専門はパーキンソン病(PD)分野の製品の開発とマーケティングである。Britanniaは神経学者、老人病学者と30年以上緊密に協力し、PDの治療法としてアポモルフィンの有効性と必要性を認め、APO-go(R)/MOVAPO(R)/APOKYN(R)製品の開発につながった。製品は世界の23カ国で利用可能である。

Britanniaはフランクフルトに本社のあるSTADA Arzneimittel AG傘下企業であり、APO-go(R)はSTADA Groupのトップ5ブランド製品の1つ。

APO-go(R)製品はBritannia Pharmaceuticals Ltdから英国で販売されており、Britanniaの2007年の買収により、STADAのポートフォリオに移された。APO-go(R)製品は英国以外では、自社子会社およびライセンス・パートナーを通じて販売されている。

Britannia Pharmaceutical Ltdの詳細は以下を参照。
Medical Information at Britannia Pharmaceutical Ltd: http://www.britannia-pharm.com
PIL: https://www.medicines.org.uk/emc/medicine/15993

ソース:Britannia Pharmaceuticals Ltd


Britannia Pharmaceuticals: Landmark Apomorphine Study Confirms its Established Role as a Highly Effective Treatment for Parkinson's Disease Patients Whose Symptoms Cannot be Controlled on Standard Therapies

PR68290

READING, England, Apr. 26, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

     Results from the first randomized, controlled trial investigating the
efficacy and safety of APO-go(R)/MOVAPO(R) (apomorphine) subcutaneous infusion
in Parkinson's disease (PD) patients whose motor symptoms are not controlled by
other therapies - the TOLEDO study - were presented during the 'Emerging
Science' session at the American Academy of Neurology (AAN) Annual Meeting in
Boston, USA, on 25th April 2017. The session highlighted the best
neuroscientific research at the congress.

    Although APO-go(R)/MOVAPO(R) infusion has been used successfully in
clinical practice for almost 30 years in Europe and many uncontrolled studies
have shown its benefits in decreasing 'off' time, improving dyskinesias and
reducing the need to take oral levodopa, to date these observations have not
been confirmed in the setting of a controlled clinical trial.

    Professor Katzenschlager, the lead investigator of TOLEDO, presented the
results of the 12-week, double-blind phase undertaken in 107 patients from 23
centres around Europe. Patients treated with APO-go(R)/MOVAPO(R) infusion had a
significantly greater improvement in 'off' time from baseline to Week 12
compared with those on placebo, resulting in a difference between treatments of
almost 2 hours. The effect of APO-go(R)/MOVAPO(R) was rapid: a reduction in
'off' time was observed at the first assessment at Week 1 and was sustained
over the 12 weeks of the study. Importantly, this clinically meaningful
reduction in 'off' time was achieved without an increase in dyskinesias and was
reflected in the patients' own assessment of the overall treatment effect.

    Professor Katzenschlager commented: "TOLEDO provides the high-level
evidence we needed for the efficacy and tolerability of apomorphine infusion in
patients who are still experiencing debilitating treatment response
fluctuations despite receiving optimized treatment, and confirms the clinical
experience of those who have used apomorphine infusion for many years. The
trial also gives us a 'tried and tested' initiation protocol that clinicians
can follow and adapt to their own clinical setting. The impressive results
should give them added confidence to prescribe this valuable but underused
therapy."

    The TOLEDO study is sponsored by Britannia Pharmaceuticals Ltd., part of
the STADA Arzneimittel AG group of companies and manufacturer of apomorphine
products (APO-go(R) /MOVAPO(R)/APOKYN(R)). The open-label phase of TOLEDO is
ongoing and results are expected in 2018.

    Reference
    Katzenschlager R, et al. Poster 003 presented at the 69th American Academy
of Neurology Annual Meeting, Boston, MA, USA, 22-28 April 2017.

    Background:
    Founded in 1982, Britannia Pharmaceuticals Limited is a pharmaceutical
company based in Reading, UK, specialising in the neurology market. The
company's primary expertise is in the development and marketing of products in
the area of PD. Working closely for over 30 years with neurologists and
geriatricians, Britannia identified the benefit of and need for apomorphine as
a treatment for PD, which led to the development of APO-go(R)/MOVAPO(R)
/APOKYN(R) products. The product is available in 23 countries round the world.

    Britannia is owned by Frankfurt-based STADA Arzneimittel AG. APO-go(R) is
amongst the TOP 5 branded products of the STADA Group.

    APO-go(R) products are marketed in the UK by Britannia Pharmaceuticals Ltd
and transferred with the acquisition of Britannia into the STADA portfolio in
2007. APO-go(R) products are marketed outside the UK through own affiliates and
licensing partners.

    For further information contact at Britannia Pharmaceutical Ltd:
    Medical Information at Britannia Pharmaceutical Ltd
    http://www.britannia-pharm.com
    PIL:  https://www.medicines.org.uk/emc/medicine/15993.

    SOURCE: Britannia Pharmaceuticals Ltd

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中