広東の「一帯一路」ドキュメンタリー、中国南部の文化的特徴示す

Publicity Department of Guangdong

2017/5/17 16:20

広東の「一帯一路」ドキュメンタリー、中国南部の文化的特徴示す

AsiaNet 68574 (0730)

【広州(中国)2017年5月16日新華社=共同通信JBN】広東は一帯一路国際協力フォーラムの重要な機会に、良質な2本のドキュメンタリー「The Maritime Silk Road Impression(海のシルクロードの印象)」と「Retrace the Maritime Silk Road(海のシルクロードをたどる)」を発表、一連の海のシルクロード沿線の探究と革新を示した。

広東省の慎海雄広報局長は最近、Guangdong Radio and Television(広東放送局)を訪れ、現場の記者や上記ドキュメンタリー制作の母体となったSouth China Documentaryのドキュメンタリー制作者らと詳細な意見交換と議論をした。

慎氏は、偉大な「一帯一路」構想は習主席の外交思想と世界的統治概念を全面的に反映し、中国指導者としての寛容さと深い洞察力を体現していると強調した。広東は海のシルクロードの重要なハブであり、海のシルクロードはこれら2本のドキュメンタリーのテーマである。1本は歴史、他方は現状に焦点を合わせ、海のシルクロードとそれに沿った広東の一連の探究と革新の過去と現在の物語となっている。

国で最も先進的で最大人口の省である広東の文化的ソフトパワーはその経済力に釣り合うべきだと慎海雄氏は言う。ドキュメンタリーの分野では現在、広東はすでに十分な基盤があり、さらに発展して先頭に立つ潜在力がある。

歴史的に言えば、広東にはすでに多くの優れたジャーナリストやドキュメンタリー制作者がおり、South China Documentaryの設立10周年の今年、同社のスタッフを称賛するべきだと慎氏は述べた。また、養成プラットフォームとしての「South China Documentaryセミナー」の開催成功と、現代のドキュメンタリー制作の熟練者を育成し、多くの優れた作品を制作し、現象的なドキュメンタリー作品に労を惜しまない行動を呼び掛けた。

South China Documentaryの作品は社会の現実に焦点を当て、東西の特徴を合わせ、多様で開放的で革新的な広東文化の特徴に沿ってよりデリケートで人情的な筋立てと表現になっているといわれる。また、生活により密着することも追求している。

ソース:Publicity Department of Guangdong

Guangdong's Documentaries on the "Belt and Road", Showing South China Culture Features

PR68574

GUANGZHOU, China, May 16, 2017 /Xinhua=KYODO JBN/ --

Guangdong launched two quality documentaries The Maritime Silk Road Impression

and Retrace the Maritime Silk Road at the important moment of the Belt and Road

Forum for International Cooperation, demonstrating its series of exploration

and innovation along the Road.

Recently, Shen Haixiong, head of the Publicity Department of Guangdong, visited

Guangdong Radio and Television and conducted in-depth exchanges and discussions

with the front-line reporters and documentary producers at South China

Documentary, the production base of the above-mentioned documentaries.

Shen stressed that the great "Belt and Road" Initiative fully demonstrates

President Xi's diplomatic thinking and global governance concept, which

embodies the broad-mindedness and profound vision as the leader of China.

Guangdong is an important hub of the Maritime Silk Road, the latter of which

then serves as the topic of these two documentaries. With one focusing on the

history, and the other on the reality, the documentaries tell stories of the

past and the present of the Maritime Silk Road and Guangdong's series of

exploration and innovation along the Road.

Guangdong, being the most developed province and with the largest population in

the country, its cultural soft power should match its economic strength, said

Shen Haixiong. Currently, in the field of documentary, Guangdong has already

got a good foundation and the potential to further develop and lead the way.

Historically speaking, there have already been a number of outstanding

journalists and documentary producers in Guangdong, said Shen, as this year

marks the tenth anniversary of the establishment of the South China

Documentary, we should applaud their staff. He called for the successful

organization of the "South China Documentary Seminar" as a cultivation platform

and the action to foster a number of contemporary documentary masters, produce

a number of masterpieces, and spare no pains to create several phenomenological

documentaries.

It is said, the works of south China Documentary are focusing more on social

reality, combining features of East and West, narrating and recording in a more

delicate and humane manner, in line with the characteristics of Canton Culture:

diversified, open and innovative. They are also in the pursuit of being closer

to life.

Source: Publicity Department of Guangdong

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中