AARP最新リポート、60歳強人口倍増の次世代へ12カ国の備えを検証

AARP

2017/6/6 17:43

AARP最新リポート、60歳強人口倍増の次世代へ12カ国の備えを検証

AsiaNet 68808 (0831)

【ワシントン、パリ2017年6月6日PR Newswire=共同通信JBN】

*「高齢化への備えと競争力(ARC)」リポートが、世界の60歳強人口の急増がもたらす課題と機会、それらに対する12カ国の対応策を探る

国連や世界銀行などは2050年までの次の世代に世界の60歳以上の人口は2倍以上に膨れ上がると推計しており、AARP(全米退職者協会)が6日発表した最新包括リポートは、社会と経済が直面する深刻な試練に対応するブラジル、カナダ、中国、ドイツ、イスラエル、日本、韓国、メキシコ、南アフリカ、トルコ、英国、米国の12カ国の準備水準を検証した。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/321062/aarp_logo.jpg

AARPの「高齢化への備えと競争力(ARC)」リポート(http://arc.foreignpolicy.com/ 、オンラインではaarpinternational.org/arc で閲覧できる)の調査はFP Analyticsと共同で実施され、(1)共同体と社会的インフラ(2)就業機会と経済生産(3)医療と健康(4)技術の活用-の主要4項目で各国を調べ、前向きな進展や懸念される分野、主な動きを取り上げている。

ARCリポートはそれぞれの国をランク付け、あるいは等級付けするものではないが、4項目で各国を先進的、発展途上(例えば顕著な進展がある)、後進的という3種類に分けている。この種の調査で米国の優越性を見慣れている人々に言うと、ARCリポートで米国はただ1つの項目(技術の活用)で先進的であり、医療と健康では南アフリカ、ブラジルに並んで後進的と位置付けられている。

12カ国を評価したARCリポートの国際的な注目点についてジョー・アン・ジェンキンスAARP最高経営責任者(CEO)は「60歳強人口の急増に伴う課題と機会はグローバルな現象であり、まさに国境はない」と語った。

ARCの調査結果で各国の違いははっきりしているが、幾つかの共通点も浮かび上がった。

*ほぼどの国でも女性の方が男性よりたくましい。子どもたちと高齢者の面倒を見るのは圧倒的に女性で、生計を立てている人もいる。同時に、働く女性は男性より賃金が少ないため、高齢になって直面する家計の制約はそれなりにより苦しい。

*どこの高齢者も同じ所で年を取りたいと願うが、それにはおのずから問題が起きる。特に孤立と移動性を巡ってで、それは個人的にも社会的にも言える。

*インターネットとデジタル接続は予想通り、雇用や交流で幅広いリソースが得られている。ただ、多くの国で高齢者はインターネットにアクセスしていない。

*目立つ数字がある。トルコとメキシコでは65歳以上の約90%がインターネットを使ったことがない。中国では85%以上、ブラジルでは75%以上。米国でも65歳以上の30%以上がオンラインから外れている。

FP Analyticsマネジングディレクターのクレア・ケーシー氏は「デジタルリテラシーの問題―すなわち、高齢者がどの程度自信を持ってテクノロジーを活用しているか―は現実的かつ広範囲にわたり、厄介だ。ARCの包括的な発見の1つは、世界中の国々が技術的問題であると共に文化的な問題でもあるデジタルリテラシーへの対処に集中する必要があるということだ」と述べた。

ARCリポートは人口の高齢化が突きつける大きな課題を-とりわけ住宅、可動性、孤立、財政、健康管理について-率直に評価する一方で、見過ごすことのできない一連の前向きな変化も指摘している。

ケーシー氏は「人口高齢化が突きつける課題は大きいものの、それに対処するための最も興味深い方策のいくつかは小規模に始まり、新たな問題に対処するために現存するインフラを活用している。この現象のすばらしい一例は日本の『みまもりサービス』で、スマート機器を携えた郵便配達員を活用し、訪問先の高齢者の安否を確認するというものだ」と語った。

ケーシー氏はまた「このサービスは低料金で追加することができ、一人暮らしの高齢者の無事を確認する簡単で効果的な方法だ。AARPとわれわれがARCで実現したいことの1つは、新しい考え方を推進することだ。ここ米国ではアメリカ合衆国郵便公社が売上の減少に直面しており、日本の『みまもりサービス』のようなものか、少なくとも、新たな課題に対処するために現存する資源を活用するという発想は興味深い話し合いを促すだろう」と述べた。

▽AARPについて

AARPは約3800万人の会員を持つ無党派の非営利団体で、アメリカの高齢化の定義を変えることにより人々の目的や夢を「実現する可能性」に変えることを支援している。全50州とワシントンD.C.、プエルトリコ、米領バージン諸島にスタッフ常駐の事務所を構え、AARPは地域社会を強化し、医療保障・経済的保障・自己充足感など家族に最も大切なさまざまな事柄を推進する。AARPはまた、AARPの名称を使用することができる高品質で高価値な製品・サービスを選択することにより、市場においても人々を支援する。ニュース・情報の信頼できるソースとして、AARPは世界最大の発行部数を誇る雑誌「AARP The Magazine」と「AARP Bulletin」を発行している。AARPは一切の公職の候補者を支持せず、政治活動や立候補者にも一切の献金を行わない。詳細はhttp://www.aarp.org を参照するか、Twitterで@aarp および最高経営責任者(CEO)である@JoAnn_Jenkins のフォローを。

ソース:AARP

▽問い合わせ先

AARP Media Relations

202-434-2560

media@aarp.org, @AARPMedia

New AARP Global Report Assesses Preparedness of 12 Nations for Doubling of 60-Plus Population Over Next Generation

PR68808

WASHINGTON and PARIS, June 6, 2017 /PRNewswire=KYODO JBN/ --

-- Aging Readiness and Competitiveness (ARC) Report Looks at Challenges,

Opportunities Presented by Massive Growth of Age-60-Plus Population Globally

and Ways 12 Nations Are Addressing Them

A comprehensive new report, released today by AARP, examines the preparedness

levels of 12 nations -- Brazil, Canada, China, Germany, Israel, Japan, Korea,

Mexico, South Africa, Turkey, the United Kingdom, and the United States -- for

the profound challenges their societies and economies face as the number of

people age-60-and-up in their populations more than doubles over the next

generation, as is projected to happen by 2050, by the United Nations, the World

Bank and others.

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/321062/aarp_logo.jpg

AARP's Aging Readiness and Competitiveness (ARC) Report

(http://arc.foreignpolicy.com/ ), (which can be found online at

aarpinternational.org/arc) conducted in conjunction with FP Analytics, examines

each nation in four key sectors: 1) Community & Social Infrastructure, 2)

Productive Opportunity & Economic Output, 3) Healthcare & Wellness, and 4)

Technological Engagement, noting constructive progress, areas of potential

concern, and key developments.  

While ARC does not seek to rank or grade the nations it assesses, for each of

the four sectors, it places each nation in one of three categories: leaders,

movers (e.g., those making notable progress), or laggards. For those used to

U.S. predominance in studies of this kind, the ARC Report rates the U.S. a

leader in only one sector (technological engagement) and rates it a laggard in

healthcare & wellness, along with South Africa and Brazil.  

Addressing the international focus of the ARC Report, which assesses 12

nations, AARP CEO Jo Ann Jenkins said "The challenges and opportunities

presented by the massive growth of the 60-plus population is a global

phenomenon - it's truly borderless."

While national variations in ARC's findings are distinct, a number of

commonalities emerged:  

    - Women have it tougher than men in just about every nation. They

      disproportionately care for children and older family members while

      simultaneously, if they are able, earning a living. Also, because women

      who are able to work often earn less in their working lives than men,

      the financial constraints they face in old age are commensurately more

      difficult.

    - Older people everywhere would prefer to "age in place," but doing so

      yields its own challenges, especially around isolation and mobility, at

      both individual and society-wide levels.

    - The Internet and digital connectivity has, predictably, yielded a broad

      variety of resources for both employment and communications, but in many

      countries older people do not have access to the 'Net.

          - Some striking numbers: in Turkey and Mexico about 90 percent of

            people 65-plus have never used the Internet; in China it's more

            than 85 percent; in Brazil it's more than 75 percent, even in the

            U.S. more than 30 percent of people 65-plus are not online.

"The challenge of digital literacy - that is, the degree to which older people

feel confident using technology -- is real, pervasive, and troubling," said FP

Analytics Managing Director Claire Casey. "One of the overarching findings of

ARC is that nations around the world need to focus on addressing digital

literacy, which is as much a cultural issue as it is a technological one."

While the ARC Report is candid in its assessment of the formidable challenges

presented by aging populations -- especially as related to housing, mobility,

isolation, finances, and healthcare -- it also identifies a compelling set of

positive developments.

"While the challenges presented by an aging population are big, some of the

most interesting strategies to address it start out small and they use existing

infrastructure to address an emerging challenge," said Casey. "A great

illustration of this phenomenon is Japan's 'Watchover Service' which utilizes

the nation's postal carriers, supplemented by smart devices, to check-in with

older adults while on their rounds.  

For a very small fee, people are able to add this service and it's a very

simple, effective way to make sure an isolated older person is OK," Casey said.

"One of the things AARP and we hope to do with ARC is spur new thinking. Here

in the U.S., where the U.S. Postal Service faces declining revenues, something

like Japan's Watchover Service, or at the very least, the idea of using

existing resources to address emerging challenges, could be an interesting

conversation."

About AARP

AARP is a nonprofit, nonpartisan organization, with a membership of nearly 38

million that helps people turn their goals and dreams into 'Real Possibilities'

by changing the way America defines aging. With staffed offices in all 50

states, the District of Columbia, Puerto Rico, and the U.S. Virgin Islands,

AARP works to strengthen communities and promote the issues that matter most to

families such as healthcare security, financial security and personal

fulfillment. AARP also advocates for individuals in the marketplace by

selecting products and services of high quality and value to carry the AARP

name. As a trusted source for news and information, AARP produces the world's

largest circulation magazine, AARP The Magazine and AARP Bulletin. AARP does

not endorse candidates for public office or make contributions to political

campaigns or candidates. To learn more, visit http://www.aarp.org or follow

@aarp and our CEO @JoAnn_Jenkins on Twitter.

SOURCE: AARP

CONTACT: AARP Media Relations, 202-434-2560, media@aarp.org, @AARPMedia

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中