広州、科学と技術イノベーションの発展を示す努力を強化

Guangzhou Municipal Government

2017/6/7 16:08

広州、科学と技術イノベーションの発展を示す努力を強化

AsiaNet 68828 (0840)

【広州2017年6月7日新華社=共同通信JBN】2017年China Innovation and Entrepreneurship Fair(CIEF)が5月27日に閉幕した。世界的に有名な広州交易会(Canton Fair)に加え、CIEFは広州で開催されるもう1つの国家的フェアで、今年からは常に広州で開催される予定である。

広州科学技術協会(Guangzhou Association for Science and Technology)によると、このフェアでは1300以上の科学と技術の革新的な成果が発表された。フェアの開催前に登録された12のプログラムとフェア開催中に行われた30のイベントに加え、数多くの技術的成果についてフォローアップ支援が予定されている。

広州は中国の重要な中心都市で広東省の省都である。珠江デルタの核心部に位置し、世界で最も経済的に活力のある都市の1つである。実際、CIEFは3年連続でリソースをプールし、配置することに高い能力を示した。技術、インテリジェンス、資本、マーケット、才能の世界的な交流とマッチングを可能にする環境を提供するこのフェアは、広州を新技術と産業のためのインキュベーション・ハブに変革することが可能である。

広州では今年初頭から複数の有望な国際的プロジェクトが定着している。例えばFoxconn and Cisco Intelligent Business Districtのように、それぞれが400億元(59億米ドル)の価値を持つ5つの産業プロジェクト、そして発足したChina Telecom Innovation Incubation Southern Baseを含む25の主要プロジェクトが広州の発展のための有望な青写真を描いている。

国家の重要センター都市の地位にある広州は、3つの主要国際戦略ハブ、イノベーション主導開発、ハブタイプのネットワーク都市、オープン経済開発、グローバル資源配分能力に関する措置を制定し、採用した。同市は科学・技術のイノベーションにおけるプレゼンスを高め、将来性のある産業およびプロジェクトによって同市を新しい成長エンジンにすることを目指している。経済データによると、広州の第1四半期GDP成長率は8.2%に達し、国家の6.9%、省の7.8%を上回った。固定資産投資、一般市民の歳入、総輸出入額はそれぞれ10.3%、13,2%、31.9%増加した。

広州市政府の最新計画によると、同市は情報技術(Information Technology)、人工知能(Artificial Intelligence)、バイオ医薬品(Bio-pharmaceutical)産業の頭文字をとった「IAB計画」を実行することによって、同市の魅力、創造性、競争力を向上させている。この計画の下で人材、テクノロジー、資本をプールすることによって数千億の産出額を生み出す産業クラスターが形成され、2020年までに同市のGDPが2兆8000億人民元(4120米ドル)に達することに寄与することを期待している。

ソース:Guangzhou Municipal Government

Guangzhou Intensifies Efforts to Show the Advancement of Scientific and Technological Innovation

PR68828

GUANGZHOU, China, June 7, 2017 /Xinhua=KYODO JBN/--

2017 China Innovation and Entrepreneurship Fair (CIEF) concluded on May 27th in

Guangzhou. In addition to the world-famous Canton Fair, this is another

national fair held in Guangzhou, and will be permanently settling down in

Guangzhou starting from this year.

According to Guangzhou Association for Science and Technology, there were more

than 1,300 scientific and technological innovative achievements unveiled at the

Fair. In addition to the 12 programs signed up prior to the opening of the Fair

and more than 30 events held during the Fair, there will be follow-up support

for dozens of technological achievements.

As an important central city of China and the capital city of Guangdong

Province, Guangzhou, located at the core of the Pearl River Delta, is among the

most economically vibrant cities in the world. In fact, held for three

consecutive years, CIEF has strong capability to pool and allocate resources.

The Fair, with an enabling environment where technology, intelligence, capital,

market and talents mix and match globally, is able to turn the city into a hub

of incubators for new technologies and industries.

Since the beginning of this year, a group of promising international projects

are settling down in Guangzhou. Five industrial projects worth some 40 billion

yuan (5.9 billion USD) respectively, such as Foxconn and Cisco Intelligent

Business District, and 25 major projects including China Telecom Innovation

Incubation Southern Base have been launched, painting a promising blueprint for

Guangzhou's development.

Positioned as a nationally important center city, Guangzhou formulated and

adopted measures on three major international strategic hubs, innovation-driven

development, hub-type network city, open economy development, global resources

allocation capacity. The city hopes to enhance its presence in scientific and

technological innovation and turn it into new growth engine with those

promising industries and projects. Economic data shows that in the first

quarter, GDP growth of Guangzhou reached 8.2%, higher than those of the country

(6.9%) and the province (7.8%). Growths of the fixed asset investment, the

general public budget revenue and the total import and export value increased

by 10.3%, 13.2% and 31.9% respectively.

According to the latest plan of the Guangzhou Municipal Government, the city is

promoting its attractiveness, creativity, and competitiveness by carrying out

what it calls "IAB plan", the acronym for Information Technology, Artificial

Intelligence and Bio-pharmaceutical industries. Hopefully, under the plan,

industrial clusters that generate hundreds of billions of output value by

pooling talents, technology and capital, will be formed in a way to help the

city to reach 2.8 trillion yuan (412 billion USD) in GDP by 2020.

SOURCE: Guangzhou Municipal Government

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

このプレスリリースには、報道機関向けの情報があります。

プレス会員登録を行うと、広報担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など、報道機関だけに公開する情報が閲覧できるようになります。

プレスリリース受信に関するご案内

ソーシャルメディアでも最新のリリース情報をいち早く配信中