バリアンのProBeam(R)陽子線治療システムが日本で製造販売承認を取得

バリアン メディカル システムズ(Varian Medical Systems)

2017/5/10 15:53

バリアンのProBeam(R)陽子線治療システムが日本で製造販売承認を取得

AsiaNet 68389

【パロアルト(米カリフォルニア州)2017年5月10日PR Newswire】

*バリアンの先端陽子線治療システムが日本のがん治療施設で入手可能に

バリアンメディカルシステムズ(Varian Medical Systems、NYSE: VAR)は10日、日本の厚生労働省からProBeam陽子線システム※を日本で販売する認可を受けたと発表した。この承認は、がん患者にとって高度治療のオプションとして陽子線治療への関心が世界中で高まっていることを示す最新の事例である。バリアンはProBeamシステムを2017年5月11日から13日に横浜で開催の第56回国際粒子線治療共同グループ(Particle Therapy Co-Operative Group、PTCOG)年次大会で展示する。

バリアンのProBeamシステムは、初めて完全に統合された強度変調陽子線治療(IMPT)が可能であり、より効率的な適応陽子線治療を実現する。バリアンのペンシルビーム・スキャニング技術により臨床医は腫瘍への線量を精密に管理し、正常な組織に対する線量を最小限にできる。コーンビームコンピューター断層撮影法(CBCT)との組み合わせで、ProBeamシステムは治療の過程で高度な画像誘導適応治療を可能とし、より正確な陽子線治療を実現する。

陽子線治療では正常な組織への障害と潜在的な副作用のリスクが低減する。これは陽子線が患者を通過する部分すべてに照射されるのではなく、腫瘍患部にエネルギーが正確に当たるよう制御されることに起因する。この治療法は小児がんのみならず成人のがんにも有効と考えられている。

バリアンの粒子線治療部門担当ゼネラルマネージャー、モアタズ・カルマラウィ氏は次のように述べている。「ProBeamシステムが承認されたことは喜ばしいことだ。この承認は日本、そして世界で陽子線治療の利用が増大する重要なステップである。」

ProBeamについてのより詳しい情報は www.varian.com/proton を参照。

バリアン メディカル システムズ(Varian Medical Systems)について

米カリフォルニア州パロアルトに本社を置く Varian Medical Systems は、放射線治療の先進テクノロジーを世界に提供することによって患者さまの命を救うことに全力を挙げている。同社は、がんなどの疾患を放射線で治療するための医療機器とソフトウェアにおいて世界的なリーディングカンパニーであり、放射線治療の包括的ソリューションを提供している。また Varian Medical Systemsは、包括的にがん治療の医療機関をサポートするための情報システムも提供している。Varian Medical Systemsの従業員数は約6,400人で、北米、欧州、中国の製造施設と世界各地の販売、保守サポートの拠点にて活動している。詳しい情報はhttp://www.varian.com 、またはTwitter @VArianMedSysをフォロー。

※ProBeam 陽子線治療システム:医療機器承認番号 22900BZX00135000

お問い合わせ

Mark Plungy

Varian Medical Systems

+1 (650) 424-5630

mark.plungy@varian.com

情報元:Varian Medical Systems

(日本語リリース:クライアント提供)

Varian ProBeam Proton Therapy System Receives Shonin Approval

PR68389

PALO ALTO, Calif. May 10, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-- Advanced proton therapy systems from Varian now available to cancer centers

in Japan

Varian Medical Systems (NYSE: VAR) today announced it has received Shonin

approval from the Japanese Ministry of Health, Labor and Welfare (MHLW) to

market the ProBeam(R) system for proton therapy in Japan. This approval is the

latest example of the growing worldwide interest in proton therapy as an

advanced treatment option for cancer patients. Varian will be showcasing the

ProBeam system at the Particle Therapy Co-Operative Group (PTCOG), May 11-13,

2017 in Yokohama, Japan.

Varian's ProBeam system is the first to offer fully-integrated intensity

modulated proton therapy (IMPT) to enable more efficient adaptive proton

therapy. Varian's pencil beam scanning technology gives clinicians the ability

to deliver the dose precisely in the tumor to minimize dose to healthy tissue.

When combined with cone beam computed tomography (CBCT), the ProBeam system

enables advanced image-guided adaptive therapy during the course of treatment

helping to make it the most precise form of proton therapy available.

With proton therapy, the risk of damage to healthy tissues and potential side

effects are reduced because proton beams can be controlled so that they deposit

their energy within the tumor site rather than passing all the way through the

patient. The treatment is particularly suitable for pediatric cancer cases as

well as for adults.

"We are very pleased that the ProBeam system has now received Shonin approval,"

said Moataz Karmalawy, general manager of Varian's Particle Therapy division.

"This approval is an important step in the growing availability of proton

therapy in Japan and around the world."

For more information on ProBeam, visit www.varian.com/proton

About Varian Medical Systems

Varian Medical Systems focuses energy on saving lives and is the world's

leading manufacturer of medical devices and software for treating and managing

cancer. Headquartered in Palo Alto, California, Varian employs approximately

6,400 people around the world. For more information, visit

http://www.varian.com and follow @VarianMedSys on Twitter.

Press Contact

Mark Plungy

Varian Medical Systems

+1 (650) 424-5630

mark.plungy@varian.com

SOURCE: Varian Medical Systems

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中