Ulmartがビットコインを受け入れへ

Ulmart

2017/5/11 14:05

Ulmartがビットコインを受け入れへ

AsiaNet 68507 (0692)

【サンクトペテルブルク(ロシア)2017年5月10日PR Newswire=共同通信JBN】ロシア最大のオンライン小売企業であるUlmartは、2017年9月1日からビットコインを決済手段の1つとして受け入れる計画である。テクノロジーが進化を続け、テクノロジーが創造した通貨よりもブロックチェーンの方がほぼ間違いなく重要になってきたためだとしている。

Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151015/277241LOGO

Ulmartは現在、15万SKU近くを自社の「first-party seller」フォーマットで販売している。同社はeコマースサイトの立ち上げに伴い、自社のオンライン在庫を徐々に構築しつつある。年末までにさらに100万SKUが「third-party sellers」からオファーされる可能性がある。

Ulmart会長で同社の過半数株式を保有するドミトリー・コスイギン氏は「Ulmartは、2014年3月にロシアで暗号通貨を使用するための市場と規制環境の綿密なモニタリングを開始した。模造品と戦うためのブロックチェーン・テクノロジーがUlmartで稼働開始したことにより、3年前にビットコインの周辺に存在していた不可解さは大幅に減少した」と語った。

Ulmartは、ビットコインで購入可能な製品をまだ決定していないが、より高価なものがまずターゲットになると予想している。eコマースサイトで近く販売される可能性のある中古車やアパートなどのアイテムは、ビットコインにより購入可能となる好位置を占めている。

Ulmartのブライアン・キーン最高国際責任者(CIO)は「人生の変遷常なし。ビットコインは、ハードカレンシー(交換可能通貨)の変動に対してセキュリティーを提供するために創造された。暗号通貨の裏にある技術はインターネット・オブ・シングス(IoT)を通じてわれわれの日常生活には見えなくなるため、なぜそうではないのかという瞬間の一つとなっている。明日はブロックチェーンの世界の中の今日であり、Ulmartはリーダーとしてeコマース市場を先取りするべく努めている。われわれは、ロシア政府がビットコイン・テクノロジーのレビューに関して示した意欲を歓迎し、この分野での協力を楽しみにしている。Ulmartは、ビットコインなどのイニシアチブは、「スマートな」経済と都市を発展させる努力の一環であり、このプロセスにおいて主要な役割を果たすことを目指すとみている」とコメントした。

▽Ulmartについて

Ulmartはeコマースに特化したロシア最大の民間インターネット企業である。2008年創業で、本社はサンクトぺテルブルクにある。Ulmartはロシア全土の240を超える都市や町に450以上のインフラ施設(発送センターと集荷ポイント)を展開している。

▽問い合わせ先

Brian Kean,

Chief International Officer

+7-812-336-37-77 ext. 4575

ソース:Ulmart

Ulmart - the Future is Today; Company to Look at Bitcoin

PR68507

SAINT PETERSBURG, Russia, May 10, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

     Ulmart, Russia's largest online retailer, plans to start accepting bitcoin

as a form of payment from 1 September, 2017 as technology has continued to

evolve and blockchain has arguably become even more important than the currency

it created.

    Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20151015/277241LOGO

    Currently, Ulmart sells close to 150,000 SKU in its "first-party seller"

format. With the launch of marketplace, the company is slowly building out its

online inventory. By year-end, an additional one million items could be on

offer from "third-party sellers."

    "Ulmart started closely monitoring the market and regulatory environment

for the use of crypto-currency in Russia as early as March 2014. As the

blockchain technology is coming into our operations to fight counterfeit items,

we see that the mystery that existed around the bitcoin three years ago has

significantly receded," explained Dmitry Kostygin, the Chairman and majority

shareholder of Ulmart.

    While the company has not yet decided which products will be available for

purchase by the bitcoin, it expects that the higher-priced ones will be

targeted first. Items such as used cars and apartments, which may soon be sold

via the marketplace, will be well positioned for purchase by the bitcoin.

    Brian Kean, Chief International Officer of Ulmart, commented: "Life is ever

in flux. The bitcoin was created to offer security against fluctuations in hard

currency. As the technology behind the crypto-currency slips unseen into our

everyday lives via the Internet of Things, it has become one of those 'why not'

moments. Tomorrow is today in the world of blockchain and as a leader Ulmart

strives to be ahead of the market. We welcome the willingness that the Russian

government has demonstrated with regards to the review of the bitcoin

technology and look forward to cooperating with it in this area. Ulmart

believes such initiatives as bitcoin can be part of the efforts to develop

'smart' economy and cities and will aim to play a major role in this process."

    About ULMART

    Ulmart is Russia's largest privately held Internet company specializing in

e-commerce. The company was founded in 2008, and its headquarters are located

in St. Petersburg. Ulmart has over 450 infrastructure facilities (fulfilment

centres and pick-up points) in more than 240 cities and towns across Russia.

http://www.ulmart.ru

Contact details:     

Brian Kean,

Chief International Officer,

+7-812-336-37-77 ext. 4575.

SOURCE: Ulmart

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

SNSでも最新のプレスリリース情報をいち早く配信中