世界9位の錦織圭が全豪オープン2018の日本でのプロモーションをリード

Australian Open

2017/6/6 17:37

世界9位の錦織圭が全豪オープン2018の日本でのプロモーションをリード

AsiaNet 68797 (0827)

【メルボルン(オーストラリア)2017年6月6日PR Newswire=共同通信JBN】プロテニス世界9位の錦織圭が全豪オープンテニス2018の日本でのプロモーションをリードし、アジア太平洋地域における同大会の人気と成長に一層拍車を掛ける。

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20170605/1867879-1

日本首位で、日本で最も著名なスポーツ・アイコンの1人である錦織は、テニスのグランドスラム(4大大会)のうち世界から前例のない観客数を集め、日本で最も注目され、日本からの観客が最も多い大会のプロモーションを継続する契約に署名した。

テニスは近年、日本で最も人気のあるスポーツの一つに選ばれてきた。錦織が男子シングルスで世界トップ10入りしたことが大きく貢献したと認識されている。

Tennis Australia(豪州テニス協会)の最高経営責任者(CEO)で全豪オープンの大会ディレクターであるクレイグ・タイリー氏は「われわれはケイ(錦織)をテニス選手として、また個人として大変尊敬している。彼は世界的にテニスにとっての驚異的な資産である。彼と連携してオーストラリアと日本の両方でイベントや試合のプロモーションにあたることは名誉なことだ。彼は、彼の家族、日本、およびテニスにとり誇りである」と語った。

錦織の全豪オープン(AO)2018への深い関与は、近年、飛躍的成長を遂げたメルボルンを本拠とするイベントであるAOでの強い日本色をさらに強め、同地域でのファンのお気に入りとしての地位を強化する。

▽AO2017での例

*日本は放送視聴者ベースでAOの最大の海外市場であり、視聴時間は1億時間に達する(そして、毎年上位3国に入っている)

*AOで錦織圭選手の出場する試合のNHKでの視聴率は最高で27%、平均では20%超

*AOのニュースだけのカバーの視聴者は世界最大(視聴時間は1000万時間超)

*公式ウエブサイトausopen.com(http://ausopen.com/ )の都市別ユニークビジター数では東京が2位。日本でNHK(地上波)、WOWOW(有料TV)、スポナビライブ(OTT)、ausopen.com(http://ausopen.com/ )(オンライン)の4つの異なるプラットフォームが試合の中継を行っているのはグランドスラムの中ではAOだけ

*グランドスラム1回戦では、AOメインドローの全411試合すべてがライブでストリーミング配信された

*別の1回戦では、ジュニア、車いす、レジェンドの全200超の試合すべてもライブでストリーミング配信された

全豪オープン2017では、オーストラリアとニュージーランド以外では、日本からの観客数が世界で最も多く、日本は国際的プロモーションのためのトップ市場の1つである。

昨年、旅行業者、メディア、パートナー向けのAO2017ローンチが日本で初めて開催され、さらなるリソースが日本での通年のプロモーションや関係構築に充てられてきた。

AO2017には日本から35選手が参加した。選手数はアジアでは最大で、世界的には米国、ロシア、フランスに続く。

全豪オープンの主催者は、大成功だった今年の大会の上にさらに実績を積み上げることを期待している。今年はロジャー・フェデラー対ラファエル・ナダルの男子シングルス決勝戦が史上最大の注目を集め、14日間の入場者は72万8000人と過去最高を記録した。

2018年大会への計画は現在、進められており、以下の様々な取り組みが来年1月に向け進行中:

*エンターテインメント提供の拡大

*グランドスラム・オーバルでの特別な日本をテーマとした活動

*旅行業者経由、直接購入のいずれでも利用可能な、外国観光客向けの提供の増加

*日本語での放送およびデジタルコンテンツの増加

*錦織を中心に据え、日本人ファン向けに特別に企画された日本語AOコンテンツの開発

タイリー氏は「われわれは、日本の視聴者が全豪オープンにチャンネルを合わせ、飛行機に乗って試合を観戦しにやって来るとともに、メルボルンの素晴らしい気候やメルボルンとオーストラリアが提供すべき他の多くのアトラクションを楽しむようになるためには、さらに何が必要かを知りたい」と述べた。

ソース:Australian Open

World No.9 Kei Nishikori will Lead Australian Open 2018 Promotion in Japan

PR68797

MELBOURNE, Australia, June 5, 2017 /PRNewswire-KYODO JBN/ --

World No.9 Kei Nishikori will lead Australian Open 2018 promotions in Japan to

further fuel the popularity and growth of the tournament in the Asia-Pacific

region.

Photo - https://photos.prnasia.com/prnh/20170605/1867879-1

Nishikori, the Japanese number one and one of the country's most celebrated

sporting icons, has signed on to continue to promote Japan's most watched and

most visited Grand Slam as it reaches unprecedented global audiences.

Tennis has been named one of the most popular sports in Japan in recent years,

with Nishikori's position in the top 10 men's singles recognised as a key

contributor.

"We have enormous respect for Kei as a tennis player and a person. He is an

incredible asset for tennis globally and we are proud to be associated with him

to help promote our event and the game both here and in Japan," Tennis

Australia CEO and Australian Open Tournament Director Craig Tiley explained.

"He is a credit to his family, his nation and the sport."

Nishikori's deep involvement in AO 2018 further strengthens a strong Japanese

flavor at the Melbourne-based event which has grown at a remarkable rate in

recent years, cementing its position as a fan favourite in the region.

For example at AO2017:

- Japan was the AO's largest overseas market by broadcast audience with more

than 100 million hours viewed (and has consistently ranked in the top three

every year)

- Kei Nishikori's AO matches peaked at 27% total audience share on NHK,

averaging more than 20%

- The AO audience from news-only coverage was the largest in the world (with

more than 10 million hours viewed)

- Tokyo was the No. 2 overseas city by number of unique visitors to the

official website ausopen.com (http://ausopen.com/). The AO is the only Grand

Slam to have matches airing live on four different platforms in Japan,

including NHK (Free-to-air), WOWOW (Pay-TV), Sportsnavi Live (OTT) and

ausopen.com (http://ausopen.com/) (online)

- In a Grand Slam first, all 411 AO main draw matches were streamed live

- In another first all 200+ juniors, wheelchairs and legends matches were also

streamed live.

Outside of Australia and New Zealand, Japan had the most visitors to Australian

Open 2017 of any country in the world and is one of the top markets for

international promotion.

An AO2017 launch for tourism operators, media and partners was held in Japan

for the first time last year, and more resources have been dedicated to

year-round promotion and relationship building in Japan.

Japan had 35 players competing across all AO draws this year, the top Asian

country and behind only the USA, Russia and France globally.

Australian Open organisers are looking forward to building on the incredible

success of this year's event which attracted the most-watched tennis match in

history, the Roger Federer-Rafael Nadal final, and the event's highest ever

attendance of 728,000 over 14 days.

Planning for 2018 is well underway with a range of initiatives currently in

development for January, including:

- An expanded entertainment offering

- A special Japanese themed activation on Grand Slam Oval

- Increased offerings for international tourists, available both from tour

operators or direct purchase

- An increase in broadcast and digital content available in Japanese

- The development of Japanese-language AO content centered around Nishikori and

designed specifically for Japanese fans.

"We want to find more and more reasons for Japanese viewers to tune into the

Australian Open and get the inspiration to get on a plane and experience it

live while enjoying the wonderful Melbourne weather and the many other

attractions the city and the nation has to offer," Mr Tiley said.

SOURCE  Australian Open

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中